カテゴリ: ブルージェイズ

mlb_g_kawasaki11_200トロント・ブルージェイズの新しいショート選手ムネノリ・カワサキは、
打席でするべきことを十分理解しており、守備に関するすべてのことに熟達している。そして彼の止まらない勢いと情熱、そして野球の本能は、眼を見張るような肉体持たない彼を補っている。

そして確かなことがある。その男は、踊るのだ。

31歳のカワサキは最近、チームの専用機で新しいダンスを披露した時、たくさんの笑いを引き起こした。本拠地での6連戦のうち4試合を落としたところだったブルージェイズは、彼のおどけた姿でムードが明るくなった。社交的、そして少し変わった性格で瞬く間にクラブハウスの人気者になったカワサキにとって、それは特別なことではない。執拗なほどの試合前のストレッチの一部として、逆立ちをしながらいろいろな方法で体中を動かす彼の姿を見るチームメイトは、笑いに包まれる。そして試合の間ずっとダグアウトから叫ぶ姿は、たとえ彼がなにを言っているかよく分からないとしても、チームメイトにさらなる笑いを引き起こす。

「彼は一服の清涼剤だ」トロントのジョン・ギボンズ監督は語った。「彼は雰囲気を良くしてくれる。勢いをつけてくれる。それに楽しませてもくれる。英語があまり話せなくて、アメリカに来てから間もないのに、選手は彼に惹きつけられる。彼のキャラクターにね」

カワサキがクラブハウスをより楽しませ、そしてその光景に馴染むほど、彼がホセ・レイエスではないという事実が、みんなの心をよぎる。そして順位表を見たブルージェイズは、現実に引き戻されてショックを受ける。

2013年のポストシーズン進出へ向けて冬の間に大補強をおこなったジェイズは、レイエス、マーク・バーリー、ジョシュ・ジョンソン、R.A.ディッキー、エミリオ・ボナファシオ、そしてメルキー・カブレラを獲得したが、彼らは9勝14敗と苦しいスタートとなった。彼らのチーム打率は.224で、得点圏打率は.197だ。ホセ・バティスタは5本塁打と4本のシングルヒット、そしてJ.P.アレンシビアとコルビー・ラスムスは、三振数でリーグの上位を走っている。ジェイズはリーグ最多の16失策を喫し、ダブルプレーはリーグ最低の14個、そして彼ら自慢の先発ローテーションは、5勝8敗、防御率5.34だ。

ジェイズの運命は、最終的に彼らの忍耐力で決まるだろう。彼らは守備の要で、打線に勢いを与えるリードオフ選手で、チームを引っ張ることを期待された選手がいない中で、3か月の現実をチェックする初期の段階にいる。

レイエスのシーズンは残念なものとなり、予期しない方向へ進んだ。それは4月12日の夜のカンサスシティで、セカンドへのスライディングを失敗した時だった。テレビカメラは、レイエスがカートに乗せられてグラウンドを去る前に、彼の頬に涙が伝わる姿を映しだした。その後のMRI検査で足首の重度の捻挫が判明したレイエスは、オールスター休暇明けまで戻ってくることができない。そのニュースにジェイズは、少しだけ安心した。手術をすれば、シーズン全休になる可能性があったからだ。

レイエスのチームメイトの最初の反応は、ショックだった。そして全員が、「これからどうなるんだろう?」と思った。

トロントの勇敢なGMアレックス・アンソポウロスは、その状況を切り抜けるための動きを模索した。代わりのショート選手として予想されたのは、ミルウォーキーのアレックス・ゴンザレスとユニエスキー・ベタンコート、そしてアトランタのポール・ジャニッシュとテイラー・パストニッキーだった。

アンソポウロスはトレードの可能性を決して諦めなかったが、その時点でジェイズがインパクトのある動きをするチャンスは少なかったと認めた。

「4月にトレードをするのは難しい」アンソポウロスは言った。「シーズンは始まったばかり。彼らは自分たちの選手を見極めたい。そしてシーズンが始まった時に、ショート選手は豊富なポジションではない。良い打撃をするそのポジションの選手は、すでにオールスターになっている。内部の選択肢よりも、良い選手が誰かいたかい? もしいたとしても、それはわずかに良いに過ぎなかっただろう。それに、失うものも考えなくてはならない。今回のケガは短期的なものなので、それはあまり大きな問題ではない」

チームは、軸になる選手の深刻なケガの現実と心理的なダメージに、完全に準備することは決してできない。2011年の5月、サンフランシスコのキャッチャー、バスター・ポージーは、マーリンズのスコット・カズンズとホーム付近で激突して、キャリアを危ぶまれるほとのケガを負った。その時5割を6ゲーム上まっわっていたジャイアンツは、8月までナ・リーグ西地区の1位をキープした。しかし彼らはその後勢いを失い、アリゾナに8ゲーム差の地区2位で終えた。彼らはポージーがいた時は27勝21敗で、彼がケガをしてエリ・ホワイトサイドとクリス・スチュワートがキャッチャーのポジションを分けたあった後は、59勝55敗だった。

サンフランシスコでプレーしていたトロントの内野手マーク・デ・ラ・ロサは、ケガによってスター選手の不在が長くなった時、チームはそれを段階的に受け入れると言った。

「初めは、選手のことを思う。戻ってくるためにリハビリや精神的な苦難があるから」デ・ラ・ロサは言った。「それから、チームのことが心配になる。彼らがチームになにを意味するのかを実感することになるから。一番きついのは、ホセやバスターが松葉杖を使ってクラブハウスを歩いている姿を見ることだね。彼らは、チームが成功するために欠かせない選手であることが分かっているから」

「最初の2,3日は厳しいけど、シーズンが進むに連れて、彼らが帰ってくるのが楽しみになる。この世界には、必要なことだ。ラインアップが変わっても試合は続く。時間は止まらないし、前に進み続けなくてはならない。忘れる以外の選択肢はないんだ」

ジェイズには、一時的な代わりのショート選手になれる選手が何人かいた。マイセル・イズタリスの、ベストポジションはセカンドだが、キャリアで164試合ショートで先発出場している。そしてボナファシオはメジャーで81試合をショートで先発している。

ギボンズは、ショートのポジションを複数の選手で分け合うことを嫌った。それは継続性が必要なポジションだからだ。ショート選手は守備の要で、毎晩ラインアップに違う名前が書いてあると、流れを保つのが難しくなる。

mlb_g_kawa88_cr_300カワサキは、メジャリーグ経験の足りなさを埋めるだけの国際試合の経験を持っている。彼は2006年と2009年のワールド・ベースボール・クラッシックに出場し、2008年の北京オリンピックに出場し、日本の福岡ソフトバンクホークスで8回オールスターに選ばれ、2回ゴールドグラブに輝いている。61試合の出場で打率.192だった昨シーズンのカワサキは、シアトル・マリナーズを放出された。そしてトロントのアシスタントGMであるアンドリュー・ティニッシュはスプリング・トレーニングで、選手層を厚くするために彼の名前を挙げた。彼は3月中旬にマイナーリーグ契約を結び、トロントの3Aバッファローでシーズン開幕を迎えた。

レイエスが好調なスタート(38打数15安打、打率.395)をきったリードオフのポジションで、カワサキとボナファシオ、そしてラジャイ・デービスは、合わせて54打数10安打(.185)だ。しかしカワサキは、バントとヒット・エンド・ラン、そしてきわどい球を見極める能力を見せて、スモール・ベースボールができることを証明した。彼は少ないデーターではあるが、1打席あたり平均4.61球を投げさせている。

ブルージェイズがレイエスの不在を乗り越えようとしているのなら、大物選手たちはその穴を埋めるために、彼ららしい試合をしなければならない。それはバティスタ、エドウイン・エンカーナシオン、ラスムス、アレンシビアがより多くのパワーを発揮して、ブレット・ローリーとカブレラは、エネルギッシュなプレーとより多くのライナーを打つことを意味する。

ギブソンは、最近の2試合で退場となることで、チームを引き締める姿勢を見せた。そして彼は、苦難を切り抜けることが必要なこのチームを、コントロールするのに適任に見える。簡単に言えば、彼はジェイズですでに一度クビになっている。なので彼は、スロースタートとレイエスのケガという二重の苦難に対してパニックに陥ることはない。

「こんなことがおこった最初のチームだったのなら、ちょっと違ったかも知れないけど」ギボンズは言った。「だけどこれも野球の一部だ。ヤンキースを見てみなよ。誰も、実力通り打っていない。だけど彼らは、良い野球をしている。良いチームはそれを乗り越える。ホセが中心選手の一人なことは疑いようがないけど、シーズンが進む中で、私たちはそれを生き残るための方策を考えなくてはならない。”厳しい"などと考えてはならない。

ジェイズのロスターには、ポストシーズンの経験が豊富な選手はいない。しかしダレン・オリバー、ディッキー、バーリー、デ・ラ・ロサ、そしてバティスタは、長いシーズンにチャレンジするだけの十分な経験を持っているようにみえる。

「これまでに、その経験がある多くの選手がうちにはいる」バティスタは言った。「彼らには初めてのことではない。うちは全体的に、より完成されて成熟したチームになった。そしてこれまでに僕がプレーしていたチームとは、まったく違うものになった。困難を跳ね返すだけの力を持った選手が揃っている」

その小柄なショート選手は、その中にフィットしている。トロントのファンは、カワサキの異文化の魅力をすぐに気に入り、彼らのお気に入りの一人にした。ファンは試合の間を通して、彼の名前を叫んで応援し、そして球場のおみやげ屋では、彼のユニフォームを探している。彼はわずかなチャンスであっても、ファンの顔を笑顔にするまれな能力を持っている。打率.203のメジャーリーガーである彼は、その動きのなかで、彼が生き残る道を見つけた。

「ある日僕が三塁で、彼がショート、そしてマイセル・イズタリスがセカンドで、投手交代があったんだ」デ・ラ・ロサは言った。「理解するのが、少し難しかった。この広い世界で、僕たちみたいな3人が集まって、どうやって話をするんだ?」

ホセ・レイエスがいない中で、どんなことでも起こる可能性がある。現在のマウンド上で話をするのは、アイビー・リーグ出身の三塁手、ベネズエラ人の二塁手、そして日本人ショート選手だ。もしジェイズが不安定なスタートを生き残り、20年間で初めてのプレーオフ進出を果たすのなら、10月の彼らはそこで大笑いしているかも知れない。

参考記事:Toronto falling short early By Jerry Crasnick | ESPN.com

201304211324482948935-p2

ブルージェイズのジョン・ギボンズ監督は、日曜日のヤンキースとのシリーズ最終戦で、新しいラインアップを披露した。それはショートのムネノリ・カワサキをリードオフに据えたラインアップだ。

カワサキはブルージェイズのユニフォームを着た最初の8試合は、9番だった。日曜日、ホセ・バティスタがライトに戻ってきたことで、ラジャイ・デービスがベンチに下がり、彼の打順が繰り上がった。

31歳のカワサキは、今月初めにホセ・レイエスが足首の故障で欠場して以来、驚きをもたらして、ロスターのスポットを確実に掴んだようだ。

「ラジャイがいない時は、彼がパーフェクトチョイスだと思っている」日曜日午後の試合前に、ギブソンは言った。

「毎回良い打席をしているし、彼は良いプレーをしている。彼は塁に出る。ラジャイがいない時は、彼がそこだ。塁に出て、勢いをつける。彼はそこでも、やってくれると思っている」

カワサキは、右に打つのが得意な打者として知られているが、カウントを稼ぐ能力も持っている。彼は日曜日の試合前で打率.263(19打数5安打)、2打点、そしてショートで堅実な守備を見せている。

日曜日の8対4の勝利の中で、彼は4打数1安打、1本の犠牲フライを放ち、1打点。ブルージェイスの先頭打者として流れをつくり出した。

「彼は今日も、一日中チームの中心だった」ギブソンは言った。「彼と(ブレット・)ローリーを見てみなよ。彼らは盛り上げてくれる、エネルギーを与えてくれる。彼は彼のやり方で、私たちに素晴らしい仕事をしてくれている」

バティスタは当初の予定よりも、1日早くライトに戻ってきた。そのトロントのスラッガーは、金曜日と土曜日に指名打者としてラインアップに戻ってくる前に、腰を痛めて今週初めの4試合を欠場していた。

バティスタがライトに戻ってきたことがブルージェイズに意味することは、アダム・リンドに再びスポットが与えられるということだ。そのベテラン一塁手兼指名打者は、日曜日の試合の前までの11打席で5安打にもかからわず、最近の試合ではベンチとなっていた。

目的は、チームが得点力に苦しむ中で、できるだけ攻撃的なラインアップを組むことである。

「リンドを使うという道もある」ギブソンは、バティスタの先発ライトについて語った。「前から彼は、とても良いスイングをしていたから。彼にはちょっと可哀想だったね」

参考記事:Kawasaki moves to leadoff spot, provides lift By Gregor Chisholm and Evan Peaslee / MLB.com

確かにホセ・レイエスのケガは残念だけど、彼の代わりの選手は、すぐにファンのお気に入りになった。ムネノリ・カワサキは、ブルージェイズに長くいないかもしれない。だから、今のうちに彼のことを胸に刻んでおこう。彼のバットやお辞儀がどんなに不自然な動きであろうと、ムネノリ・カワサキが愛される理由は、ここにある。

1,お辞儀付き顔横Vサイン。いつまでも、こんな彼でいて欲しい。
001

2,ホームランを打ったマイセル・イズタリスを丁寧なお辞儀で迎えたのに、無視された。
kDkK1YY

3,三塁打後の顔横Vサイン。
2MTp3b1

4,おっと危ない・・・。
5QuKsOR

5,その後、ちょっと照れ笑い。
jhFsXAP

6,ダンスもできる(シアトル時代)
R4jaZbE

7,愛用しているのは、アシックスのバットって・・・、見えすぎ。
tfA0Val

カワサキ、愛しているぜ。

参考記事:7 Reasons To Love Munenori Kawasaki Posted by Scott Johnson under GIFfer Madness

ここ2年間のマイナーリーグでもっとも支配的なリリーバーの一人が、メジャーリーグでインパクトを残すチャンスをもう一度与えられた。

ブルージェイズは金曜日の朝、日本人右腕リリーバーのリョータ・イガラシを昇格させ、左腕のエヴァン・クロフォードを3Aラスベガスへ送った。

イガラシは、今シーズンの51sで驚異的な成績を残していた。昨年の3Aでも活躍していたが、その成功は上のレベルでは続かなかった。
無題
 Igarashi strikes out Beltre 

「彼はたくさんストライクを投げている」トロントのジョン・ファレル監督は言った。「彼のファストボールは、凄く力強い。彼のカーブボール、私たちはシーズンが始まって6,7週間見続けてきたが、以前にスカウティングレポートで見ていたのよりも良い」

「昨年のメッツで、彼はほとんどがファストボールとスプリットだった。そして彼は、よりカッターとパワーカーブボールを投げている。彼は3Aでは圧倒的で、実際の所、私たちはブルペンに三振の取れるパワーピッチャーを加えたかった。彼はそこにフィットするし、彼を昇格させて良い感じになった」

イガラシは今年のラスベガスで21イニングを投げて、防御率1.29、28奪三振、そして与えて四球はわずか3つだった。メッツ傘下にいた昨年も好調で、リリーフで31イニングを投げて、防御率0.87を記録していた。

しかしその圧倒的な能力は、メジャーでは発揮できなかった。彼はメッツで合計69イニングを投げて、5勝2敗、防御率5.74だった。しかし彼は今シーズン、レパートリーにカッターとカーブボールを加えて、完全に違う投手になったと言った。

「メッツにいた時、僕は基本的にファストボールとスプリットの投手だった。だけど昨年が終わってから、やり方を変えて、カッターを投げ始めた」イガラシは通訳を通して言った。「そして今年から、カーブボールも投げ始めた。両方とも、とても上手く行っている」

その32才は、今年のスプリングトレーニング中にパイレーツから金銭トレードで移籍してきた。彼は複数イニングを投げる能力を持っているが、チームは1試合で1イニングの投球に抑える意向だ。

参考記事:Igarashi tries to prove himself in Major Leagues By Gregor Chisholm / MLB.com | 05/25/12 8:58 PM ET
http://toronto.bluejays.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120524&content_id=32189728&notebook_id=32189736&vkey=notebook_tor&c_id=tor

ブランドン・モローは高校生だった18才の時、1型糖尿病であると診断された。

野球シーズンのための練習が始まる1月、モローに脱水、口の渇き、頻尿の症状が現れた。彼の友達が、いろいろ調べた結果をモローに伝えた。それは糖尿病の症状だった。モローは医者にかかり、血糖値を調べた。とても高かった。 それは1型の糖尿病だった。

続きを読む

ブランドン・モローは、トロント・ブルージェイズの一員としては初めて、セーフコ・フィールドでの先発をこの水曜日に迎えるだろう。彼は、月曜日にシアトル・マリナーズでの思い出を語ってくれた。

「ここでの僕の思い出?いつもカウントが3-2になっていたよね」彼は、笑いながら言った。

モローは、2009年のトレードでブランドン・リーグらと交換された。それは、両チームにとって良いことだと思われた。リーグは、マリナーズでセットアップマンを務めたあとクローザーとなり、今年すでに30セーブを挙げている。

そしてモローは?

彼は昨年、ブルージェイズで26回先発し10勝7敗、今年は21回先発、8勝7敗、防御率4.55だ。

「確かに数字だけを見れば良くはないよね。でも内容を見れば、僕はとても良いシーズンを過ごしている」モローは言った。「みんながそう思ってくれるかは判らないけど、僕は良いと思うよ」

内容を見れば?

ここにWRA(他の選手と比較した勝利貢献度)と言う指標がある。モローのそれは3.1だ。WHIP(投球回数あたりの与出塁数)は1.263、BAbip(インプレー打率)は.301だ。

「僕には内容のほうが大切だ」モローは言った。

マリナーズを離れて以来、27才のモローは、シーズンオフになると妻と犬と一緒にアリゾナに行く。生活は順調だ、マウンド上も含めて。

先週の金曜日モローは、トロントでのエンジェルス戦で投げた。かつてのブルージェイズの強打者バーノン・ウエルズと対戦した時、彼にスタンディングオベーションが起こった。

「彼が観客の声援に応えながら打席入ったあと、僕は人生で最悪のスライダーを彼に投げた」モローは言った。

ウエルズは、ホームランを打った。

「一つだけ良かったのは、観客が彼がベースを回っているあいだじゅう、彼に声援を送っていたことさ」モローは言った。

モローは、彼の今までの一番の良い思い出は、マリナーズでセーフコ・フィールドで投げていたことだ、と言った。

ケネディはお休み

アダム・ケネディは、地元での4試合で1試合しか出場していない。先週のテキサス戦で、踵を少し痛めたのだ。

「私がもし彼に試合に出ろといったら、彼は一秒でそこに行くよ」エリック・ウエッジ監督は言った。「だけど私たちは、彼にもう少し時間を与えた方が良いと考えた」

ケネディはあと2試合休む見込みだ。チームは木曜日の休みをはさみ金曜日フロリダでのタンパベイ戦に挑む。

短信

・フランクリン・グッティエレスは、1回に2塁打を打ち、連続安打を8試合に伸ばした。
・月曜日に2本塁打を打ったあと、新人のマイク・カープは7月19日にタコマから昇格して以来、24試合で26打点だ。この期間でのメジャーリーグ最高成績の一人だ。トップは、アリゾナのジャスティン・アップトンの29打点だ。
・新人の8月の打点記録は20で、これは2001年にカルロス・ギーエンが記録した。カープの8月は今のところ17打点だ。

元記事:Morrow returns with ‘nerd stats' 
LARRY LARUE; STAFF WRITER Published: 08/16/1112:05 am The News Tribune
http://www.thenewstribune.com/2011/08/16/1784195/morrow-returns-with-nerd-stats.html

↑このページのトップヘ