カテゴリ: ブルワーズ

ビリー・ビーンは、オークランドを厳しい予算で運営することに慣れている。そしてそのアスレチックスのGMは、あるものを見た時に、それがバーゲンであることが分かる。
 続きを読む

それはミルウォーキーベンチの、奇妙で恐ろしい光景だった。ブルワーズのショート選手ジーン・セグラは、ライアン・ブラウンがホームダグアウトで振り回したバットが顔面に当たったことで、試合を後にした。

これがその光景である。 
 続きを読む

ウェイティング・サークルにライアン・ブラウンが足を踏み入れると、たくさんのヤジが飛ぶ。彼が打席に入っている間もその叫びは続き、彼がフライボールをキャッチすると、ブーイングが沸き起こる。

しかしブラウンは、決してたじろがない

彼には、その声が聞こえている。山になったブーイングは、個人の憎悪をかき消してしまうが、彼には、その憎しみの声が聞こえている。報復の声である。

しかし彼は、その人たちの目を見つめ、そんなことでは揺るがないと断言する。

続きを読む



水曜日のパイレーツ対ブルワーズの試合は、魅力的な対戦だった。メジャーリーグで一番の左投手、ピッツバーグのフランシスコ・リリアーノ対メジャーリーグで一番左投手に強い左打者であるミルウォーキーのリードオフ、ノリチカ・アオキの対戦だったのだ。

両選手ともに、成績は素晴らしいものである。リリアーノは水曜日までで、左打者に対するOPSを.336におさえており、これは球史上もっとも低いものである。そしてアオキは水曜日までで、左投手に対する打率は.340で今シーズンのメジャーリーグの左打者で1位である。さらに.388の出塁率は、ツインズのキャッチャー、ジョー・マウアーの.394に次いで2位だ。

サウスポーに対するアオキの成功は、学ぶスキルにある。

「プロに入って1年目だったと思うけど」アオキは通訳のコウスケ・イナジを通じて語った。「僕は左打者だったけど、出場機会を得るためには左投手でも打たなくてはならないと言われた。だからどうすれば打てるのかを考えた。その時からだね」

日本で3回の首位打者に輝いたアオキは、その秘訣を明かさなかった。彼は「言いたくないんだけど、右と左では対戦する時に考えることが違うんだ」

水曜日のブルワーズの先発メンバーの中で、アオキは唯一の左打者だった。

彼は右投手に対しては、同じような結果を残せていない。水曜日までの右投手に対する打率.263は、彼の打率.287を下回るもので、出塁率は.352である。彼の成績は驚くほど昨シーズンとそっくりで、その時のアオキは、.288/.355/.433、81得点、30盗塁で、ナショナル・リーグ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票で5位に入った。

しかし水曜日に、今シーズン全体のことについて聞かれたアオキは、「数字的には悪くないと思うけど、もっとできると思う」と言った。

アオキの契約には、2014年の1.5百万ドルのチーム側のオプションが含まれており、ブルワーズは行使することがほぼ確実である。彼らはワールドシリーズが終了後5日以内に、それを正式にしなくてはならない。

「なにも聞いていない」そう言ったあとにアオキは微笑んだ。「契約のことで今心配なのは、来年の家の契約なんだ。チームが僕と契約してくれるのかによって変わるからね」

参考記事:Aoki gains success vs. lefties by differing approach By Adam McCalvy / MLB.com

54

ブルワーズのライアン・ブラウン外野手は月曜日、メジャーリーグの薬物予防と治療プログラムに違反したと告白し、2013年のシーズンの残りを給与なしの出場停止処分となった。

「過去にも認めたように、私は完璧ではありません」ブラウンは、MLBが発表した声明で述べた。「いくつかの間違いを犯したことで、今そのことを痛感しています。私は、そのことが招いたこの結果を、進んで受け入れます。この状況は、私と私の家族にはつらいものであり、そしてチームメイトとブルワーズ球団には、混乱を与えました。私は選手、オーナー、そしてミルウォーキーと全国にいるファンからのサポートにとても感謝しています」

「最後に、ミルウォーキーとすべての野球ファン、素晴らしいブルワーズ球団、そしてチームメイトらの失望させてしまった人たちに、私は謝罪します。これを最後に、この問題が解決することを私は喜んでいます。そして私は、愛する野球に一刻も早く戻りたいと思っています」

MLB上級副社長のロブ・マンフィールドは「私たちは、ライアンが過去の行為について責任を取ったことを、喜ばしく思っています。この問題を解決することが、野球にとって最大の利益になると、私たち全員が確信しています。ライアンが戻ってきた時に、グラウンドの内外でメジャーリーグに貢献してくれることを楽しみにしています」と語った。

「私はライアンが取ったこの勇敢な行動を見て、本当に満足しています」MLB選手会の常任理事であるマイケル・ウェイナーは言った。「これは、薬物プログラムの下にいるすべての選手に要求されるものです。ライアンがすぐに戻ってきて、グラウンドの内外で彼が素晴らしい仕事を続けることができるのは、球界にとって喜ばしいことです」

5度のオールスター出場、2007年のナショナル・リーグ・ルーキー・オブ・ザ・イヤー、2011年のナ・リーグMVPであるブラウンは、チーム歴代最長となる2020年までの契約の真っ只中である。彼は2014年に、10百万ドルを受け取る予定だ。

ブラウンの問題は、2011年10月19日に始まった。それはダイヤモンドバックスと対戦したブルワーズのナ・リーグ地区シリーズ第1試合の後に採取された彼の尿サンプルで、合成テストステロンの値が陽性だったと判明したときだった。12月にESPNがその話を伝え、ブラウンは50試合の出場停止に直面したが、彼は弁護士とともにその処分を覆すことに冬の時間を費やした。

2012年2月23日、ブルワーズのスプリングトレーニングが始まった日、ブラウンは仲裁委員会によって、出場停止を覆した初めてのメジャーリーガーとなった。彼の法律チームは、ブラウンのサンプルの取り扱いの不適切さによって勝利した。それはFedEXによって、即座に検査所まで発送されていなかったのだ。

当時の声明でブラウンは、勝利について「私の名前と評判を回復する第一歩である」と言ったが、その裁定に対するメジャーリーグの反応は、迅速だった。

「薬物テストプログラムの一環として、コミッショナー事務局と選手会は、中立的な第三者委員会で裁定することに同意しました」マンフィールドは声明で述べた。「私たちは、そのプロセスを常に尊重していますが、メジャーリーグは仲裁人のシャム・ダスによって今日提出された裁定に、激しく反発しました」

5月、ダスはMLBによってその職を解かれ、今回のバイオジェネシスのケースを主導する63歳のフレデリック・ホロウィッツに入れ替わった。6月になってMLBとMLB選手会は、薬物プログラムを修正して、サンプルの採取人の検体の輸送方法と、輸送前のサンプルの保存方法をより明確にした。

一方のブラウンは2012年も好調を維持し、ブルワーズの162試合中154試合に出場し、シーズン序盤の不調を覆し打率.319、ナ・リーグトップの41本塁打、108得点、トータルベース356、OPS.987を記録した。彼はジャイアンツのバスター・ポージーに次いでナ・リーグMVP投票の2位となった。投票した人の中に、彼を3位以下とした人はいなかった。

1月下旬にバイオジェネシスの話がスクープされ、マイアミ・ニュータイムスはアンソニー・ボッシュのメモ帳の内容を公開した。それにはヤンキースのアレックス・ロドリゲス、ブルージェイズのメルキー・カブレラ、レンジャーズのネルソン・クルーズを含んだ複数のメジャーリーガーが関係していた。ニュータイムスはその時、ブラウンの名前を掲載しなかった。それはブラウンが、禁止薬物と関係があると明らかでなかったからだった。

しかし2月5日にYahoo!スポーツが、ブラウンについて3か所で触れられている文書を暴露した。1か所ではブラウンの名前が明記してあり、次には「RB 20-30K」と書かれていた。Yahoo!によれば、ボッシュは他の選手でも似たような表記をしていて、受け取った金額をリストにしていた。しかし金額は、ほとんどがもっと低いものだった。

Yahoo!が伝えた他の実例では、ブラウンの名前は、ボッシュからカブレラとクルーズの代理人をしていたホワン・ヌネスに送られた手紙に登場していた。その日付のない手紙には「ブラウンが得ている行為」について言及されていた。

その数時間後、ブラウンは釈明した。彼の弁護士は、ボッシュは、ブラウンの裁判についてのコンサルタントにすぎないと言った。

「ボッシュと仕事の報酬に対する議論がありました。私の弁護士と私の名前が、"支払額"のところに名前があり、リストの他に名前がないのは、それが理由です」29歳のブラウンは言った。「私に後ろめたいことはないし、ボッシュと他の関係は一切ありません。私はこの問題に関するどんな質問にも、全面的に協力します」

ブルワーズがピッツバーグでパイレーツ戦だった6月29日に、ブラウンはMLBの調査員と会ったが、報道によれば、彼は協力しなかった。ニューヨーク・デイリー・ニュースは、バイオジェネシスと関係がある他の10人以上の選手もまた、調査に協力していない。

しかしボッシュは、マイアミ・ニュータイムスに、報道のきっかけとなった書類を提供したバイオジェネシスのかつての関係者のポーター・フィッシャーと同様に、メジャーリーグの調査に協力した。
 
グラウンド上では、2013年はブラウンにとって、ケガだらけのシーズンになっている。彼はシーズン序盤に首の張りで欠場し、夏の間は右の親指の神経の炎症に悩まされている。彼は6月9日から7月9日まで故障者リスト入りし、その後家族の健康の問題でロサンゼルスの家に戻ったことで、オールスター休暇前のブルワーズの最後の4試合を休んでいた。 

参考記事: Braun suspended for remainder of season By Adam McCalvy / MLB.com

201307011926699793391-p5

これまでに伝えられていたこととは違う、そして7月31日のノンウェーバー・トレード期限に関係がある話として、ブルワーズの外野手ノリチカ・アオキは、現在の契約が終わる今シーズン、あるいは来シーズン終了後にフリーエージェントになる可能性がある。

これまでチーム関係者がMLB.comに話していた所では、2013年までで、2014年は1.5百万ドルのオプションであるアオキの2年契約には、契約が終了してもブルワーズが彼をリリースするという文言は含まれていなかった。その場合は、ブルワーズが'14年のオプションを行使(アオキの米国での成功とリーズナブルな金額を考えるとほぼ確実)しても、調停の権利を得るまでには2015-17年の3年待つ必要があり、その間はブルワーズに保有権があるはずだった。

しかしアオキの代理人CAAスポーツのネズ・バレロによれば、そんなことはなく、彼とブルワーズのゴード・アッシュ・アシスタントGMは月曜日、契約の文言について再確認したと語った。そしてアオキはブルワーズがオプションを行使するしないに関係なく、その契約が終了すれば完全なフリーエージェントになると明記してある。

それはアオキのように日本から米国にきた選手には、普通の内容である。アオキは東京ヤクルトスワローズで3回首位打者に輝いていた。チームは2011年12月にアオキに入札し、2.5百万ドルで交渉権を獲得し、その後2年2.5百万ドルプラス出来高で契約を結んだ。

31歳のアオキは、月曜日の試合前で打率.284、出塁率.362、43得点、9盗塁だ。遅くても1年半後にフリーエージェントになること、そしてトレード期限までにブルワーズが売り手にまわることを考えれば、アオキは有力なトレード候補だ。ブルワーズのダグ・メルビンGMはすでに、右腕のジョン・アクスフォードとフランシスコ・ロドリゲスを含めたリリーバーのトレードの可能性を明言しており、将来に向けた動きを取ることを示唆している。

ブルワーズは、外野手のプロスペクトが充実している。それには、メジャーリーグの控え選手として開幕を迎え、現在はレフトのライアン・ブラウンが故障者リスト入りしたことで代役を勤めているローガン・シャッファー、そして3Aナッシュビルのクリス・デイビス、カレブ・ジンディ、そしてジョシュ・プライスといった選手が含まれる。デイビスとジンディは、MLB.comが選出したブルワーズのトップ20プロスペクトに入っており(デイビス14位、ジンディ16位)、他に2Aハンツビルのケントレイル・デイビス(19位)、アドバンスド1A ブレヴァード・カントリーのミッチ・ハニガー(10位)、そして1Aウィスコンシンのビクター・ローシュ(7位)とタイロン・テイラー(13位)がいる。

参考記事:Aoki will be free agent at end of current contract By Adam McCalvy / MLB.com

16外野手のノリチカ・アオキは、ブルワーズの長い遠征が続く今週、厳戒態勢で挑むことになる。彼の妻サチが、数日中に第2子を誕生させるからだ。

「もうすぐ」アオキは言った。

彼女の予定日は木曜日で、ブルワーズは3都市を巡る遠征の最後になるヒューストンで午後に試合の予定だ。サチはすでに母親と伴にミルウォーキーに戻った。もし彼女の出産が遠征中ならば、アオキは彼女に付き添うために戻る予定だ。

二人にはエミリーという名前の娘がいる。そして今回は、男の子の予定だ。

「いつも気になっている」アオキは通訳のコウスケ・イナジを通して語った。「ロン(・レーニキー監督)が、グラウンドにも携帯持っていけって冗談を言うんだ。打席に携帯持って行こうかと思った」

アオキは微笑みながら、片手で左耳に架空の携帯を当てながら、打撃をする姿をやってみせた。

「試合に出て、チームの役に立ちたいと思っているんだけど、妻も外国で、そんなに英語分からないんだ」アオキは言った。「生まれる時は、彼女のそばにいようと思っている」

もうすぐだ。

「今日父の日だから」アオキは言った。「今日だったらって」

参考記事: Aoki, wife expecting baby any day now By Adam McCalvy / MLB.com

↑このページのトップヘ