カテゴリ: メッツ

今回の先発の松坂大輔は、4回がすべてだった。2アウトからの3安打、3失点、そして相手の投手にさえタイムリーヒットを打たれた。それが終わった時、ローテーションの生き残りを賭ける彼にとって、望んだものでなかったのは明らかだった。
 続きを読む

木曜日は、メッツのリリーバー、カルロス・トレスにとっては良くない日だった。いつもはチームの頼りになる働き者のリリーフ投手である彼は、同点の12回に登板したが、被安打7、与四球1、4失点で試合を負けに導いてしまった。確かに、酷かった。

ウォータークーラーをひっくり返す、あるいは(もちろん、投げない方の手で)壁をパンチするよりもトレスは、頭を数回パンチすることで、自分を罰する選択をした。

その光景が、これである。 続きを読む

メッツは、5試合のうちで4勝、そして3連勝でフィラデルフィアを後にした。好調でリグレー・フィールドに来た彼らは、他に5試合で57イニング、20時間のマラソンシリーズの余韻も運んできて、そしてそれが彼らの負担になったとテリー・コリンズは語った。
 続きを読む

松坂大輔は、彼のローテーション復帰を長期的なものとは見ていないが、それはもっと前向きなものになるかも知れない。メッツは、ディロン・ジーの故障者リストからの復帰時期について、確実なものは持っておらず、新人のラファエル・モンテーロは、コントロールが安定するまで、マイナーから再昇格させない予定だ。
 続きを読む

スプリング・トレーニングにおけるポジション争いのほとんどが、結局は何にもならないとうことを証明する必要があるのなら、メッツのブルペンのケースを考慮するべきである。

ジェンリー・メヒアと松坂大輔は、そのチームの先発ローテーション枠の5番目を争うことに、6週間を費やした。メッツの決断は、オープン戦の最終戦まで長引き、彼らは、その争いを更に数日間延ばすために、松坂に100,000ドルを支払うことまでした。
 続きを読む

↑このページのトップヘ