タグ:青木宣親

ブルワーズのチーム関係者は、左腕のウィル・スミスの将来について、彼をブルペンに置いておくのか、あるいは先発ローテーションに戻すのかを真剣に議論している。しかしチームの計画の中で彼が、本当に重要な選手であることに疑いはない。

続きを読む

青木宣親は、ロイヤルズのリードオフとして2度目の午後に、本領を発揮した。レンジャーズに11対1で勝利した金曜日の試合で、彼は打席に立った4回のすべてで出塁した。

青木は、レフト前ヒット、ライトへの二塁打、エラーによる出塁、そして四球だった。彼はまた、得点も記録した。
続きを読む

青木宣親は、木曜日に行われるロイヤルズのカクタス・リーグ開幕戦の先頭打者として打席に入る時、同じ日本人選手であるレンジャーズの右腕ダルビッシュ有と対戦することになる。
続きを読む

ロイヤルズの投手と捕手が2日目の練習を終えた日曜日の午前中、新しいライト選手の青木宣親がキャンプに到着した。

投手のウィル・スミスとのトレードで、ブルワーズから獲得した青木は、リードオフとライト守備が期待されている。
続きを読む

31

木曜日にロイヤルズは外野手を加えたが、それはカルロス・ベルトランではない。

ロイヤルズは、ミルウォーキーでのメジャーリーグ2シーズンで活躍した青木宣親を、左腕のウィル・スミスと交換でブルワーズから獲得した。

続きを読む



水曜日のパイレーツ対ブルワーズの試合は、魅力的な対戦だった。メジャーリーグで一番の左投手、ピッツバーグのフランシスコ・リリアーノ対メジャーリーグで一番左投手に強い左打者であるミルウォーキーのリードオフ、ノリチカ・アオキの対戦だったのだ。

両選手ともに、成績は素晴らしいものである。リリアーノは水曜日までで、左打者に対するOPSを.336におさえており、これは球史上もっとも低いものである。そしてアオキは水曜日までで、左投手に対する打率は.340で今シーズンのメジャーリーグの左打者で1位である。さらに.388の出塁率は、ツインズのキャッチャー、ジョー・マウアーの.394に次いで2位だ。

サウスポーに対するアオキの成功は、学ぶスキルにある。

「プロに入って1年目だったと思うけど」アオキは通訳のコウスケ・イナジを通じて語った。「僕は左打者だったけど、出場機会を得るためには左投手でも打たなくてはならないと言われた。だからどうすれば打てるのかを考えた。その時からだね」

日本で3回の首位打者に輝いたアオキは、その秘訣を明かさなかった。彼は「言いたくないんだけど、右と左では対戦する時に考えることが違うんだ」

水曜日のブルワーズの先発メンバーの中で、アオキは唯一の左打者だった。

彼は右投手に対しては、同じような結果を残せていない。水曜日までの右投手に対する打率.263は、彼の打率.287を下回るもので、出塁率は.352である。彼の成績は驚くほど昨シーズンとそっくりで、その時のアオキは、.288/.355/.433、81得点、30盗塁で、ナショナル・リーグ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票で5位に入った。

しかし水曜日に、今シーズン全体のことについて聞かれたアオキは、「数字的には悪くないと思うけど、もっとできると思う」と言った。

アオキの契約には、2014年の1.5百万ドルのチーム側のオプションが含まれており、ブルワーズは行使することがほぼ確実である。彼らはワールドシリーズが終了後5日以内に、それを正式にしなくてはならない。

「なにも聞いていない」そう言ったあとにアオキは微笑んだ。「契約のことで今心配なのは、来年の家の契約なんだ。チームが僕と契約してくれるのかによって変わるからね」

参考記事:Aoki gains success vs. lefties by differing approach By Adam McCalvy / MLB.com

201307011926699793391-p5

これまでに伝えられていたこととは違う、そして7月31日のノンウェーバー・トレード期限に関係がある話として、ブルワーズの外野手ノリチカ・アオキは、現在の契約が終わる今シーズン、あるいは来シーズン終了後にフリーエージェントになる可能性がある。

これまでチーム関係者がMLB.comに話していた所では、2013年までで、2014年は1.5百万ドルのオプションであるアオキの2年契約には、契約が終了してもブルワーズが彼をリリースするという文言は含まれていなかった。その場合は、ブルワーズが'14年のオプションを行使(アオキの米国での成功とリーズナブルな金額を考えるとほぼ確実)しても、調停の権利を得るまでには2015-17年の3年待つ必要があり、その間はブルワーズに保有権があるはずだった。

しかしアオキの代理人CAAスポーツのネズ・バレロによれば、そんなことはなく、彼とブルワーズのゴード・アッシュ・アシスタントGMは月曜日、契約の文言について再確認したと語った。そしてアオキはブルワーズがオプションを行使するしないに関係なく、その契約が終了すれば完全なフリーエージェントになると明記してある。

それはアオキのように日本から米国にきた選手には、普通の内容である。アオキは東京ヤクルトスワローズで3回首位打者に輝いていた。チームは2011年12月にアオキに入札し、2.5百万ドルで交渉権を獲得し、その後2年2.5百万ドルプラス出来高で契約を結んだ。

31歳のアオキは、月曜日の試合前で打率.284、出塁率.362、43得点、9盗塁だ。遅くても1年半後にフリーエージェントになること、そしてトレード期限までにブルワーズが売り手にまわることを考えれば、アオキは有力なトレード候補だ。ブルワーズのダグ・メルビンGMはすでに、右腕のジョン・アクスフォードとフランシスコ・ロドリゲスを含めたリリーバーのトレードの可能性を明言しており、将来に向けた動きを取ることを示唆している。

ブルワーズは、外野手のプロスペクトが充実している。それには、メジャーリーグの控え選手として開幕を迎え、現在はレフトのライアン・ブラウンが故障者リスト入りしたことで代役を勤めているローガン・シャッファー、そして3Aナッシュビルのクリス・デイビス、カレブ・ジンディ、そしてジョシュ・プライスといった選手が含まれる。デイビスとジンディは、MLB.comが選出したブルワーズのトップ20プロスペクトに入っており(デイビス14位、ジンディ16位)、他に2Aハンツビルのケントレイル・デイビス(19位)、アドバンスド1A ブレヴァード・カントリーのミッチ・ハニガー(10位)、そして1Aウィスコンシンのビクター・ローシュ(7位)とタイロン・テイラー(13位)がいる。

参考記事:Aoki will be free agent at end of current contract By Adam McCalvy / MLB.com

↑このページのトップヘ