タグ:黒田博樹

試合の後半に苦労することが分かっていたヤンキースは、序盤から得点を重ねた。日曜日のダブルヘッダー第1試合の初回にニューヨークは、ピッツバーグから3点を奪い、そして黒田博樹が、序盤のわずかなリードを持ちこたえたことで、ヤンキースはパイレーツに4対3で勝利した。
 続きを読む

ヤンガービス・ソラーテは、自責点にならない失点につながった守備エラーによって、黒田博樹に最初にダメージを与えた。次にショーン・ケリーが、8回にリードをふっ飛ばしたことで、黒田の勝利を台無しにした。
 続きを読む

ヤンキースの投手陣が、すでに十分悪い状態だったとしても、黒田博樹はそれを、さらに悪化させてしまった。

変化球にキレを欠いた黒田は、ヤンキースタジアムで行われたマリナーズ戦で4対2で再び敗戦した。彼は6回を投げて被安打6、4失点、与えた四球は1つだった。

続きを読む

田中将大をゆっくりと慣れさせる。そして彼を先発3番手として扱うというコンセプトは、もう通用しない。それは4月さえも、乗り切ることができなかった。

30日間で田中は、一抹の不安が残る投手から、この時期のローテーションで唯一の確実な存在に変貌した。続きを読む

2010年の春のある日、宮城球場のホーム側クラブハウスにいた田中将大は、手にした雑誌をパラパラとめくった。

当時21歳だった田中は、日本プロ野球の楽天ゴールデンイーグルスで4シーズン目を迎えていた。 続きを読む

土曜日午後の試合では、ブライアン・マッキャンの活躍が光った。しかしヤンキースのヒーローは、彼だけではなかった。

黒田博樹は、彼自身が調子が良くなかったと認める中で6回1/3を投げ抜き、シーズン2勝目を手にした。 
 続きを読む

↑このページのトップヘ