タグ:ダルビッシュ有


Kirkman's heads-up play 

レンジャーズの投手ユウ・ダルビッシュは始めに、12日間の登板間隔とマリナーズに対して起こったことは関係ないと言った。

「試合で投げる準備は出来ていたと思います」ダルビッシュは言った。「12日間の休みは、何の影響もなかった」

レンジャーズのロン・ワシントン監督もまた、日曜日夜にセーフコ・フィールドで行われて7-0で負けたマリナーズ戦で、ダルビッシュのコントロールが安定しなかったのは登板間隔のせいではと指摘されて、苛立ちを見せた。

「それは言い訳になる。私たちは言い訳はしない」ワシントンは言った。「彼は勝てなかったし、私たちは勝てなかった」

そう、彼らは勝てなかった。ダルビッシュは1回に4点を与え、それはマリナーズのエース、フェリックス・ヘルナンデスには充分だった。彼はレンジャーズ打線を3安打、無四球、12三振に抑え、キャリア6回目の完封勝利を挙げた。

「良い投手を相手に、最初の回に4点も与えてしまったから、きつかった」ダルビッシュは言った。「いきなり、僕がうちの打者に対して厳しい状況を作ってしまった」

レンジャーズの連勝は3で止まったが、アメリカンリーグ西地区で2位のエンジェルスからはまだ5ゲーム離れている。レンジャーズは今シーズン2回目の完封負けで、4得点以下の試合が9試合続いている。

立ち上がりが安定しなかったダルビッシュだが、6 1/3イニングまで106球を投げた。しかし彼は、最後までリズムを掴むことができなかった。そして彼はシーズンハイの7失点で、先発した試合で2連敗だ。今シーズンの彼は10勝6敗、防御率3.96になった。

彼はまた、マリナーズに対して1勝2敗、防御率9.00で、投手が有利なセーフコ・フィールドでは2回の先発で10 1/3イニングを投げて13失点している。マリナーズの総得点はアメリカンリーグで下から2番めで、チーム打率は2番めに低い。

「僕たちは彼に対して、とても上手く攻めることが出来た。見せたようにね」キャッチャーのジョン・ジェイソは言った。「どんな投手に対しても、通用する攻め方だ。彼は緩い球でストライクが取れなかった。それが彼を苦しめたんだと思う。僕たちが攻めるには、良かったことだけどね」

ダルビッシュは先頭打者のダスティン・アクリーに対して、3球連続のボールから始まった。そしてフルカウントの末、彼に四球を与えた。続くイチロー・スズキがライトにシングルヒットを打ち、アクリーはサードまで進んだ。イチローはワイルドピッチの間にセカンドに進み、そしてダルビッシュはキャスパー・ウェルズに死球を与えて満塁としてしまった。

次の打者のジョン・ジェイソに対してダルビッシュはストレートの四球を与えて、押し出しの得点を与えた。その時点でダルビッシュは、15球投げたファストボールのうちの10球がストライクゾーンに入っていなかった。

「最初、ストライクを投げるのに本当に苦労した」ダルビッシュは言った。彼は今シーズン17回の先発で、14試合の最初の回に四球を出している。

「彼のコントロールは良くなかった。それが最初の回の彼を苦しめた」ワシントンは言った。「それは彼が修正していかなくてはならない事の一つだ」

その後マイケル・ソーンダースが高いバウンドの打球を打ち、それは一塁手のマイケル・ヤングのグローブからこぼれてエラーになった。ダルビッシュは続くジャスティン・スモークをサードのエイドリアン・ベルトレーへの内野フライに仕留めたが、次のカイル・シーガーがレフトにライナーを放ち、二人をホームに返した。マイケル・カークマンがブルペンでウォーミングアップを始めたが、ダルビッシュは続く二人の打者をアウトに取った。

「6点や7点取られていたら、彼を投げ続けさせる訳にはいかなかった」ワシントンは言った。

4-0で追いかけることになったレンジャーズは、5月21日に8回で1点しか取れなかった投手と対戦していた。それに彼らは、6月30日にアスレチックスに7-2で勝って以来、4点以上取っていなかった。彼らはヘルナンデスに対して手も足も出ず、今シーズン2回目の完封負けを喫した。

「彼はいつでも素晴らしいし、今晩はいつもよりも良かった」外野手のデビッド・マーフィーは言った。「彼は4点のリードを貰って、ストライクゾーンを攻めることでたしかにそれを有効に使った。今夜は彼の夜だった」

マリナーズは、ダルビッシュに対してそれでは終わらなかった。彼らは4回にも、シーガーのリードオフシングルとアクリーの二塁打で1点を加えた。6回にはジョン・ジェイソのホームランでスコアを6-0にした。ダルビッシュは、ソーンダースにタイムリー二塁打を打たれた時点で降板した。彼のこれまでのシーズン最多失点は、6月7日のオークランド戦で7-1で負けた時の6失点だった。

参考記事:Darvish roughed up as Rangers stall vs. Felix By T.R. Sullivan / MLB.com | 7/15/2012 12:50 AM ET
http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_07_14_texmlb_seamlb_1&mode=recap_home&c_id=sea&partnerId=rss_mlb#gid=2012_07_14_texmlb_seamlb_1&mode=recap&c_id=tex 


Darvish thanks fans for voting 

ユウ・ダルビッシュは、あることを証明するために日本を離れた。昨冬、ファンの前で行われた最後の会見でダルビッシュは、日本人選手が世界中の他の選手に引けをとらないことを見せるために、メジャーリーグで投げたいと言った。

月曜日、彼はメジャーリーグ・オールスターゲームで、世界中で最も優秀な選手の中に加わった。それは彼がシーズンオフにレンジャーズと契約した時に見据えていた成果の一つ目として、とても良いものだろう。

「それを話した時のことは覚えています」ダルビッシュは言った。「それを証明しようとか、日本の野球のためにとか、あまり意識しないようにしています。それが出来たとも思っていません。それはもっと長期的な話で、僕は何年もそうしなくてはならない。前半戦とオールスターだけで、何かを証明できるとは思いません。僕は、それを続けていかなくてはならないと思っています」

ダルビッシュは、自分がオールスターチームに選ばれる事に懐疑的だった。先週彼は、選ばれるに値しないと言い、アメリカンリーグの最終ファン投票では、ホワイトソックスのジェイク・ピービーに投票したとの冗談まで言った。しかし7.3百万人のファンが、98時間あった投票時間でダルビッシュに投票した。それは1秒間に20票の計算になる。彼は他の7人のレンジャーズ・チームメイトと共に、月曜日にコーフマン・スタジアムで行われたオールスターの練習に参加した。

「今日、僕がここにいて良いのか判らないですね」ダルビッシュは言った。「だけど同時に、こんなに素晴らしい選手たちの中にいる。彼らと一緒にここにいるのは、本当に嬉しいです」

ダルビッシュは、ロン・ワシントン監督が使うことのできる13人の投手のうちの一人だが、彼の投球が保証されているわけではない。ワシントンは火曜日夜の先発に、昨年のサイ・ヤング賞投手、ジャスティン・バーランダーを選んだ。そして彼は、そのタイガースのエースの後は本当に決めていないと言った。

「考えはあるけど、ラインアップがどうなるかだね。誰を使うかとか、どうやって使うかは状況による」ワシントンは言った。「ダルビッシュを使うかどうかは、試合の流れによって決める。だけど彼は、その資格があってオールスターに来ている。レンジャーズの選手だからって、私が感情的な理由で選んだわけではない。彼はなるべくして、そうなったんだ」

メジャーリーグ1年目のダルビッシュは、現在までに16回先発して10勝5敗、防御率3.59だ。防御率はリーグで15位でしかないが、三振は4位の117を奪っている。相手打者の彼に対する打率は.227で、リーグで6番目の低さだ。

彼が日本で残してきた成績には及ばないが、108百万ドルを費やしてダルビッシュを獲得したレンジャーズは、これまでの彼の成果に満足している。

「ユウ・ダルビッシュ、彼はとても厳しい状況でアメリカに来たと思う」ワシントンは言った。「リーグのことも知らず、選手のことも知らず、ボールに適応しなくてはならず、マウンドにも適応しなくてはならず、文化の違いにも適応して、それらを超えなくてはならなかった」

「彼がとてつもない選手で、素晴らしい若者であると、私は本当に信じている。彼は私たちが予想していたのよりも早く適応した」

一番大きな適応は、ダルビッシュによれば、それはボールだ。日本のボールはより硬く、きつく締めてあり、少し小さい。アメリカのボールは、縫い目が高い。

「ファンは素晴らしいし、文化や言葉も大丈夫。慣れるのが一番難しかったのは、ボールです」ダルビッシュは言った。「今は良い感じだけど、難しかった。ボールに慣れるのに凄く時間がかかってしまった」

ダルビッシュは7度目の先発になった5月11日のエンジェルス戦まで、本当にボールが上手く使えなかったと言った。しかしメジャーリーグに完全に適応することはまだ途中で、レンジャーズはまだ、本当の彼の姿を見ていないとワシントンは言った。

「100%ロンの言ったとおりです」ダルビッシュは言った。「僕はキャンプの最初の日よりも、良い投手になったと信じています。肉体的なことではなく、精神的に強くなったと思う。細かいことを気にしなくなって、それらで悩むことが無くなった。精神的に強くなったと思う」

それは、彼がカンサス・シティへの切符を掴む助けになった。今、みんなが彼を待っている。特に日本では、彼が実際に試合で投げるのを心待ちにしている。彼らは、日本人選手がメジャーリーグでも特別な選手になれるということを、ダルビッシュが証明するのを待っている。彼はまだ、それが出来ていない。しかし彼は、正しい道を進んでいる。


参考記事:All-Star Game a step toward proving Yu belongs By T.R. Sullivan / MLB.com | 07/09/12 5:15 PM ET
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120709&content_id=34778100&vkey=news_mlb&c_id=mlb&partnerId=rss_mlb  


Final Vote sends Darvish to ASG 

レンジャーズの右腕ユウ・ダルビッシュが、オールスターゲームに行く。

ダルビッシュは2012年オールスターゲームの最終ファン投票で、ホワイトソックスの先発投手ジェイク・ピービー、オリオールズの先発投手ジェイソン・ハメル、ロイヤルズのリリーバー、ジョナサン・ブロンクストン、エンジェルスのリリーバー、アーネスト・フリエリを抑えて選ばれた。投票は中部標準時の木曜日午後3時に締め切られた。

「とても嬉しいです」ダルビッシュは木曜日にU.S.セルラーフィールドで行われて、レンジャーズが2-1でホワイトソックスに負けた試合の後に言った。「選ばれたのはファンの投票によるものなので、僕に投票してくれた全てのファンに感謝しています。とても楽しみです」

ダルビッシュはファン投票で選ばれた初めてのレンジャーズ選手だ。彼はチームメイトのマット・ハリソン、ジョー・ネイサン、マイク・ナポリ、イアン・キンズラー、エルビス・アンドロス、エイドリアン・ベルトレー、そしてジョシュ・ハミルトンと共に火曜日にカンサス・シティのコーフマン・スタジアムで行われるオールスターゲームに参加する。

「私は彼がオールスターに相応しいとずっと思っていたし、ファンはそれを証明してくれた」レンジャーズのロン・ワシントン監督は言った。「ユウのことは本当に嬉しい。彼はいろいろ難しい状況の中やってきたし、いつも一生懸命だ。彼がオールスターなのは当然だ」

「私には結果がどうなるのか本当に判らなかった。私はただ、彼をファン投票に入れれば、オールスターに選ばれるチャンスがあると思っていたから、球団を挙げて応援した。ユウは私たちのチームの人間、私たちのチームの素晴らしい投手だからね」

ダルビッシュは先週の金曜日に、自分自身はオールスターに相応しくないと発言していた。ファンは違う判断だった。

「先週言ったことは覚えています。でも僕は、選ばれました」ダルビッシュは言った。「だから今僕が思っているのは”もし僕が試合で投げることができるのなら、ファンに楽しんでもらうためにベストパフォーマンスを見せたい”ということ。今でも僕にその資格があるのか?って聞かれれば、僕はピービーに投票します」

ダルビッシュはオールスターゲームに選ばれた9人目の日本人選手で、2人目の先発投手だ。ヒデオ・ノモはルーキーイヤーの1995年に選ばれ、レンジャーズ・ボールパークでナショナルリーグが3-2でアメリカンリーグに勝利した試合で、先発投手を務めた。

ダルビッシュは現在までに16試合に先発して、10勝5敗、防御率3.59。彼はまた102イニングを投げて119個の三振を奪い、対戦した打者の打率は.227だ。彼が最後に投げたのは日曜日のオークランド戦で、レンジャーズはオールスター休暇明けまで、彼に投げさせる予定はない。

「初めてのことなんで、オールスターゲームの雰囲気とかっていうのは、本当に想像もつかない」ダルビッシュは言った。「全部ファストボールを投げなくてはいけないのかとか、それとも変化球を投げても良いのか、その後は何をすれば良いのかとか。そういったことの全部が未経験なので、周りを見習いたいと思います」

「既に会ったことのある選手もいるけど、そのチームの中でどこにいれば良いの判りません。僕はチームのお荷物にならないように、おとなしく他の選手たちを見ています。マット・ハリソンに兄貴になってもらって、一日中彼の後ろに着いて行きます」

レンジャーズは前のシーズンオフに、日本ハムファイターズへのポスティングで51.7百万ドルでダルビッシュとの交渉権を獲得した。そしてテキサスはその右腕と5年56百万ドルの契約を結んだ。

オールスターゲームでのアメリカンリーグの先発投手は、月曜日にワシントンによって発表される。ダルビッシュと水曜日に8イニングを投げたハリソンの二人とも、休養は充分になる。

「だけど球団から8人も出るなんて、凄いことだよ」ハリソンは言った。「彼は素晴らしい仕事をしてきたから、相応しいよ」

第83回メジャーリーグ・オールスターゲームは、世界の200ヶ国以上で放送される。

ファンはまた、試合が行われいる間、MLB.comからMVPを選ぶ公式投票に参加できる。

参考記事:Fans make Darvish Rangers' eighth All-Star By T.R. Sullivan / MLB.com | 07/05/12 5:55 PM ET
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120705&content_id=34502276&vkey=news_tex&c_id=tex&partnerId=rss_tex

レンジャーズの先発投手ユウ・ダルビッシュは、オールスターゲームのアメリカンリーグチームの最終ファン投票でリードしている。

火曜日の朝に発表された最初の中間発表で、ダルビッシュは争っている5人の投手の中で1位だった。2位はホワイトソックスの投手ジェイク・ピービー、続いてオリオールズのジェイソン・ハメル、エンジェルスのアーネスト・フリエリ、そしてロイヤルズのジョナサン・ブロンクストンだ。

メジャーリーグ1年目のダルビッシュは、16回先発して10勝5敗、防御率3.57、リーグ2位の117三振を奪っていて、被打率の.227はリーグ6位の低さだ。レンジャーズの球団社長ノーラン・ライアンは、ダルビッシュが見せてきたものに感銘を受けている一人だ。

「私は彼の投球に本当に満足している。そして彼は本当に上手く適応している」ライアンは言った。「時々、彼は試合の序盤にコントロールで苦労するけど、試合が進むに連れて良くなっていくし、良いリズムを作っていく。日曜日(のオークランド戦)は、これまでの彼と同じように良い投球だった。最初から良いリズムだったし、球速も出ていた。それを彼は試合を通して維持していた」

昨冬レンジャーズは、ダルビッシュが以前所属していた日本ハムファイターズに51.7百万ドルという高額の入札金を払い、ダルビッシュとの交渉権を獲得した。そして彼らは6年56百万ドルの契約を結んだ。それはレンジャーズが日本で2年にわたってダルビッシュを広く調査した結果で、球団内の違う12人が日本で彼の投球を見た。

「それが普通の契約でないのは明らかだったから、そうするにあたってたくさんすることがあった」ライアンは言った。「だけど球団は、やるべきことをした。うちのスカウトとフロントオフィスの両方は、彼が私たちにフィットすると考えた。一緒に仕事をしている人たちを信頼しているし、私たちはこれが正しいという考えを持った」

ライアンは日本へは行かなかったが、ダルビッシュの投球をビデオで見た。それはレンジャーズが2009年のシーズン後に、日本にいたコルビー・ルイスとの契約を検討した時と同じだ。

「私はビデオで見たコルビーに満足した」ライアンは言った。「私はダルビッシュにも、同じ事を感じた。だけどそこには、わからないことがより多くあった。なぜなら彼はこれまで日本のやり方でやってきていて、そして彼には変わらなくてはならないことがあって、乗り越えなければならないことがあったからだ。言葉の壁のようにね」

今ライアンは、ダルビッシュの投球を球場の最前列の席で見ている、ほとんどの場合、妻のルースが隣にいる。そしてまた、レンジャーズの共同オーナーのレイ・デイビスとボブ・シンプソンもいる。時々、彼はジョージ・W・ブッシュ元大統領と一緒に観戦する。

「(ダルビッシュの)良い所は、緩い球を混ぜられることで、彼はそれを本当に上手く使っている」ライアンは言った。「本当に良い投球センスを持っている。彼のベストピッチはスライダーだと私は思っている。リーグの中でも1番のスライダーだ」

スライダーはダルビッシュがいつでも投げることができる8つの球種のうちの一つにすぎない。同じ事ができる投手でライアンが今まで見たことがある唯一の投手は、殿堂入りしているかつてのジャイアンツの投手ホアン・マリシャルだ。

「ホアン・マリシャルはたくさんの違う球を投げた。彼はそれを違う角度で投げた」ライアンは言った。「そういった投手は特殊だ。そんなに多くはいない」

ライアンと他のレンジャース選手がマウンド上のダルビッシュから見ているものは、印象的な彼の一面にしか過ぎない。フィールド以外の彼の振る舞いもまた、高得点だ。

「彼は誇り高いし、とても思慮深い」ライアンは言った。「彼がメジャーリーグでベストな投手の一人になりたいと思っていると私は本当に信じている。彼はとても練習熱心で、集中してそれをやる。それは25才、それくらいの年令の人間にとって、とても良いことだ」

最終投票で勝利することは、他のメジャーリーグで”最高の投手たち”を抑えて、ダルビッシュをカンサス・シティに送ることになる。

第83回メジャーリーグオールスターゲームは、全世界200カ国以上で放送される。

ライアンは、カンサス・シティにダルビッシュを行かせることはオールスターゲームを取り巻く興奮を最高潮に持っていく事ができると言った。

「球界にとって良いことだ」ライアンは言った。「そうすればオールスターゲームがより国際的になるし、日本人のオールスターゲームへの感心をより高めるだろう」


参考記事:Darvish leads AL Final Vote, leaves Ryan impressed By T.R. Sullivan / MLB.com | 07/03/12 12:15 PM ET
http://texas.rangers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120703&content_id=34375712&vkey=news_tex&c_id=tex  

無題ユウ・ダルビッシュの投球は、前回アスレチックスと対戦した時よりも良かったが、しかしそれでも充分ではなかった。

本拠地での8度目の先発で、ダルビッシュは初めて負けた。彼は7回を投げて被安打5、3失点、奪三振はキャリアハイとタイの11だった。レンジャーズは最近の5試合で38得点を挙げて、その全てで勝利していたが、ダルビッシュに対する援護は充分にできなかった。

日曜日夜のボールパーク・イン・アーリントンで、トラビス・ブラックリーはレンジャーズ打線を7回1失点に抑えて、アスレチックスは3-1で勝利し、レンジャースとの4連戦でスイープされるのを逃れた。

「同じチームに対して4連勝するのは、信じられないくらい難しいことなんだ」ロン・ワシントン監督は言った。「(ダルビッシュが)投げて3失点なら、いつもは私たちが勝っていた。相手が3点とって、私たちが1点しか取れなかっただけだ」

ダルビッシュは、最初の6人の打者を連続でアウトに取り、4回までヒットを与えず、5回にデレク・ノリスにシングルヒットを打たれるまで、アスレチックスを0点に抑えていた。6回、ダルビッシュはヨエニス・セスペデスに二塁打を打たれ、次に投げた球がワイルドピッチになり、ジェイミー・ウィークスが得点した。アスレチックスは2-1とリードした。

「セスペデスの二塁打は、凄く良い球だった」ダルビッシュは言った。「コースも良かったけど、彼は打った。彼は良い打者。その後にワイルドピッチで失点してしまったけど、あの打席はとても重要な場面だったので、ちょっと力が入りすぎてしまった。自分の投球ができなかった」

エルビス・アンドロスが、3回ツーアウトからタイムリーヒットを打ち、イアン・キンズラーがホームに帰った。彼はメジャーリーグトップの61得点になった。アンドロスは、ブラックリーの牽制球でアウトになった二人のレンジャーズ選手のうちの一人だが、レンジャーズの唯一の得点は、彼によるものだった。

「私たちは1点しか取れなかった」ワシントンは言った。「得点のチャンスの時、相手の投手陣は良い仕事をした。素晴らしい投手戦だった」

6回の先頭打者クレイグ・ジェントリーは、センターフェンス直撃の打球を放ち、セスペデスの足に当たった球がフェンスを超えてエンタイトルツーベースになった。しかしジェントリーを三塁に置いた場面で、キンズラー、アンドロスそしてジョシュ・ハミルトンの3人は全員フライアウトになった。8回の先頭打者のトレアルバもヒットで出塁したが、この日4打数0安打だったハミルトンが打った打球は、ホームから90フィートの所までしか飛ばなかった。

「先頭打者に二塁打を打たれたら、たぶん85%の確率で失点する」ブラックリーは言った。「幸運にも(ハミルトンが)、あまり良くなかった球を振ってくれて、フライアウトになった。全体的に良い投球ではなかった。球が浮き気味で、チェンジアップで凌いだ」

7回にブランドン・モスは、保険となる1点をアスレチックスに加えた。ダルビッシュが投じた1球目を、ライト側観客席の二階まで約406フィート飛ばした。7回にはまた、ダルビッシュが14イニング連続で奪っていた三振も終わった。彼は105球を投げて、うちストライクは69球、6回の先発で一番少ない投球数だった。

「最初から感じは良くて、最後まで力強くいけた」ダルビッシュは言った。「今晩は自分たちのプレーができていなかったけど、まだ行ける感じがしていた。あのホームランで、こっちに来そうだった勢いを止めてしまった。それはとても反省している」

負けたにも関わらず、レンジャーズはアスレチックスとのシリーズで最初の3戦に勝っていたことで、7シリーズ連続で勝ち越しをした。50勝30敗の彼らは、メジャーリーグトップの勝率を続けている。

「この結果は嬉しいね」マイケル・ヤングは言った。「ベストな野球ができていると思う。僕たちは勝ち方を知っている。今晩はそうならなかったけど、火曜日に頑張れるように準備するよ」

この日は、ダルビッシュがオールスターのアメリカンリーグ最終ファン投票に選ばれた5人の選手のうちの一人であることが発表された。その日本人ルーキーは、前回のアスレチックス戦で登板した時以来の負けだった。ダルビッシュは、6月7日にアスレチックスに負けて以来3連勝で、防御率3.13、29奪三振だった。日曜日の試合前までで、本拠地でのダルビッシュは7勝0敗、防御率3.45だった。

「それぞれの登板の時が、良い投球だったとは思っていない」ダルビッシュは言った。「負けていた試合もいくつかあったと思うけど、打者が僕を助けてくれて、リリーバーが僕を助けてくれた。それがあって、結果が残せているんだ」

ダルビッシュは、6月15日にアストロズ線に勝利した時と、6月6日にインディアンズに負けた時にも11個の三振を奪っている。彼は今シーズン、R.A.ディッキーと並んで5回の二桁奪三振を記録している唯一の投手だ。

参考記事:Darvish fans 11 but drops duel against A's By Christian Corona / MLB.com | 7/1/2012 11:45 PM ET
http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_07_01_oakmlb_texmlb_1&mode=recap_home&c_id=tex&partnerId=rss_mlb

テキサス・レンジャーズの日本から来た60百万ドルの男、ユウ・ダルビッシュは、アメリカンリーグトップの勝利数(10勝)と4位の奪三振数(106)でありながら、オールスターに選ばれるに値しないと金曜日に言った。

アメリカンリーグとナショナルリーグの両チームは日曜日に発表される予定で、レンジャーズのロン・ワシントン監督は、他のメジャーリーグチームの監督、そしてリーグオフィシャルとも相談して、選ばれた投手たちに連絡するだろう。

「個人的に、オールスターに選ばれると思うか?って聞かれたら、僕はそう思わない」ダルビッシュは金曜日に通訳を通して言った。「オールスターの試合で、僕が先発するなんて話もあるけど、僕はそんな事はあり得ないと思う」

ワシントン監督は、レンジャーズから二人の投手をオールスターチームに選ぶ可能性がある。レンジャーズにはダルビッシュの他に、金曜日夜のオークランド戦でアメリカンリーグトップの11勝目に挑むマット・ハリソンがいる。

もしハリソンが勝てば、彼はニューヨーク・メッツのR.A.ディッキーに並んでメジャーリーグでトップの勝利数になる。

より選ばれるに値する誰かを差し置いて、もしチームに選ばれることがあるようならば、それは良くないことだとダルビッシュは言った。

「僕が日本人で、1年目で、ここに来るにあたってテキサス・レンジャーズがたくさんのお金を費やしたっていうのがあると思う」彼は言った。「僕がオールスター候補だって言うのは、僕が誰かとか、どこから来たのかっていうのをメディアが取り上げすぎていて、それで作り上げられたんじゃないかって思う」

レンジャーズは、ここ2年のオールスターゲームで、最低でも1名の投手を出してきた。昨年はアレクシー・オガンドとC.J.ウィルソン、2010年はネフタリ・フェリスが選ばれている。 

参考記事:Yu Darvish: I'm not an All-Star By Calvin Watkins | ESPNDallas.com
http://espn.go.com/dallas/mlb/story/_/id/8113873/2012-mlb-all-star-game-texas-rangers-pitcher-yu-darvish-think-deserves-all-star-nod  

無題この暑さは、レンジャーズが冬に彼と契約した時に、懸念されたものだった。その時のダルビッシュは、それはあまり気にならないといった。そして火曜日の夜、彼はそれを証明した。

「チームメイトは僕に、暑さはこんなもんじゃないよって言っていた」ダルビッシュは言った。「最初にマウンドに行った時、本当に暑かったけど、我慢出来ない程ではなかった。日本ハムの二軍がやっている所も、本当に暑い所だから。暑かったけど、どうしようもないほどではなかった」

今シーズンのボール・パーク・イン・アーリントンで、試合の時の気温が38度を超えたのは、ダルビッシュには初めての経験だった。彼はそれを経験したが、レンジャーズの球場で一発で負けた経験は、まだ無い。

火曜日の夜、レンジャーズは7-5でタイガースに勝利し、ダルビッシュは本拠地で7連勝目を飾った。また39,561人の観衆が、40度を超える気温に関係なく、本拠地でのダルビッシュの成績が7勝0敗、防御率3.45になるのを目撃した。

「彼は暑さを上手く乗り切った」レンジャーズのロン・ワシントンは言った。「120球、130球、140球でも、彼はこれまで投げてきた。マウンドでの彼の振る舞いを見れば、彼が自分自身のペースを作り方を知っているのが解る。彼は自分が何をすれば良いのかを解っている。彼はそこに行って、ただ困り果てているのではない。6回が終わった後、私は彼に感じはどうかと聞いたんだ。彼は問題ないって言った。彼は暑さを上手くコントロールした。その影響を受けなかった」

レンジャーズは、タイガースの先発ドリュー・シミリーから4点を奪う4回まで、3-1で負けていた。レンジャーズはイアン・キンズラーとジョシュ・ハミルトンのホームランを含む10安打だった。しかし一番大きかったのは、得点圏にランナーがいる場面で8打数4安打だったことで、レンジャーズはここ11試合で9勝になった。アメリカンリーグ西地区でエンジェルスからのリードを4.5ゲームに広げた。

「僕たちは前半戦を良い形で終えたい。前半戦がとても良かったわけではないから」ハミルトンは言った。「誰でも、どんなことでも、今の時点で良くなるのは歓迎すべきことだ。休みが入る前の今の時期は特にそうだ」

ダルビッシュは7回を投げて被安打4、4失点、与四球1、10奪三振で、今シーズン15回の先発で10勝4敗、防御率3.57になった。彼はチームメイトのマット・ハリソンとレイズのデビッド・プライスと並んでリーグ最多の勝利数になった。15先発での106奪三振は、アメリカンリーグ西地区で5人しかいない100奪三振以上の投手の一人だ。

「そう。だけどフォアボールの数もリーグトップだから」ダルビッシュは言った。

彼はリーグトップの与四球数で、その数は50だ。「彼のファストボールのコントロールは、凄く良いようには見えない。だけど次の球が良くて、彼はそれらを重要な場面で使うことができる」タイガースのジム・リーランド監督だ。「彼は、良いメジャーリーグピッチャーだ」

最初のイニングのダルビッシュは、コントロールに苦しんだ。彼は先頭打者のオースチン・ジャクソンに四球を与えた。次のクエンティン・ベリーを三振に取った後、ダルビッシュが投げた球はミゲル・カブレラのヘルメットに当たった。プリンス・フィルダーが、2点タイムリー二塁打を放ち、彼に代償を払わせた。ダルビッシュは50個与えた四球のうち、12個を1回に与えている。

「最初の回にそうなっているのは、本当に良くないと思っている。僕は最初の回から、調子よく行きたい」ダルビッシュは言った。

彼は4回の先頭打者のフィルダーにホームランを打たれたが、その晩対戦した最後の14人の打者のうちの12人をアウトにとった。レンジャーズがリードを与えてからのダルビッシュは、本当に危なげなかった。

「彼は良かった」キャッチャーのヨービット・トレアルバは言った。「最初の回、ちょっと不安定なところがあった。2回から、彼は落ち着いて、本当に良かった。1回については、彼は少しだけ力んでいた。僕は彼を落ち着かせようとした。最初のイニングの後も2点与えたけど、僕たちはいくつか修正した」

「彼は最初の2イニングの後で、いくつか修正してきた。ストライクが多くなった」タイガースのキャッチャー、アレックス・アビラは言った。「彼がカーブボールでストライクを取るようになって、本当に厳しかった。だってスピードがぜんぜん違うんだ。70マイルから94マイル。大きな違いだ。彼はそれからいろんな球を投げてきた。そして彼は最初の2イニングの後、全ての投球でストライクを取ることが出来た」

ダルビッシュは113球を投げた後、ブルペンに後を託した。その時のレンジャーズ球場の気温は37度あったが、それでも彼はまだ、問題なかった。

「彼は試合が進むに連れて良くなったように見えた」ワシントンは言った。「彼らは早くに点を取ったけど、彼はストライクゾーンに投げ続けた 。ファストボールが有効になって、変化球がもっと有効になった。彼が試合を作ったから、私たちは点が取れた。彼は素晴らしい仕事をした。試合が進むに連れて、彼は試合にあわせて、いろんな球を投げるようになった。今夜の彼は、的確だった」

参考記事:Darvish finishes strong, notches 10th win By T.R. Sullivan / MLB.com | 6/27/2012 1:23 AM ET
http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_06_26_detmlb_texmlb_1&mode=recap&c_id=tex&partnerId=rss_tex  

↑このページのトップヘ