タグ:ダルビッシュ有

レンジャーズのロン・ワシントン監督は、日曜日に行われたダルビッシュ有のブルペンセッションに「とても勇気づけられた」と語った。それは開幕戦の先発を首のハリで回避して以来、初めての投球プログラムで、復帰への第1歩だった。
 続きを読む

レンジャーズのダルビッシュ有投手が、開幕戦での先発を回避することになり、シーズンを故障者リストで迎える可能性が高くなった。
 続きを読む

その日まで残り1週間を切り、レンジャーズの開幕戦でダルビッシュ有が投げるチャンスは、ますます怪しくなっている。彼の問題は、レンジャーズがシーズン開幕時のローテーションにジョー・サンダースを入れたいと考えている理由の1つである。
 続きを読む

先発を回避して2日後の日曜日、ダルビッシュ有はまだ、投げる準備ができていなかった。そして日が進むに連れて、彼が3月31日のフィラデルフィアとのシーズン開幕戦で先発できるのかについて、暗雲が漂ってきた。

続きを読む

スプリング・トレーニングにおいて、2年連続で首を痛めたレンジャーズのダルビッシュ有投手が、先発を予定していた金曜日のマイナーリーグの試合を回避した。

ダルビッシュによれば、今回の首の痛みは昨年ほどひどいものではなく、3月31日にフィリーズと対戦する開幕戦の先発には影響がないとしている。ダルビッシュは、2日前に「寝違えた」のが原因で、昨シーズン終盤に発生した腰の問題とは関係ないと説明した。

続きを読む

彼は、百万ドルの腕と空っぽの頭で、ただ投げているだけの投手ではない。ダルビッシュ有について言えることの1つは、このことである。

日曜日に行われたホワイトソックスとのオープン戦で制球に苦しんだダルビッシュは、投球フォームに若干の修正を加えるために、登板後にブルペンへ向かった。

続きを読む

最近のスタインブレナー球場のブルペンエリアの外側には、田中将大のブルペンセッションを覗き見しようとする記者のグループが集まっていた。稀にヤンキースは、あることが国家機密であるかのように取り扱うが、ある朝の田中のブルペンセッションは、そのうちの1つだった。

田中が数名のコーチからアドバイスを受けながら、秘密の場所で投げているところを見ることで、何かの秘密を暴けるなんてことがあるのだろうか?

続きを読む

↑このページのトップヘ