カテゴリ: ブルージェイズ

ブルージェイズは、内野手の川崎宗則とダン・ジョンソンを自由契約にした。両選手は、フリーエージェントとなる。

川崎を40人枠から外すのは、形式的なものに過ぎなかった。彼の契約の中には、シーズン終了後にフリーエージェントになるという項目が含まれていたからである。 
 続きを読む

シーズンが半分を過ぎて、新しいリプレーシステムによって覆された判定に対する異議申立てが、ついに行われた。

その状況は、こうである。アスレチックスと対戦していたブルージェイズは、ワンアウト満塁としていた。アンソニー・ゴースは、一塁手のネイト・フリーマンに内野ゴロを打ち、彼は目の前を走るランナーにタッチした後、フォースアウトを狙うためにホームへ送球した。一塁塁審によれば、フリーマンはランナーにタッチしていなかったために、ホームでのフォースアウトが成立する状況だった。

トロントのジョン・ギボンズ監督は、タッチプレーにチャレンジした。彼はランナーがタッチアウトになっていたことを望み、そうなればホームでのフォースアウトは成立せず、ランナーは得点することになるからだ。そしてビデオでは、タッチしているところが明らかになり、判定は覆った。ご理解いただけただろうか?

そのビデオである。
 続きを読む

マイセル・イズタリスが故障者リストに入ったことで、内野に補強が必要となったブルージェイズは火曜日、内野手の川崎宗則を3Aバッファローから昇格させた。ムネがこれまでにインタビューで素晴らしい仕事をしているのは、周知の事実である。
bloggif_535074e33e0c5続きを読む

自分は、レギュラーシーズンを始めるのに十分な状態だと、ホセ・レイエスは考えていた。しかしブルージェイズのベテランショート選手である彼は、開幕戦の最初のイニングさえ終えることができなかった。
 続きを読む

新しいリプレー・システムが、2014年シーズンに向けて、スプリング・トレーニングの試合で試されている。月曜日は2つのビデオ判定が行われたが、新しいそのシステムが初めて使われる中で、それぞれは、わずかに数分しかかからなかった。

続きを読む

日曜日の午前中に行われる2104年冬季オリンピックのアイスホッケー、カナダ対スウェーデンの決勝戦について、川崎宗則は、大胆にも予言をした。

川崎はホッケーについてよく知らないが、その競技への理解をより深めるために、クラブハウスのテレビで、トーナメントの試合をよく観戦していた。
続きを読む

↑このページのトップヘ