タグ:川崎宗則

ブルージェイズは、内野手の川崎宗則とダン・ジョンソンを自由契約にした。両選手は、フリーエージェントとなる。

川崎を40人枠から外すのは、形式的なものに過ぎなかった。彼の契約の中には、シーズン終了後にフリーエージェントになるという項目が含まれていたからである。 
 続きを読む

マイセル・イズタリスが故障者リストに入ったことで、内野に補強が必要となったブルージェイズは火曜日、内野手の川崎宗則を3Aバッファローから昇格させた。ムネがこれまでにインタビューで素晴らしい仕事をしているのは、周知の事実である。
bloggif_535074e33e0c5続きを読む

自分は、レギュラーシーズンを始めるのに十分な状態だと、ホセ・レイエスは考えていた。しかしブルージェイズのベテランショート選手である彼は、開幕戦の最初のイニングさえ終えることができなかった。
 続きを読む

新しいリプレー・システムが、2014年シーズンに向けて、スプリング・トレーニングの試合で試されている。月曜日は2つのビデオ判定が行われたが、新しいそのシステムが初めて使われる中で、それぞれは、わずかに数分しかかからなかった。

続きを読む

日曜日の午前中に行われる2104年冬季オリンピックのアイスホッケー、カナダ対スウェーデンの決勝戦について、川崎宗則は、大胆にも予言をした。

川崎はホッケーについてよく知らないが、その競技への理解をより深めるために、クラブハウスのテレビで、トーナメントの試合をよく観戦していた。
続きを読む

ブルージェイズは火曜日の朝、ファンへの一足早いクリスマスプレゼントを用意した。内野手のムネノリ・カワサキとマイナーリーグ契約で再契約をしたと発表した。

カワサキは、伝えられていたところでは、日本でプレーする少なくとも1つにオファーを受けていたが、その変わりに、ブルージェイズのキャンプでチャンスを追い求めることになった。カワサキの契約には、スプリング・トレーニングの参加が含まれおり、控え選手の座を争うチャンスをもらうだろう。

その32歳の内野手は、今年のトロントでカルトヒーロになった。彼はケガをしたホセ・レイエスの穴を埋めるという厄介な役目を与えられたが、グラウンドの内外で見せたユニークな仕草で、すぐにファンのお気に入りになった。

彼は3Aバッファローでシーズンを迎えることになるだろうが、またセカンドのレギュラーの座を、ライアン・ゴインズ、そしてマイセル・イズタリスと争う可能性がある。カワサキが、彼らのいずれかを押しのけることは難しいかもしれないが、彼はマイナーリーグで再度、チームに必要な選手であることを証明するだろう。

日本生まれの彼は、2013年のブルージェイズで96試合に出場して、打率.229、1本塁打、24打点だった。彼は範囲が限られているものの比較的安定した守備力を持ち、肩の強さは、ショートよりもセカンドでプレーするほうに適している。そして試合におけるカワサキの最大の特徴は、今シーズンの出塁率.326が証明している通り、カウントを稼いで四球を選ぶ能力である。

トロントは今シーズンオフの始めに、カワサキが戻ってくることを約束することもできたが、チームは彼の契約に含まれていた1百万ドルのオプションの行使をしなかった。新しい契約の内容は、公表されていない。

参考記事:Kawasaki re-signs with Toronto on Minors contract By Gregor Chisholm / MLB.com

↑このページのトップヘ