カテゴリ: ジャイアンツ

ジャイアンツのパブロ・サンドバルは、フリースインガーである。それは悪いことではない。それが彼にあっているのは、コンタクトが上手く、キャリアを通して安定して三振率が低いからだ。

しかしサンドバルは時々、フリースインガーすぎることもある。火曜日夜の彼の努力を見てみよう。 続きを読む

ジャイアンツのマイナーリーグの外野手ダレン・フォードは、木曜日夜に行われた試合で、頭から壁に突っ込むという恐ろしいプレーを見せたが、大事には至らなかったようだ。フォードは、ファウルボールを追いかけてフルスピードだった。
 続きを読む

ビデオ判定のチャレンジをいつ使うのかという芸術性が、火曜日夜のチェイス・フィールドにおいて脚光を浴びた。

ジャイアンツのブルース・ボーチー監督が、本当に試合を左右する本塁での判定にチャレンジ権を使いたいと思った時、彼はすでに、他のプレーで判定を覆すことに失敗したために、それを失っていた。

続きを読む

今シーズンオフの話題の中心は、ヤンキースが7年155百万ドルで契約した日本人投手、田中将大だった。

そして日本メディアの大群は、過去20年間にメジャーリーグと契約した他の日本人選手と同様に、田中の一挙手一投足を日本に伝えている。

続きを読む

もしアメリカが本当にチャンスの国だと言うのなら、ライアン・ボーグルソンは米国チームにとって理想的な人物だ。

そのジャイアンツの右腕は、トロントのR.A.ディッキー、アトランタのクレイグ・キンブレル、そしてヤンキースのアンディ・ペティットらのスター選手に混ざって、ワールド・ベースボール・クラッシックの米国チームでプレーすると約束した。最終的なロスターは、木曜日に発表される。

わずか2年前、ボーグルソンはジャイアンツ・キャンプのロスター枠外の招待選手として、メジャーリーグ復帰を目指していた。それは日本と3Aで4年間を過ごしたあとだった。彼はそれに成功しただけではなく、その年にはナショナルリーグのオールスターチームに選出され、続く2012年はレギュラーシーズンで14勝9敗、そしてポストシーズンで4回先発して3勝0敗、防御率1.09をマークした。

「今の僕が歩んでいる道を考えると、それは5年前には決してできないと思っていたことだよ」ボーグルソンは米国チームでプレーする栄誉について月曜日に語った。「こんなチャンスをもらえるなんて、信じられない気分だ。チームに加わることができて、本当に、本当にうれしい」

ボーグルソンはWBC参加のオファーを受け入れるにあたって、自分自身の喜びよりも考慮したことがあった。

「可能な限りシーズンに向けてよい準備をするという、球団とチームメイトに対する僕の責任があるから 、とてもむずかしい決断だった」彼は言った。「一晩で決められるようなことではなかった」

ボーグルソンが最終的に決断したのは、下積みの数年間の経験が彼を助けると考えたからだ。毎春仕事を争うことは、彼にとって、年間を通して身体的なコンディションをピークに保つことにつながった。3月の米国チーム、そしてその翌月にレギュラーシーズンが始まるジャイアンツの両方が成功するためには、その経験を活かした35歳の身体的な回復が不可欠になる。

「それは僕にとって、目新しいことではない」ボーグルソンは言った。彼は1月下旬にマウンドで投げ始める予定だ。「これまでも、調整のためにスプリングトレーニングを使ったことは一度もない。去年までの僕が置かれていた状況は、1日目までに仕上げて、スプリングトレーニングを通してベストな投球をすることだったから」

3月17日〜19日にAT&Tパークで予定されているWBCの決勝ラウンドに米国チームが進めば、ボーグルソンは本拠地のマウンドで投げるかもしれない。WBCで投げるか否かを考えたなかで、その可能性が参加すると決断した理由の一つであると彼は認めた。

ボーグルソンは、WBCの米国チームに参加する二人目のジャイアンツ選手になる。2006年には、外野手のランディ・ウィンが米国チームに参加した。

参考記事:Vogelsong to join Team USA for 2013 Classic By Chris Haft / MLB.com

↑このページのトップヘ