カテゴリ: アスレチックス

 Seattle Mariners Manager Eric Wedge, center, speaks with Oakland Athletics Manager Bob Melvin, left, and Mariners special consultant Ken Griffey Jr., sitting beside him, at a press conference in Tokyo, Monday, Jan. 16, 2012. The Mariners and Athletics will open next season in Japan with a two-game series at the Tokyo Dome on March 28 and 29. Photo: Shizuo Kambayashi / AP 

ヒデキ・マツイがいても、いなくても、オークランド・アスレチックスのボブ・メルビン監督は日本で行われる2012年シーズンの開幕戦を楽しみにしている。

アスレチックスとマリナーズは3月28日と29日に東京ドームで2試合のレギュラーシーズン開幕シリーズを迎える。そのシリーズで、マツイとイチロー・スズキの二人の日本人選手の競演を多くの人が望んでいたが、メルビンは37才のフリーエージェントのマツイとは再契約しないだろうと言った。

「昨年の私たちに、マツイは素晴らしくフィットして、私たちは彼がチームにいて本当に良かったと思っている」 月曜日に行われた記者会見でメルビンは言った。「今年は私たちにフィットしないと思う。私たちが進めている構想的にね」

オークランドで1年目だった昨年のマツイは、141試合でキャリアワーストの打率.251、12本塁打、72打点しか打てなかった。 ニューヨーク・ヤンキースに戻るのか、日本球界に戻るのか、引退するのかなど、彼が2012年に復活できるのかは、日本で注目されている。

シアトルとオークランドは2003年の3月もそこで対戦する予定で、その時メルビンはマリナーズの監督だった。しかしそれはイラク戦争の影響でキャンセルされた。今回はアスレチックスのホームゲームとして開催される。

この2チームは3月22日にスプリングトレーニングを行なっているアリゾナを出発し、3月30日にアリゾナに戻ってくる。彼らは3月25日と26日に日本のプロ野球チーム、読売ジャイアンツと阪神タイガースとオープン戦を行う。

今回はニューヨーク・メッツ対シカゴ・カブス(2000年)、ニューヨーク・ヤンキース対タンパベイ(2004年)そしてボストン対オークランド(2008年)に続いて4回目の開催だ。

「私はここでのすべてのことを楽しみにしている」シアトルのエリック・ウエッジ監督は言った。「どれくらいファンに楽しんでもらうか、練習や全てのことはそうするために行なっている。そこで良いプレーを見せることを約束する」

「2003年、私はエリックのチームをここに連れてくる予定だった」メルビンは言った。「しかし、それはできなかった。なのでマリナーズとここに来ることは、私たちにとってとても特別なことで、私はこのシリーズを本当に楽しみにしている」

MLBとその選手組合はこのシリーズで、昨年日本を襲った震災からの復興を支援すると述べた。

スズキもまた2011年は苦難に陥った。キャリアワーストの打率.272、184安打、200安打を逃したのは彼のキャリアで初めての事だった。他の成績、出塁率、内野安打数、本塁打数も軒並み落ちており、三振はキャリアハイの69だった。

かつてのシアトルのスーパースター、現在シアトルのスペシャルコンサルタントを務めるケン・グリフィーJrは、スズキは今シーズン盛り返すと思うと言った。

「イチローは大丈夫だ。二人(メルビンとウエッジ)にもし彼が184安打で終わっても、彼に文句が言えるか聞いてみなよ」グリフィーは言った。「だけど彼は特別な能力を持った選手だ。彼はキャリアで1回躓いただけで、私たちは来年この事について話していないだろう。彼は今シーズンもいつもどおりに、事も無げにやってのけるだろうね」

参考記事:Mariners, Oakland managers excited about Japan series By JIM ARMSTRONG, ASSOCIATED PRESS 
Published 01:21 p.m., Monday, January 16, 2012
http://www.seattlepi.com/sports/baseball/article/Mariners-Oakland-managers-excited-about-Japan-2571765.php

ba-as15_0503628253_part61ヶ月ほど前のヒデキ・マツイには、今年が最後のメジャーリーグシーズンかと思われた。オールスター休暇前の彼の打率は.209だった。

38才のマツイは、21試合で82打数37安打(.451)と異常な活躍を見せている。彼はシーズン最長の15試合連続安打中で、その間4本塁打13打点だ。彼は不調から抜け出し”頼れる男”になった。

「この状態が続けば良いね」ボブ・メルビン監督は言った。「彼が打席にたてば、私たちは彼がヒットを打つと予想する。私だけでは無い。ベンチにいるみんながね」

それは突然、彼のキャリアが継続したのかのように見える。しかしマツイは、いつもそれを意識しないようにしている。

「僕は本当に、来年のことは考えていない」彼は通訳のロジャー・カーロンを通していった。「まだシーズンは2ヶ月残っているから、僕たちはそれをどう戦うかだね」

彼は、アスレティックスに残りたいのだろうか?オークランドは、何回かクリス・カーターのDHを試している。しかし彼は、不確実性が残っている。そしてマツイは、彼の膝が問題なければ、いまだ堅実なレフト選手であることも見せている。

「シーズン後の事は考えていない」彼は言った。「一方で、僕はこのチームとチームメイトを気に入ってる」 

ビリー・ビーンGMは、アスレティックスのフリーエージェントに対する決定は、シーズン後になると言った。しかしマツイについては「数週間前を考えると、信じられない変化だ。それは彼の状態が良ければ、ラインアップに必要だということを示している。なぜなら攻撃力が、かなり回復したからだ」

参考記事:A's Hideki Matsui back to being 'Godzilla' Susan Slusser, Chronicle Staff Writer Monday, August 8, 2011 SFGate
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2011/08/08/SPF91KKUBV.DTL&feed=rss.athletics  

ほとんどの選手たちにのためにある”ホーム”という言葉は、ヒデキ・マツイにとっては曖昧なものになっている。彼は、8年前にアメリカに来て以来、常に居場所を確保している。

37才のベテランは、ニューヨークの強さとロスアンゼルスの派手さを経験し、そして今
オークランドベイエリア野球を取り巻く落ち着き静かなオーラ 、本質的には徐々にゆっくりになっている長いキャリアの歩みに合った雰囲気に包まれている。

マツイは、ワールドシリーズチャンピオンと2回のオールスターを経験している。ヤンキースタジアムでの数々の活躍については、説明する必要がないだろう。より成功したとは言えないが、昨年はアナハイムで145試合出場し21本塁打、84打点を記録した。
無題
彼がオークランドに残す跡は、比較すれば間違いなく控え目になるだろう。アスレティックスは、金曜日からニューヨークとの3連戦が始まるが、その時マツイはニューヨークに凱旋する。彼は、81試合で打率.223、たった7本のホームランだ。数字的には、みんなを失望させている。

「今年のパフォーマンスを見れば、悪いとしか言えない」マツイは通訳のロジャー・カーロンを通して言った。「正直なところを言えば、僕がアメリカに来てからの自己評価は、一年目を差し引いても全てが良かったとは言えないね」

マツイが日本でデビューした年の成績は、奇しくも今と同じ打率.223、11本塁打だった。その後18年で489本の本塁打を積み重ね、水曜日デトロイトで通算500本塁打を達成した。日本では、332本打っている。

これだけでも、立派な偉業だ。しかし彼は、後半戦に入ってから調子を上げてきている。マツイのオールスター休暇明けの成績は、すでに打率.421、9打点だ。

「彼はいつも後半戦の男だよね」ブライアン・フェンテスは言った。彼はエンジェルスでもマツイのチームメイトだった。「彼はボールが良く見られるようになってきたから、これからは間違いなく、いつもの彼が見られるよ」 

「過去の成績を振り返ると、その通りなんだよね。気温が上がってくると、良くなる」マツイは言った。「もし今年もすでにそうなってきているのなら、僕のメカニズムがそうなっているとしか、言えないな」

マツイの前半戦での生涯打率は.280、OPS.819、これが後半戦になると打率.291、OPS.855に跳ね上がる。これは全てのシーズンで同じ傾向だ。この傾向は、ボブ・メルビンが監督代行に就任して以来、彼に与えられたレギュラーの座を死守していくためには良い事だ。

アスレティックスの監督は、マツイをDHのレギュラーとして使うことに迷いはない。投手の左右に関わらずだ。前任者のボブ・ゲレンはマツイを対右投手で37回使ったのに対し、左投手ではわずかに9回というのとは大違いだ。

マツイは、ボブ・メルビンが就任した6月9日以来、オークランドの35試合で先発出場が31試合、うち9試合はレフトの守備にもついた。アスレティックスの監督は、彼のラインナップの目玉が希望を与え続けることを期待している。

「それは大きいね」マツイは言った。「去年以来、僕はほとんど毎日試合に出ていたけど、今の僕の状況でそれは、間違いなくやる気が出るよね」
「確かにレギュラーで出れなかった事は、僕にはショックだった。毎日試合に出ることで、自分自身のモチベーションを上げて、準備するんだ。わからないけど、レギュラーでないと打席に立つまではチャンスを活かすことに集中できないんだ。やっぱり、良く解らないけど、気持ちと結果は繋がっているものだと僕は思う」

マツイはヤンキースでの最初の3年は、全試合に出場した。メジャーリーグキャリアが始まってから連続518試合という最も長い記録だ。それに日本の読売ジャイアンツでの1,250試合を加えると、1,768という数字になる。

これらの記録がマツイにはあるが、彼は彼の役割とは関係なく大きな責任を感じている。しかし、5割まで12ゲーム差のこのチームにおける彼の位置づけは、アメリカンリーグ西地区のトップに少しでも近づくために、彼の現在の活躍を維持することが、個人的な記録より重要だ。

「僕には、何がより難しいかって言うと、勝つのか負けるのかっていうことだね」彼は言った。「チームが勝った時は、嬉しいし、負けたときには、同じ気持にはならないよ」

「僕の経験から言えば、打線っていうのは、伝染しやすい。なぜ、今年のチームが低迷しているのかの理由を見つけるのは難しい。たぶん今年だけのことかもしれない。だけどちゃんと分析して、具体的な理由を見つけないと。大変なことだけど」

マツイは、彼のキャリアの終りについて、すでに考え始めている。そしてそれは、そう遠くないのかもしれない。「シーズンが終わってから、次にどうするのかは決めますよ」彼は言った。しかし、今のチームに残れるのかに注目が集まるだろう。

「彼は本当に真面目にコツコツと仕事をする男だ」メルビンは言った。「一つ僕が彼に感心するのは、彼に関する悪い話を一回も聞いたことが無いことだ」

「彼は間違いなく無欲な選手だ」フェンテスは言った。「今シーズンの早い時期から、彼が望んでいるような充分な出場機会を与えられなかった。 でも、君たちは、彼から泣き言なんか聞いたことがないだろ。君たちは、彼の心の中を伝えることができないんだ。彼は本当に良いお手本だ。明らかに、言葉ではなく、しっかり彼を見て。そして成績や彼がこれからどうするかは、関係ない。それは、僕たちが彼をどう見るかなんだ」

元記事:Veteran Matsui hopes for second-half surge 
By Jane Lee / MLB.com | 07/21/11 1:59 PM ET 
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20110721&content_id=22108478&vkey=news_mlb&c_id=mlb&partnerId=rss_mlb 

無題

ヒデキ・マツイは、自分が500本ホームランクラブのメンバーになるとは思っていなかった。

そして彼は、彼に期待していた人たちから、それについての質問が来なくなるのを喜んでいる。

マツイは、日米通算500号となるホームランを水曜日に打ち、それはオークランドアスレチックスが、デトロイトタイガースに7-5で勝利した試合で、リードを奪うスリーランだった。

彼はメジャーリーグで168本、読売ジャイアンツで332本のホームランを放っている。

「打てて、嬉しいです。でもそれよりも、チームの勝利に貢献できたことのほうが大きいです」マツイは、通訳を通して言った。「記録を、目指してきたわけではないですし、日本での数字と、ここでのそれは別物だと思ってますから。僕は、その辺は分けて考えています」

オークランドの、ボブ・メルビン監督はこれに同意しない。

「彼が、どこで何本打ったとか、別物だとか、私は気にしないよ」彼は言った。「ここが、メジャーリーグで、日本には日本のプロ野球がある。そしてこれは、素晴らしい選手の偉大な業績だよ」

マツイは、6回に6月16日以来となるそのホームランでスコアを3-2とし、試合を引っ張った。

「その瞬間が見れて嬉しいね。だって彼は、長いことそれでからかわれていたから」オークランドの先発投手、ブランドン・マッカーシーは言った。「今日の勝利は、全部彼のヒットによるものだよ」

タイガースのベロウ、彼のメジャーリーグデビュー戦は、5回と少しを3失点(1本塁打)だった。

「彼は、良かった」タイガースの、ジム・レイランド監督は言った。「一つポイントは、暑さが彼を苦しめたね。彼にはまだ次がある」

仲間の新人レスター・オリバロズが、そのイニングを終了させ、 その後デトロイトは6回に3点を奪い試合をリードした。

マグリオ・オルドネズとミゲル・カブレラが、マッカーシーからヒットを打ち、ビクター・マルティネスが、交代したリリーバーのジョーイ・デヴァインから2点二塁打を放った。

マッカーシーは、暑さと湿度に苦しんだと言った。試合中のグランドの温度は、37.2度を記録した。彼は5回と少しを、被安打6、4失点だった。

「今までに経験したことがない感じ」彼は言った。「投げるときに思い毛布を背負わされているような。最後までそんな感じだった」

タイガースのリリーバー、デビッド・パーシーは、7回に先頭打者から3人連続で四球を与え、ホワキン・ベノワにマウンドを譲った。 

クリフ・ペニントンのシングルヒットで4-5となり、ジョシュ・ウイリンガムの犠牲フライで同点とした。マツイとコナー・ジャクソンがヒットで続きオークランドは7-5とリードをした。

「私たちには、ホームランや長打が少ない。だからどうやって、チームを引っ張るかだね」メルビンは言った。
「シングルヒットや四球を選ぶことで、相手チームにプレッシャーを与える」

マツイは、3回にもタイムリーを放っていて2点のリードを奪っていたが、すぐその裏にドン・ケリーの三塁打などで同点となっていた。

オークランドの6人目のピッチャー、アンドリュー・ベイリーがランナー2塁でカブレラを三振にとり、試合を終わらせた。彼は12のセーブ機会で9セーブ目だった。

ノート
・タイガースは、カンザスシティ・ロイヤルズから2人のマイナーリーガーと交換で三塁手のウイルソン・ベテミットを獲得した。彼は木曜日のミネソタ・ツインズ戦で合流予定だ。現在のレギュラー3塁手ブランドン・インジと入れ替わる。11年タイガースにいたインジは、今日の試合後DFAになった。彼はチームにもしウエーバーを通過すれば、3Aトレドに行っても構わないと話した。
・マツイは、日本で行われたメジャーの試合でホームランを打っていて、それを含めれば日本で333本になる。160本がアメリカで、7本がカナダで打ったホームランだ。
・スコット・サイズモアは、今シーズンの初めにパーシーとのトレードでデトロイトからオークランドに来た。彼は、火曜日の試合でリック・ポルセロから顎に死球を受けたが、9回に守備で出場した。

元記事:
Matsui hits 500th pro homer as A's top Tigers 8-5 The Associated Press 
Originally published Wednesday, July 20, 2011 at 7:29 PM The Seattle Times 
http://seattletimes.nwsource.com/html/sports/2015676128_apbbaathleticstigers.html?syndication=rss

ブログネタ
メジャーリーグ に参加中!
これほどの悲惨な結果を目の前にしながら、彼らはやり方を修正できないのか、修正する気がないのか?傷つき呻いているオークランドアスレティックスは21世紀のやり方に打って出た。※1
Oakland Athletics' manager Bob Geren watches from the sidelines during a game against the Baltimore Orioles at Overstock.com Coliseum on Friday, May 27, 2011 in Oakland, Calif. (Jane Tyska/Staff) ( Jane Tyska )

たしかに、見た目は変わった。

63試合目が終了した木曜日、ボブ・ゲレン監督はクビになりボブ・メルビンと入れ替わった。 チームの問題は表面的なものだけではないのに、行ったのは化粧をするより少しだけ、ましなものだった。

アスレティックスの前にある問題は全体的な事なのに、メルビンや他の監督に変えるだけでは、この大きな問題は解決できない。

この動きでアメリカンリーグ西地区最下位のアスレティックスが示すのは、根本的な問題を解決するものではなく、背中のニキビを治すようなものだ。

解っている、ゲレンは良くやった。彼は、クラブハウスの調和を維持できなかった。コミュニケーション不足が繰り返された。毎日、試合前は「で、今日のラインアップは?」と言う光景だった。

数年いる選手たちでも、ゲレンによって三つのキャンプに振り分けられた。選手たちは受け入れていた。なぜなら、彼は監督だからだ。彼らは彼を好きではなく、信頼も尊敬もされていなかった。彼らは組織の論理と、そこでうまくやっていく術を知っていた。全てはGMのビリー・ビーンが決めるのだ。

これらすべての力がゲレンに不利に働き、9連敗は単に退陣のきっかけに過ぎなかった。

このバカバカしいほど難しい状態で、勝つ状況を作り出すのを任されたのは、カリフォルニア半島で育ち、かつてジャイアンツのキャッチャーであり、シアトルマリナーズとアリゾナダイヤモンドバックスの監督を務めたメルビンだ。

「ここ4週間、ゲレンとメルビンは同じ立場でやってきたからね」ビーンは電話で認めた。

この方法は、アスレティックスに不利に働き、誰が監督だか分からなくなっていた。メルビンはチームをまとめることを試みたが、ゲレンは協力的では無かった。そして、彼は追い出された。

率直に言って、メルビンの監督経験は多くない。そして、投手陣は怪我でボロボロだ。5人のピッチャーが故障者リストに入っている。その中にはレギュラー先発陣のダレス・ブレーデン(シーズン中に復帰の見込みなし)、ブレット・アンダーソン(肘の痛みで経過観察中)も含まれる。タイソン・ロスとブレンダン・マッカーシーの二人が復帰するのはオールスターゲーム明けになるだろう。リッチ・ハーデンが戻ってでも来ない限り、手の施しようがない。

オークの樹の枝の強さと思われたアスレティックス投手陣の腕は、木の切れ端か、おがくずのようになってしまった。

もう一つは、投手陣の弱さを上回るアスレティックス打撃陣の不振だ。それはまるで、方向を見失っているかのようだ。彼らは試合を維持したり、勝つための充分なヒットが打てない。毎回、ホームランの驚異を与えるほどのパワーもない。

ボコボコの車体に剥げかかったタイア、今にも止まりそうなエンジンの車、そのキーを渡されたメルビンは、アスレティックスの再建に挑む。

「ゲレンの途中解任はインパクトを与えた。メルビンがたて直すと信じてる」

メルビンは前任者より、優れていると思う。しかし、彼が同じ方針で挑むならばゲレンの二の舞になるだろう。このチームの編成はビーンによって、オーナーのジョン・フィッシャ-とルー・ウォルフが決めた予算の範囲で競争力を保ちながら行われた。

オーナーが総予算を決め、GMがどのように使うか決める。フィッシャーとウォルフそしてビーンも、ゲレンよりは成功している。オークランドの2007年からの勝率(.470)は、彼らの努力の結果だ。※2

ビーンが支配するアスレティックスは、監督の権限と役割を制限した。

メルビンはアリゾナで、ナショナルリーグの最優秀監督賞を受賞したことがある。残り4ヶ月でオークランドを立て直すのは難しいかも知れない。彼は2011年、充分な投手陣も使えない。テキサス・レンジャーズの様な打撃陣も組めない。

ゲレンが失敗した後の彼は、効果的なコミュニケーションをもち、一致団結すること、自主性を即すことで成功するかも知れない。

残り99試合、メルビンの優秀なマネジメント能力と彼の上司のサポートで、これ以上の混乱はおこらないだろう。
次に監督がクビになるときは、チームが崩壊するときだ。

まず最初にチームへの信頼を回復させること。彼らは最初のボブ(グレン)を違うボブ(メルビン)に入れ替えた。似た状況にある彼は、同じ運命にあるのかも知れない。

救済策はない。虫歯の患者に、歯のホワイトニングをするようなものだ。

※1、監督入れ替えという昔からのやり方に対する皮肉
※2、これも皮肉

元記事:Monte Poole: New manager won't solve A's problems 
By Monte Poole Bay Area News Group
     
    Mercury News.com posted: 06/09/2011 03:32:25 PM PDT Updated: 06/09/2011 03:43:25 PM PDT 
       http://www.mercurynews.com/giants/ci_18241178?nclick_check=1

↑このページのトップヘ