レンジャーズのオールスター三塁手のエイドリアン・ベルトレと投手のダルビッシュ有は、有望だったシーズンが、彼らの周りで崩れるのを見ている。

オールスター休暇前を8連敗で終えたレンジャーズは、38勝57敗でアメリカンリーグ西地区最下位である。しかしベルトレは、ア・リーグトップの打率.337、13本塁打、51打点で、17先発したダルビッシュは、8勝5敗、防御率2.97、142奪三振で休暇を迎えた。

彼らは、異なる解決方法でアプローチしている。以下は、彼らが語ったことである。
 続きを読む