タグ:中島裕之

31ヒロ・ナカジマは金曜日、リバーキャッツでリハビリ出場を始めるために、3Aサクラメントのロスターに正式に加わった。彼がどれくらいの間そこにいるのかは、決まっていない。

オークランドでの彼の初出場は、すぐというわけにはいかない様だ。

「彼が離れていた時間を考えると、完全に仕切りなおしだね」ボブ・メルビン監督は言った。「彼にはたくさん打席立って、慣れてもらいたい。ここに来る前に、成功をおさめて欲しい」

チームのショート選手として、シーズンオフに2年6.5百万ドルの契約をしたナカジマだったが、スプリング・トレーニングの最後の週にハムストリングを痛めていた。そしてそれはふた月めにはいって、リハビリの段階までたどり着いた。

ジェド・ローリーがスプリングトレーニングで攻撃力を見せたのに対して、印象を残せなかった彼がロスターに残れたのかは、もし彼が健康であっても疑問だった。ローリーはそれ以来、レギュラーのショート選手となり、金曜日までに打率.327の好成績を残している。

ナカジマはメジャーリーグに加わるのか、それかもしアスレッチックスが彼により打席を与えるためにリバーキャッツに正式に配置するのかを決めるまでに、サクラメントで20日間のリハビリ出場ができる。

「そういう雰囲気のなかで、彼は少しリラックスできるんじゃないかな」メルビンは言った。「新しい国で、新しいチームで、違うタイプの野球をする 。彼は、少し多くのことをやらざるを得ない状況だ。大きな期待がかかっていて、そしてケガをしてしまった。彼には厳しいスプリングトレーニングだったけど、私たちはそれが正しい道だと思っている、彼に打席を与えて、慣れてもらって、自信をつけてもらう。だって彼は、スプリングトレーニングのときの成績よりも、確かに良い選手なんだから」

「私はスプリングトレーニングで、うちの選手に60から65打席立たせたい。それが長すぎるのか分からないけど、私はメジャーリーグのシーズンに準備するためには、それが普通のスプリングトレーニングだと思う」

ナカジマは金曜日、ショート選手として予定通り7イニング出場した。そしてそこが、彼がもっともプレーするポジションだ。しかし「セカンドも除外しない」メルビンは言った。

参考記事: Nakajima begins rehab stint in Triple-A By Jane Lee / MLB.com

44ショートのヒロ・ナカジマは故障者リストで開幕を迎えると、土曜日にサンフランシスコ・ジャイアンツに4対3で勝利した試合後のオークランド・アスレチックスが発表した。

アスレチックスはその他に、左腕のペドロ・フィゲロアと内野手のアンディ・パリーノをオプションで3Aサクラメントへ配置し、右腕のマイク・エクストーム、左腕のヒデキ・オカジマ、キャッチャーのルーク・モンツをマイナーリーグ・キャンプへ送った。 

オークランドは月曜日夜のビジターのシアトル・マリナーズ戦を、12人の投手とルール5ドラフトで獲得した一塁手のネイト・フリーマンと共に迎える。

バートロ・コロンは、出場停止リストに残っている。

「自分的には、早くに戻ってこれると思っている」15日間の故障者リスト入りの決定を知らされた後に、ナカジマは言った。「まだ始まったばかりだし、段階的に進めて行かなければならないと言われた。だから、彼らのスケジュールに従うよ」

ナカジマはアリゾナで行われた火曜日のクリーブランド・インディアンス戦の10回に、左のハムストリングを痛めた。

彼は22打数無安打を、シングルヒットで終わらせた直後、犠牲バントで2塁に走塁しているときにハムストリングを怪我した。

「早めにキャンプに来たから、少し疲れが溜まっていたんだと思う」ナカジマは言った。「僕はこの機会に休んで、リハビリして、健康になって戻ってくるよ」

参考記事: A's put Nakajima on DL to finalize roster By Rick Eymer / Special to MLB.com

25数の上では豊富だったアスレチックスの二遊間が、次々と脱落している。

火曜日のオークランドには、グラウンドの中心を担う場所を争う6人の選手がいたが、健康なのは4人となった。アダム・ロセルスがシーズンを故障者リストで迎えると発表した数時間後のアスレチックスは、遠征先でおこなわれたインディアンス戦の10回にショートのヒロユキ・ナカジマが、左のハムストリングの張りで交代するのを目にした。彼は、経過観察の状態だ。

「最悪だ」ボブ・メルビン監督は言った。「大きなケガでなく、数日でプレーできるようになって欲しいけど、ハムストリングスは分からないよね。難しいケガの場合があるから」

ナカジマは犠牲バントで1塁から2塁に走塁する際に、ケガに見舞われた。それは20打数無安打だった彼がシングルヒットを打ち、光明が見えた数分後のことだった。彼はトレーナーに対して動いて見せ、そしてわずかに足を引きずりながら、自分の足でグラウンドを後にした。そしてチームバスの乗り込む前の、メディアの質問には答えなかった。

不調にもがくその内野手の不透明なケガの状態は、彼がアスレチックスの25人枠で開幕を迎えることができない可能性を高くした。ジェド・ローリーがレギュラーのショートとして開幕を迎え、スコット・サイズモアとエリック・ソガードがセカンドを分けて受け持つことになりそうだ。まだキャンプに残っているアンディ・パリーノは、3Aサクラメントでシーズンを始めると予想される。

そこはナカジマがメジャーリーグデビューを飾る前に、より打席に立つために行くかもしれない場所である。彼のケガが軽いものではなかった場合、アスレチックスは彼を15日の故障者リストに入れて、リバーキャッツでリハビリさせるか、開幕ロスターを確定する前に、彼をオプションで下げるかもしれない。

ケガがあってもなくても、ナカジマにはすることがある。

「今日の打撃練習で、彼はいくつかのことを試していたんだ。腰を使って、下半身をもっと連動させるようにね」メルビンは言った。「今日の打撃練習は良かったし、10回のヒットでは、良いスイングをしていた。だからおそらく彼は、自分のなかでなにかを見つけて、前に進んでいるよ」

参考記事:Nakajima sustains left hamstring strain By Jane Lee / MLB.com

nakajima_hiro_springヒロ・ナカジマをセカンドで試した日、アスレチックスは、その試みを保留する決断をした。

「ショートが彼のポジションだ」ボブ・メルビン監督は言った。「彼には、そこを守らせようと思っている」

ナカジマは土曜日のマイナーリーグでの試合で、セカンドとショートを3イニングずつ守った。その間メルビンは、メジャーリーグの試合の指揮を執っていたが、ナカジマはセカンドがやりにくそうに見えたという報告を受けたと言った。

「セカンドを試してみたかったんだ」彼は言った。「違う守備位置だと、やりにくいこともある。彼はショートがやりやすいことは分かっているけど、私たちはそれを見てみたかった。彼は無難にこなしたけど、もう一度そうするかは分からない」

ナカジマがカクタス・リーグで、すでに5人の候補者がいるそのポジションを守ることは考えにくい。そしてアスレチックスは、彼がより経験を積むまで、それをレギュラーシーズンの試合で試すこともないだろう。

日曜日のナカジマは、ショートで先発して3回打席に立ち、3打数無安打、1四球で、打率は.150まで下がった。 彼は2度、初球を打ちにいった。

「打撃で苦労しているから、積極的になりすぎているのかもしれない」ナカジマは通訳を通して言った。「ストライクが来たら、カウントが早くても打ちにいっている。今重要なのは、実際にボールを良く見ることだね」

「私には、彼が慣れてきているように見える」メルビンは言った。「確かに、3安打すれば自信がつく。彼が複数安打をする日、それを喜ぶ日が来るだろう。彼は、彼の道を進んでいる途中だと思う」

しかし、メルビンのチームに残っているスプリング・トレーニングの試合は少ない。そして日が進むに連れて、開幕戦の先発ショート選手が、ジェド・ローリーになる可能性が高まるように見える。それでもアスレチックスは、ナカジマをメジャーリーグのロスターに残すだろう。

参考記事:Nakajima will not play second base By Jane Lee / MLB.com

7111624-300x199ヒロユキ・ナカジマのスプリング・トレーニング打率.176は、彼自身やアスレチックスが期待していたものではない。しかしボブ・メルビン監督は、忍耐強い。

メルビンはナカジマを、キャンプにいる他の選手とは違う見方をしている。彼の置かれた状況が違うからだ。

「彼のパフォーマンスは、悪くないよ・・・。彼には、しなくてはならないことがたくさんある。他の選手には必要ないことがね」メルビンは言った。「彼は多くのそれを、しているところだ」

そのショート選手は昨年、日本で打率.311を記録した。従ってアスレチックスは、彼に才能とポテンシャルがあることを分かっている。しかしナカジマはメジャーリーグだけではなく、アメリカの生活にも適応している最中だ。

「今の彼は学んでいる最中で、そのコントロールの仕方は、一人ひとりが違うんだ」メルビンは言った。「この国に来て彼が対処しなければならないことは、グラウンド上だけのことではない。それはとても難しいこと」

グラウンド以外での適応が時間とともに進むあいだ、アスレチックスはその30歳のショート選手ができるだけ早く、レギュラーシーズンに向けて準備ができるようにしている。

ナカジマは、木曜日のオークランド・ラインアップに入らなかったが、マイナーリーグチームで打席に入った。

「彼をより多くの打席に立たせることで、ここでの経験不足を補おうと思っている。だけど彼がくたくたになるほどは、しないけどね」

参考記事: Nakajima adjusting to Majors and new home By William Boor / MLB.com

no title

日曜日のヒロ・ナカジマには、ランナーが得点圏にいる場面で2度打席が回ってきた。それは球団やチームメイト、そしてファンに、彼の打撃が良くなっているところを見せる、2度の良いチャンスだった。

しかし最終的に、その内野手は3打席無安打で終わり、スプリング・トレーニングでの打率は、.194に落ちた。しかしロッカーの前に立った彼は微笑みながら、結果は出ていないが確実に良くなっていると言った。

「プレッシャーは感じなかった」ナカジマは、通訳を通して言った。「最初の打席は、ツーアウト、ランナー2.3塁で、確かに彼らを返したかった場面だった。だけど自分のスイングをすることやコンタクトすることは、良くなってきていると思った」

「自分の中で考えすぎることなく、バットを振ることができた。感じは良くなり始めているから、もっと経験を積めばと思っている。これは具体的なことではなく、もっと感覚的なものだから」

メジャーリーグに適応するナカジマの苦しみは、良い経験となる。そしてボブ・メルビン監督は、唯一の解決策は、より経験を積むことだと信じている。

「彼には、苦しい時だね」メルビンは言った。「新しいチームということだけでなく、大きなカルチャーショックと新しいリーグ、これらすべてのことがプレーに関わってくる。そしてそれぞれの選手には、彼ら自身のスピードがある。環境になれるとはそういうことだと言える。彼はまだ、そこまで達していない」

それは一晩で成し遂げられるものではない。そしてアスレチックスは、そのことを気にしている。そしてナカジマのチームメイトはまた、彼が多くのチャレンジに直面していることを理解している。

「彼は大変だと思うよ」日曜日にナカジマと二遊間コンビを組んだエリック・ソガードは同意した。「彼はやりやすくなってきているんじゃないかな。もっと良くなっていく彼を、みんな見ることができると思う。彼は彼のするべきことをすると思うよ」

それが4月1日までにできるのかは、不透明だ。そしてアスレチックスは、彼がその時にレギュラーシーズンの準備ができているのか、それか開幕戦のショートにジェド・ローリーを起用したほうが良いのかを、決断しなければならなくなる。

その時までに、必要な状態に持っていけるのかと聞かれたナカジマは、躊躇せずに答えた。

「もちろん」彼は言った。「もちろん、そう思っている」

参考記事: Nakajima becoming more and more comfortable By Jane Lee / MLB.com

512x1つのエラーを含む、2つの悪送球をした今日のヒロユキ・ナカジマは、ロッカーの前で守備の改善に自信を見せた。そして問題は打撃であると、彼は思っている。

「僕は納得していない」ナカジマは言った。「日本でやっていたときの様に、ぜんぜんできていない」

その内野手は、時間とともにそれが解決すると信じているが、レギュラーシーズンが始まるまでの時間はあまり残されていない。そしてアスレチックスはそうなるまで、彼を毎日使い続けるのか定かではない。

「もっと経験を積んで、良い試合の流れを掴みたい」ナカジマは言った。「そういった経験を積むことで、必要な修正をしていきたい」

今春の11試合でナカジマは、25打数6安打(打率.240)、10三振、長打はわずかに1つだが、ボブ・メルビン監督は、彼の出塁率が十分に高い.387であることを指摘した。内容は3つの四球に3つの死球だ。しかしナカジマは、打つためにここにいる。

「今は心のなかで一瞬、考えてしまっている」そのショート選手は言った。「今は一瞬、考えてしまっているから、すべてのことが自然にできていない。それさえ解決できれば、打席でも実力通りに、思った通りにできると思う」

「彼は少し泳いでいるように見えるね」メルビンは言った。「私たちが見てきたビデオだど、もう少し後ろに体重が乗っていたけど、君たちはなにか知っている? 今の彼は、いろいろなことを試している。最初から良い印象を与えたかった彼にとって、打撃で思うようなスタートを切れなかったことは、彼にはきついことだろうね」

守備に関して、特に木曜日に彼が見せたものは、午前中の練習をとても簡単にこなしていたこともあり、自分らしくないと感じている。

「今日の守備は、バランスが悪かったと思う」ナカジマは言った。「最初のは強い球を投げようとして、高く行ってしまった。次のはコントロールしようとして、バウンドしてしまった。全体的に今日は、なんて言うか、バランスが悪かった」

「そんな場面は、多くないからね」メルビンは言った。 

参考記事: Comfort level eluding Nakajima in first spring foray By Jane Lee / MLB.com

↑このページのトップヘ