カテゴリ: その他

ジョン・ファレル監督のことは尊敬しており、そしてこの週末のボストン・レッドソックスに対する2つの鍵となるリプレーの判定に彼が不満を持つのも理解できる。しかし導入されてから2週間しか経っていない、メジャーリーグのリプレー・システムの完全性に疑問を持つのは「早計」だと、トニー・ラルーは月曜日、ESPN.comに語った。
 続きを読む

野球シーズンが本格的に始まるまで残り1週間を切る中で、メジャーリーグと選手組合は、パフォーマンス増強薬の使用に対する罰則を再度引き上げる方向で話しを進めている。

続きを読む

メジャーリーグの新しいインスタント・リプレー・レビュー・システムの心臓部は、チェルシーマーケットのMLB・アドバンスド・メディアの本社にある、控えめのグレーで装飾された薄暗いオペレーションセンターである。
 続きを読む

今春MLBは、ホームプレートでの激突の大部分を禁止するルール改正を発表した。そして調査した143人の選手の半数以上(65%)が、その新しいルールを歓迎していないことが分かった。「これは、野球を変えてしまう、ひどいルールだ」あるベテランキャッチャーの意見である。これから紹介する調査結果を見てもらえば、他のことについても選手たちが、いろいろな意見を持っていることが分かるだろう。

続きを読む

メジャーリーグに加わって何百万ドルも稼ぐことができる選手は、幸せに違いない。ファンの間では、これが一般的な考え方である。

しかしランディ・ウルフのケースは、この業界のもう1つの側面を浮き彫りにした。それは選手の足元を見るチームたちが時折使おうとするルールで、冷酷な一面である。
 続きを読む

アリゾナ・ダイヤモンドバックスのキャッチャー、ミゲル・モンテーロは、数年前のことを思い出していた。当時ピッツバーグ・パイレーツにいたホセ・バティスタと話をしていた彼は、彼の横にいるブロンドの選手に気がついた。そして彼は、自己紹介をした。
 続きを読む

新たな野球シーズンの始まりが、目前に迫っている。そしてほとんどの選手にとっては、それは嬉しい事である。なにせ、野球が始まるのだから。

しかし、どのチームとも契約をしていない選手たちがいる。代表的なのが、ケンドリー・モラレスとスティーブン・ドルーだ。モラレスは、マリナーズの指名打者兼一塁手として、打率.277、OPS.785を記録した素晴らしいシーズンの翌年だ。流れるような守備のショート選手であるドルーは、レッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した。

続きを読む

↑このページのトップヘ