カテゴリ: メッツ

松坂大輔が、日曜日のメッツのダブルヘッダーの2試合目に先発する。アリゾナ・ダイヤモンドバックスは、誰が先発するのか、まだ決定していない。ブランソン・アローヨが1試合に先発して、もう1試合は、マイナーリーグの投手がコールアップさせる見込みだ。
 続きを読む

田中将大の前は、松坂大輔だった。

その前にも、日本人投手はいた。1995年に野茂英雄は、米国へ来る日本人投手の先駆者となった。しかし松坂のような投手は、1人もいなかった。51百万ドルのポスティング・フィーと52百万ドルの契約、話題となった「ジャイロボール」、彼の動きのすべてを取材するかなりの数のメディアなど、2007年のボストン・レッドソックスへの松坂の入団は、確かに国際的なイベントだった。

続きを読む

月曜日の午前中にメッツは、3回連続で先発投手の役目を果たせなかった右腕のジェンリー・メヒアをブルペンに移すと正式に発表した。仲間の右腕ラファエル・モンテーロが、彼のローテーションの位置に入ることになる。
 続きを読む

ジェンリー・メヒアを取り巻く長期的な立場に対する疑問が渦巻き始めた中で、テリー・コリンズ監督は、24歳の彼をブルペンに動かす可能性を否定しないと発言している。そしてメヒアは、もし必要であればリリーバーに動くことを受け入れるだろうと発言しているが、彼に代わってローテーションを埋めるのは、必ずしも松坂大輔ではないかもしれない。
 続きを読む

メッツのブルペンに置かれるまで松坂大輔は、自分がリリーバーになるとは考えたこともなかった。それは、先発の準備にかかる時間、右肩を試合に挑めるように準備する時間が、掛かり過ぎるからだった。

つまりリリーバーとして、少ない準備時間で試合に入るのは、時間的に難しいと考えていたのだ。 続きを読む

水曜日夕方の松坂大輔は、メッツの試合を締める機会を楽しめたのかと聞かれ、笑顔を見せていた。テリー・コリンズ監督が、試合終盤を任せることができる選手として彼を十分に信頼しているとほのめかしたことに喜んでいた松坂は、ロスターにカイル・ファーンズワースとホセ・バルベルデというベテラン・クローザーがいることから、「近い将来にそれはない」と話していた。続きを読む

松坂大輔は、メジャーリーグキャリアでわずか3回しかリリーフ登板をしたことがない。そしてそのうちの2回が、今シーズンのメッツである。しかしテリー・コリンズは、もし必要であれば、彼はクローザーもできる能力があると考えている。
 続きを読む

↑このページのトップヘ