タグ:田中将大

ここで昨日の試合を振り返ってみよう。特に田中将大のメジャーリーグ・キャリアにおける、おそらく最悪の登板についてだ。
 続きを読む

ヤンキースのエース、田中将大が自分の実力を発揮できなかったとしてもニューヨークは、27歳のメジャーリーグ・ルーキーであるゼロウス・ウィーラーから十分に釣り合うものを受け取った。

ウィーラーのキャリア初安打は5回、ターゲット・フィールドのヤンキースのブルペンに飛び込む413フィートの一発で、ヤンキースに4対2のリードを与えた。そしてより重要なのは、ヤンキースの先発投手に援護点を与えたことだった。
 続きを読む

土曜日の試合の9回に田中将大から本塁打を放ち、祝福を受けならがダグアウトに戻ってきたマイク・ナポリは、グラウンドの音声を拾うためのテレビのマイクがあるのに気を払わなかった。

放送では、96マイルのファストボールを投げた田中に驚いたナポリの「なんてバカなんだ!」と叫んだ声が拾われていた。そのボストンの強打者は、レッドソックスが2対1で勝利したその試合の序盤、田中の変化球に苦労していた。
 続きを読む

田中将大は、日曜日にヤンキースがレッドソックスに2対1で負けた試合の9回に勝ち越しの本塁打を放ったマイク・ナポリが、彼のことをバカと発言したことを気にしていなかった。

ニューヨーク・ポストのダン・マーチンは、田中の広報担当であるヨシキ・サトーを捕まえた。
 続きを読む

スプリッターかスライダーであれば、田中将大がマイク・ナポリに打たれなかったという保証はない。

しかし同点の9回2アウト、ランナーがいない場面で、キャッチャーのブライアン・マッキャンが要求した鋭いスプリッター、そして食い込むスライダーに首を振ったヤンキースのエース田中は、自分の直感を疑わなかった。

続きを読む

彼らの先発ローテーションは、ケガに悩まされている。しかしジョー・ジラルディは、それでも彼らのベスト・アームである田中将大に余計に先発させるつもりはないと言った。

そのヤンキースの監督には、それをするチャンスが金曜日にあった。木曜日が休日だったことでジラルディは、ローテーションでビダル・ヌノをスキップさせて、田中をマウンドに送り込むという選択肢を持っていた。金曜日のナイトゲームに先発したヌノは、ヤンキースタジアムでの8先発で勝利したことがなかった。一方でヤンキースは、田中の先発で12勝3敗である。

続きを読む

↑このページのトップヘ