カテゴリ: 珍プレー 好プレー

月曜日、アロルディス・チャプマンがシーズン初セーブに失敗し、ナショナルズ対レッズ戦は延長に突入した。12回裏にワシントンは、2アウトでランナーを両コーナーに置いた場面で、ウィルソン・ラモスが、センター方向へ痛烈なライナーを放った。

ラモスが、チームにサヨナラ勝ちをもたらしたように見えたが、二塁手のブランドン・フィリップスは、違うことを考えていた。
 続きを読む

日曜日に行われたパドレス対ロッキーズ戦の3回ノーアウト、ランナー1,2塁の場面で、パドレスの外野手カルロス・クエンティンは、守備が上手いロッキーズの三塁手ノーラン・アレナドへゴロを放った。その結果は、最終的にトリプルプレーとなった。
 続きを読む

月曜日の午前中にメッツは、3回連続で先発投手の役目を果たせなかった右腕のジェンリー・メヒアをブルペンに移すと正式に発表した。仲間の右腕ラファエル・モンテーロが、彼のローテーションの位置に入ることになる。
 続きを読む

ニューヨーク・メッツのルーベン・テハダが打ったファールフライを、トレバー・タカスは3フィートの高さのフェンス腰にバックハンドでグローブを差し出し、そしてスタンドに転げ落ちた。
 続きを読む

ジャイアンツのパブロ・サンドバルは、フリースインガーである。それは悪いことではない。それが彼にあっているのは、コンタクトが上手く、キャリアを通して安定して三振率が低いからだ。

しかしサンドバルは時々、フリースインガーすぎることもある。火曜日夜の彼の努力を見てみよう。 続きを読む

土曜日のカージナルスはカブスに3対0で負けたが、ヤディエル・モリーナは、ファウルチップによる3つめのストライクを死守することで、彼のチームを盛り上げた。キャッチャーのベストな方法に反してモリーナは、ボールをミットでつかむことをしなかった。代わりに彼は、個人的には強烈な痛みに襲われながら、それを太ももで受け止めた。

どうぞ、見て欲しい。 続きを読む

外野を仕事場としている他の選手たちと同じ様に、ナショナルズのケビン・フランドセンは時折、壁から跳ね返ったボールを処理する仕事をしている。そしてこの映像を見てもらえば、フランドセンが、目を使うことなく、ボールと壁と話しをしながらプレーする能力があることが分かるだろう。続きを読む

↑このページのトップヘ