タグ:上原浩治

昨日のボルチモア・オリオールズ戦の1イニングの中で上原浩治は、疑いと戦っていたと語った。おそらくオリオールズは、そのことを疑うだろう。

そしてもし上原が、何かに疑いを持っていたとしても、それらはすぐに取り除かれるべきだったのかもしれない。彼はフェンウェイパークでレッドソックスが4対2で勝利した試合の9回に、セットアップマンの田澤純一をリリーフして、JJ・ハーディ、ジョナサン・スクープ、そしてスティーブ・ローバンジーを三振に獲ったことで、3連戦の2試合目でシーズン4セーブ目を記録したからである。
 続きを読む

レッドソックスは、日曜日のヤンキース戦の前に良いニュースを受け取った。クローザーの上原浩治は、ジョン・ファレル監督が言うところの「良いスローイング・セッション」を行なうことができた。
 続きを読む

昨年の10月30日にボストンのワールドシリーズ制覇を決めたその球は、簡単に手に入れたものではなかった。

2013年の上原浩治が、とても頻繁に、とても簡単そうに投げ、そしてとても支配的だったその球は、師匠から授けられたものではなかった。そのスプリッターを彼が発見したのは、霊感によって導かれたのではなかった。彼はある日、新しい握りと新しい投げ方と共に目覚めたのではなかった。

続きを読む

最近のスタインブレナー球場のブルペンエリアの外側には、田中将大のブルペンセッションを覗き見しようとする記者のグループが集まっていた。稀にヤンキースは、あることが国家機密であるかのように取り扱うが、ある朝の田中のブルペンセッションは、そのうちの1つだった。

田中が数名のコーチからアドバイスを受けながら、秘密の場所で投げているところを見ることで、何かの秘密を暴けるなんてことがあるのだろうか?

続きを読む

↑このページのトップヘ