カテゴリ: メッツ

今日の午後、カージナルス戦のマウンドに上った松坂大輔は、彼が先発5番手に相応しいとメッツの幹部に思わせる最後のチャンスであることを知っていた。

今回の先発の前に、彼にとって不幸な結果が出ていてもおかしくなかった松坂は、メッツが5対3で勝利したその試合で6人のランナーを許したものの、6イニングをわずかに1失点に抑え、5つの三振を奪った。
 続きを読む

ジェンリー・メヒアは、今年のスプリング・トレーニングで、できることのすべてをやってきた。それでも彼の行き先は、最終的にラスベガスになるのかもしれない。24歳の彼は、シーズンオフに肘のクリーニング手術を受けた後、他の選手よりも早い1月5日にフロリダ入りした。そして今春、良い投球を続けてきた彼は、まだオーディションが続いていたかも知れない日曜日を、最高の先発で終わらせることができた。
 続きを読む

トラディション・フィールドあるニューヨーク・メッツのクラブハウスには、5つのロッカーが並んでいる場所がある。そして偶然か、そうでないのかは分からないが、そこはバートロ・コロン、ジョン・ニース、ディロン・ジー、ザック・ウィーラー、そしてジェンリー・メヒアのローテーション候補で埋められている。
 続きを読む

右腕の松坂大輔は、ニューヨーク・メッツの先発5番手の最有力候補としての地位を、一層強いものにした。彼はまた、ダン・ワーゼン投手コーチが使ったアジア人差別に対するコメントを最小限にすることで、投手コーチをかばった。

続きを読む

月曜日午前のニューヨーク・メッツのクラブハウスで、私はジェフ・カトラーと話していた。30歳の彼はボストン郊外生まれの日系アメリカ人で、日本人投手、松坂大輔の通訳をしている。

私たちが何気無く、アメリカのアジア・コミュニティについて話しをしていると、後ろから声が聞こえた。 
 続きを読む

mets-daisuke-matsuzakajpg-569de011ac5af429
メッツの先発5番手争いの先頭を走る2人は、今日のオープン戦の登板で、何かしらの得るものがあった。

松坂大輔は、グレープフルーツ・リーグのカージナルス戦に先発して2回を投げ、自責点1の2失点だったが、3つの三振も奪った。
 続きを読む

↑このページのトップヘ