タグ:上原浩治

火曜日夜の9回に彼のチームがリードしていれば、アメリカンリーグ・オールスターチームのジョン・ファレル監督は、上原浩治の右手にボールを渡すのは、確実のように思える。

何と言っても上原は、昨シーズンにワールドシリーズを制覇する過程で、ファレルの期待に繰り返し応え、2014年も多くそうしている。
 続きを読む

クローザーの上原浩治が、カブスに2対1で負ける原因となった失点をした翌日のレッドソックスのジョン・ファレル監督は、そのベテラン右腕は水曜日のシリーズ最終戦も登板できるだろうと語った。

上原は、火曜日の決勝点を与えた時、疲れがあったことを認めた。それは最近の7登板で上原が失点した3試合目だった。
 続きを読む

昨シーズン、惜しくもオールスター出場を逃したレッドソックスのクローザー上原浩治は今シーズン、メジャーリーグキャリアで初めてそのチームに加わるチャンスを得ている。

レッドソックスは、チームとして不振が続いているが、彼らのクローザーは別で、それがミネアポリスへの旅の助けになっている。

続きを読む

日曜日のオークランド・アスレチックスは、ケガによってDHを失い、三塁手のジョシュ・ドナルドソンが、DHに動かなくてはならなくなった。そのことによって10回の裏、1点差の場面で、打席にクローザーのショーン・ドゥーリトルが打席に立つことになった。

その結果は、意外性のないものになった。 続きを読む

35歳から39歳のシーズンのヤンキースの右腕マリアノ・リベラは、驚愕の331試合、361回2/3を投げた。

この期間のそのクローザーは、驚異的なWHIP0.904、9イニング当たりで許したヒットが6.67、1四球当たりの奪三振が6.07、対戦した打者の25.4%から三振を奪い、防御率1.89、ERA+236を記録した。おそらく最も衝撃的なのは、これらの成績のそれぞれが、その前の5年間よりも良くなっていることである。
 続きを読む

相手打線を打率.238に抑えている上原浩治だが、彼自身は、それほど良い投球ができていないと考えている。

木曜日の夜、9回にタンパベイ・レイズのショート選手ユネル・エスコバーに本塁打を許し、2013年9月17日以来の初めての負けを記録した上原は、取材陣に「毎年あること。4月や5月は、昨年もあまり良い投球ができていなかった」と語った。
続きを読む

↑このページのトップヘ