カテゴリ: その他

警察の記録によれば、かつてのアトランタ・ブレーブスのスター、アンドリュー・ジョーンズは、妻の首根っこを掴んで階段の下へ引きずりおろし、彼女を殺してやりたいと発言したとして、妻から告発された。

APが入手した警察の報告書によれば、喧嘩が始まったのはクリスマスの日の午前1時半頃、アトランタ郊外にある自宅で、ニコル・ジョーンズが夫に、クリスマスの朝を手伝ってくれるかと尋ねた後だった。

グインネット郡の留置所記録によれば、アンドリュー・ジョーンズは、暴力行為で逮捕され後に保釈された。彼に弁護士がついているのかは、水曜日の時点で分かっていない。

ニコル・ジョーンズが警察に話したところによれば、彼女は上の階へ逃げようとしたが、夫は彼女の足首を掴んで階段を数段引きずりおろした後、彼女に馬乗りになり「お前を殺してやりたい」と言った。 

「アンドリューが泥酔していたので、押しのけて逃げることができたと、ニコルは話した」と報告書に記載されている。その後ニコル・ジョーンズは、両親の家へ逃げ込んだ。

彼女の首に怪我があるのを確認して、証拠として写真を撮ったと警察は言った。

警察によれば、彼らがダルースのシュガーローフカントリークラブにあるジョーンズの住まいに到着した時、彼は何が起こったのか分からず困惑していた。

「私たちはベッドルームに入って、グイネット郡警察だと名乗った」警察官は報告書にそう記載している。

「アンドリューは返事をしなかった。そして彼が裸なのは明らかだった。アンドリューの腕を触って、“アンドリュー、グイネット郡警察だ。我々は君に話がある”と言った。アンドリューは目を醒したが、明らかに怠そうだった。彼は明らかに泥酔していて、なぜ警察官がベッドルームに立っているのか、困惑していた」警察はそう書いている。

グイネット郡留置所の記録によれば、ジョーンズは午前3時45分に施設に入れられて、火曜日の午前11時に2400ドルの保釈金で釈放された。

かつてメジャーリーグで素晴らしい選手だったジョーンズは、1996年にブレーブスでブレークして、1998年から2007年までセンター選手として10年連続でゴールドグラブを受賞した。彼は17年のメジャーキャリアで434本塁打を記録している。

ジョーンズは今シーズン、控え選手としてニューヨーク・ヤンキースに所属し、打率.197、14本塁打、34打点を残した。

ジョーンズは今月初め、日本のパシフィックリーグの東北楽天ゴールデンイーグルスと1年3.5百万ドルの契約を結んでいた。

参考記事:Andruw Jones accused of battery ESPN.com news services

ボブ・デービッドソンは、正しい判定だと思っていた。彼の中では、疑いの余地さえ無いとさえ思っていた。

にもかかわらず1984年のドジャースタジアムでの試合で、その審判がセカンドでランナーセーフをコールした後、ロサンゼルスのトミー・ラソーダ監督は、ダグアウトから飛び出してきた。

メジャーリーグ3年目だったデービッドソンは、最悪の事態を覚悟した。しかし何かが違った。

続きを読む

今月、各球団の幹部たちは、ワーリドシリーズを狙うことができるロスターを組むために、ブロックバスタートレード、フリーエージェントとの巨大契約、そして賢いマイナーリーグ契約を行うだろう。

数えきれないほどの噂と進行中の話があるが、ここではシーズンオフの最も注目される10のことについて取り上げる。

1,ジョシュ・ハミルトンはどこへ行く?

ハミルトンが、他のチームとも良い契約を結べるのは、疑う余地がない。しかし初めてフリーエージェントになる31歳の彼の周りには、たくさんの疑問が渦巻いている。彼は故障者リストに入ることなく、メジャーリーグでやっていけるのだろうか?彼の選球眼の悪さは、大きな問題ではない?球団は、彼の悪い習慣を気にしないだろうか?

テキサス・レンジャーズは、これらの疑問に最初の答えを出すことになる。なので他のチームは、彼らの成り行き注目している。

グラウンド上でのハミルトンの能力は、100百万ドル以上の長期契約の価値がある。それにチームのオーナーたちは、彼がファンの興味を引きつけて、テレビの放映料収入が向上することにも期待するだろう。

2,アレックス・ロドリゲスはトレードされる?

ニューヨーク・ヤンキースはこれ以上、スーパースターであるロドリゲスのトレードを考慮しないと、ブライアン・キャッシュマンGMは認めている。現在37歳のロドリゲスは、これまでの彼ではない。ヤンキースはそれを分かっているし、他の29チームもそれを分かっている。

3回もMVPを獲得している彼をトレードすることは、ヤンキースが114百万ドルの契約の残りの多くを吸収しない限り、とても難しい。それにトレード・マーケットやフリーエージェント・マーケットで三塁手が注目をされていない現状では、ヤンキースにとっても魅力的なものにはならないだろう。

好むか好まざるかに関わらず、ロドリゲスは来年のブロンクスに戻ってくるとが、まず確実だ。

3,ザック・グリンキー争奪戦の行方は?

今年の先発投手のフリーエージェントの中でトップのグリンキーは、ロスアンゼルスの2チームから注目されている。

その29歳の彼をシーズン中に獲得したエンゼルスは、彼との再契約を望んでいる。そしてオーナーが変わってから資金が潤沢なドジャースもまた、彼にオファーするだろう。

他の多くのチームがグリンキーに注目しており、彼は右腕投手として、これまでにないほどの大きな契約を得る可能性がある。

4,ドジャースは、更にお金を使う?

ドジャースは、今年の春に新しいオーナーグループが主導権を握って以来、将来の予算について、何億ドルも使うことを約束している。 彼らはフリーエージェントを積極的に獲得に動くことで、忙しいシーズンオフになるだろう。

ドジャースはグリンキー、ジェイク・ピービ、そしてヒロキ・クロダといった先発のフリーエージェントを狙う可能性が高い。

5,メッツはデービッド・ライト、R.A.ディッキーと契約延長する?

ライトとディッキーが2013年以降もメッツでプレーすることに、何の保証もない。契約延長しなければ、1年後には二人ともフリーエージェントになる。

100百万ドル以上のオファーでない限り、ライトを残留させるのは難しいだろう。

ジャーニーマンのナックルボーラーから、突如サイ・ヤング賞候補になったディッキーの価値をはかるのも、とても難しいことだ。

6,レイズは投手をトレードする?

タンパベイ・レイズには素晴らしい先発投手陣がいる。そして打撃陣を明らかに必要としている。なので彼らは、このシーズンオフに打者と先発を交換するのだろうか?必ずしもそうではない。アンドリュー・フリードマン副社長は、レイズは先発陣をそのままにしたいと発言している。

デービッド・プライスの年俸が上昇した今、マーケットの小さいレイズはトレードを考えるときだ。彼がフリーエージェントになるまでにあと3年あり、それは彼のトレードを急ぐ必要がないことを意味する。しかし同時に、プライスの年俸は調停を経て10百万ドル前後になるだろうから、フリードマンはその左腕のトレードを模索しなければならないだろう。

7,インディアンスはクリス・ペレスとチェ・シンスをトレードする?

彼らの最も優秀な2人の選手を、インディアンスはトレードするときだろう。オールスター・クローザーのペレスは、レギュラーシーズンの終わりに公然とオーナーを批判し、トレードの可能性が高まった。この冬の彼の年俸は7百万ドルまで高まっているが、それは大きなマーケットのチームには、障害にならない。

30歳のチェは、1年後にフリーエージェントになる。それはクリーブランドのクリス・アントネッティGMに、トレードする2つのチャンスがあることを意味する。それはこの冬と、来年の夏のトレード・デットラインだ。契約延長がなさそうな現状で、インディアンスはチェをうまく使って、若い選手を獲得するかも知れない。

8,新しい労使協定の影響は?

選手、エージェント、そして球団幹部は、新しい労使協定の下で迎える初めてのフル・シーズンオフにあたって、彼らのやり方を全面的に見直す必要はないだろう。

フリーエージェントたちは、これまでと同じように、巨大な長期契約を結ぶことができると思う。エライアス・ランキングシステムがなくなったことは、ドラフトピックとは関係のなかった標準的な選手と、中継ぎ投手に歓迎される変更だ。しかし贅沢税は、マーケットの大きなチームがより積極的にお金を使うのを、引き続き躊躇させる。

例えばヤンキースだが、彼らは2014年に贅沢税を回避することを狙っている。それは彼らが、これから先、これまでと同じように積極的にお金を使わないであろうことを意味する。

9,来年のメルキー・カブレラはどうなる?

テストステロンの検査で陽性となり、50試合の出場停止を受けたカブレラの、フリーエージェントとしての価値は落ちている。しかし彼は、強打者を探しているチームにとって、安く獲得できる興味をそそる選手になる可能性がある。彼は2年連続でオールスターに選ばれており、彼の28歳という年齢も魅力的だ。

しかしカブレラと同時に、たくさんのオールスター選手が、フリーエージェントになる。新しい契約を探しているハミルトン、マイケル・ボーン、ニック・スウィシャー、B.J.アップトン、アンヘル・パガン、そしてシェーン・ビクトリーノらとの争いになる。

しかし多くのチームがカブレラとの1年契約に興味を持つだろう。そして複数年契約もあり得る。

10,レッドソックスはどこへ行く?

ボビー・バレンタインからジョン・ファレルに監督が変わったことは、レッドソックスにとって良いことのはずである。しかし1966年以来初めて90敗したシーズンを終えた彼らには、すべきことがまだたくさん残っている。

彼らは、先発投手陣の層を厚くする必要があるし、外野手も加える必要がある。それにレッドソックスがジャコビー・エルズベリーをキープするのか、フリーエージェントまで1年の彼をトレードするのかは、ライバルのGMの興味を引くだろう。

参考記事:Top 10 baseball offseason story lines Ben Nicholson-Smith, MLBTradeRumors.com USA TODAY
http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2012/10/30/baseball-offseason-question-josh-hamilton-alex-roridguez-zack-greinke/1668671/


Fister shaken up

メジャーリーグ・ベースボールは、2013年シーズンの始めから、マイナーリーグの投手に保護のためのヘッドギアを着けさせることを検討している。

一番最近では、ワールドシリーズの第2試合でタイガースのダグ・フィスターの頭部に打球打球が直撃するなど、今年起きた2つの恐ろしい出来事を受けて、MLBは安全の問題について迅速に対応を検討をしている。

検討されていることの一つは、投手の帽子の裏地をケブラー製にすることだ。ケブラーは軍隊や警官、そしてNFL選手が使っている素材だ。そしてそれは、来シーズンのマイナーリーグから、使用される可能性がある。

「できるだけ、そうしたいと考えている」MLBの上席副社長であるダン・ハレムは言った。「私たちは、その方向で進んでいる」

MLBのメディカル・ディレクターであるゲーリー・グリーンが、投手のプロテクターについて数社と話をしており、その問題は、12月にテネシー州ナッシュビルで行われるウィンターミーティングで話し合われるだろうと、ハレムは言った。

フィスターは2回に、グレゴー・ブランコのバットから放たれたライナーを右側頭部に受けたが、試合ではそのまま投げ続けた。そのタイガースの右腕は、その後詳しい検査を受けて、脳震盪のテストでも問題なかった。彼はアスレチックスのブランドン・マッカーシーよりも、だいぶ幸運だった。マッカーシーは9月初旬に頭にライナーを受けて、頭蓋骨骨折と脳挫傷で手術を受けた。

MLBはマッカーシーの怪我の前に、投手の安全性をより高める方法を模索していた。

「あのことが、我々のタイムテーブルを速めたんだ」ハレムは言った。「我々は、急ぐことにした」

「2013年のマイナーリーグから、そうする可能性がある」

その事故の後マッカーシーは、それが投球に影響を及ぼさないのなら、頭部のプロテクターの考えを受け入れると言った。そしてどの様な決定でも、選手組合から承認を受けなければならない。

ジャイアンツのバリー・ジト投手はMLBが選手の安全性を高める方法を考えていることを歓迎しているが、懸念もあると言った。

「僕たちには、はっきりとした事例がある。ブランドンのことと、そしてワールドシリーズで起こったことだ」ジトは言った。「だけど大きく変わることは望まない。投球には、小さな事でも影響するんだ」

アメリカで行われている多くの若者のリーグでは、投手がヘルメットを着用することになっている。そしてジャイアンツのブライアン・サビーンGMは、その鍵は投手がマウンドでも快適に感じる事ができる製品を見つけることにあるだろうと言った。

「どれくらい邪魔にならないかによるだろうね」サビーンは言った。「投手は、それが影響することを望まないだろう。重さは重要になると思う」

サビーンの投手もまた、その考えを共有している。

「僕には本当に分からないし、それについての多くの考えを持っているわけでもない」ジャイアンツの右腕マット・ケーンは言った。「僕もいろいろ見たよ。うちのチームにはヘルメットをかぶっていた選手が実際にいたし。まぁ、見かけは確かに良くないよね。だけど安全に関わることだから、そうしたほうが良いと思う。その事を本当に深く考えたことはないけど」

選手組合から承認を受けるのに加えて、どのヘッドギアも独立した組織でテストや評価を受ける必要があるとハレムは言った。そのテストは、帽子に組み込まれた素材が、100マイルで飛んできたボールの力に耐えるものでることを証明しなくてはならない。

「我々は、それをどうやって証明するのか、議論しなくてはならない」ハレムは言った。

MLBが選手にヘルメットを着けさせようとしたのは、今回が初めてではない。

1971年から打者のヘルメットは強制になったが、その時すでにメジャーリーグにいた選手には、装着しない選択も残されていた。レッドソックスの捕手ボブ・モンゴメリーはそのうちの一人で、彼は1979年までヘルメットを装着せず、代わりに帽子の内側に保護用の内張りを貼っていた。

参考記事:Minor League pitchers could wear helmets in 2013 By Chris Toman / MLB.com
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121027&content_id=40083442&vkey=news_mlb&c_id=mlb 

25teen1-articleInlineマサノリ・ムラカミ、ヒデオ・ノモ、そしてヒデキ・イラブは、アメリカで投げるために日本を去ることで、彼らの道を歩んだ。そしてショウヘイ・オオタニは、彼らと同じ先駆者の投手のリストに加わることを望んでいる。

日本の岩手県出身の18才、6フィート4インチのオオタニは、高校から直接アメリカ野球に来る最初の日本人選手になることを望んでいる。メジャーリーグの数球団、ロスアンゼルス・エンゼルス、ドジャース、テキサス・レンジャーズ、そしてボストン・レッドソックスらが、彼を熱心に偵察した結果、契約を望んでいる。

日本で日曜日に行われ、広く注目された記者会見でオオタニは、数ヶ月に渡った噂をはっきりとさせた。それは彼がプロとしてのキャリアをアメリカで始めたいというもので、それは木曜日に行われる日本のドラフトで、オオタニを指名することを日本のプロ球団に諦めさせる発表だった。

「各国から凄い選手が集まって来る」日本のスポーツ新聞のスポニチによれば、オオタニは日曜日にこう発言した。「そういう選手に負けたくない」

オオタニの決断は、日本球界に衝撃を与えた。日本のチームは、日本人の優秀な選手がメジャーリーグ球団と契約するのを見てきた。そして日本で一番の高校生プロスペクトが去るかもしれないということは、さらなる恐怖を巻き起こした。

「これは日本球界にある防波堤のもう一つの穴だ」日本野球についていくつもの著書があるロバート・ホワイティングは言った。「日本がMLBのための育成の場所になってしまった、何よりの証拠である」 

日本の12球団のうちの多くが、オオタニを指名しないと示唆している。もしどこのチームもオオタニを指名しなければ、彼はどのMLBチームとも自由に交渉ができる。オオタニは日本のプロ球団ではプレーしたことがないので、どのメジャーリーグチームも、彼と契約をするためにポスティングフィーを払う必要はない。

もし日本のチームが彼をドラフト指名したら、そのチームは3月31日まで優先的に彼と交渉できる。メジャーリーグのチームがオオタニと交渉することを禁止するルールはないが、MLBは優先交渉権の期限が切れるまで何もしないことで日本球界と紳士協定を結んでいる。

オオタニは98マイルのファストボール、鋭い変化球やスプリッターで、多くの注目を集めてきたと日本に頻繁に行き、ビデオでもオオタニを見たスカウトは言った。

「彼はアメリカでも、ローテーションの真ん中ぐらいになれる素材だ」チーム名を明かしたくないあるスカウトは言った。

日本でデーター提供サービスをしているスカウト・ドラゴンのイラ・スティーブンスは、更に評価している。彼はオオタニのことを”東北から出た次のダルビッシュ”と言った。彼が言うにオオタニは、ダルビッシュが高校を卒業した時よりも” 進んでいて”彼の体の大きさから、打者としても可能性を持っている。

オオタニはまた、8月の下旬に韓国で行われた18才以下のワールド・チャンピオンシップで投げた。2回の先発で、彼は0勝1敗、防御率4.35、16個の三振を奪い、8つの四球を与えた。

あるスカウトが言う大きな心配は、オオタニがアメリカの野球に速いペースで慣れることだけでなく、海外の生活に慣れることが出来るのかだ。彼の父は、息子の違う文化への適応と、英語について心配していると言った。ドジャースとレンジャーズ、そしてレッドソックスは日本人選手を使った経験がある。

日本人選手が、日本のプロ野球を飛び越えて来た実績はあるが、それはあまり良い結果を残さなかった。マックで知られているマコト・スズキは、高校を中退して1993年にシアトル・マリナーズと契約した。数年マイナーリーグでプレーした後、彼はメッツにトレードされて、その後カンサスシティ・ロイヤルズに行った。彼はその後、コロラド・ロッキーズ、ミルウォーキー・ブルワーズ、オークランド・アスレチックスそしてシカゴ・カブスでプレーした。彼のキャリア成績は16勝13敗、防御率5.72だった。

大学のトッププロスペクトだったカズヒト・タダノは、2003年にクリーブランド・インディアンスと契約して、2回メジャーリーグに昇格し1勝1敗だった。2008年にレッドソックスは、日本の社会人チームで活躍していたジュンイチ・タザワと契約した。彼はアメリカでプレーがしたいという理由で、日本のチームにドラフト指名しないで欲しいと要請した。

彼は3シーズンのボストンで3勝4敗、防御率3.73を記録している。

タザワがアメリカに来たことで、日本球界はタザワルールを作った。それは日本を出ていった選手が、すぐに戻ってくるのを歓迎しないというものだ。そのルールでは、もし選手が日本のチームにドラフト指名された後に海外でプレーする決断をすれば、日本に戻ってから3年間は、日本のプロ野球でプレーできないというものだ。

1960年にサンフランシスコ・ジャイアンツにレンタルされたムラカミは、日本に戻された。ノモは最後までアメリカでプレーした最初の選手になり、日本では二度と投げなかった。イラブは日本のチームが、彼との契約をパドレスに売った後にアメリカに来た。彼はヤンキース、モントリオール・エクスポズ、そしてレンジャーズなど6球団で投げた後、2シーズンを阪神タイガースでプレーした。

参考記事:Hoping to Skip Japan League for U.S. By KEN BELSON The New York Times
http://www.nytimes.com/2012/10/25/sports/baseball/pitcher-shohei-otani-hopes-to-bypass-japan-for-the-majors.html?ref=sports&_r=1&#p[OdhTct],h[IaJhag,2,ISwOhs,3] 

無題

もしロジャー・クレメンスが今シーズンのメジャーリーグ復帰を目指すのなら、土曜日夜のシュガーランド・スキーターズで見せたパフォーマンスは、その助けになるだろう。

立ち見まで出たコンステレーション・フィールドの観客の前で投げたクレメンスは、3 1/3イニングを1安打、無失点に抑えた。彼は2つの三振を奪い、与えた四球は0。ブリッジポート・ブルーフィッシュを相手に投げた37球は、少し前のロケットと同じように見えた。

彼はお腹の当たりがすこし出ていたが、プロの打者を相手に投球をするには”普通の”年令では無いことを思い出させたのは、そのことだけだった。2007年を最後にメジャーリーグで投げておらず、8月4日には50歳を迎えたクレメンスは、ファストボールで88マイルを記録し、ブルーフィッシュの打者を相手に表面上は問題なかった。クレメンスが投げた37球のうち、24球がストライクだった。

「良かったよ」クレメンスは言った。「みんなが、忘れていないなって言ってくれた。僕は怪我をしないように、でも良い姿を見せたいと思っていた」

クレメンスがスキーターズで投げたことは、ヒューストン・アストロズに戻る前触れではないかという憶測を呼んでいる。シュガーランドのチームで二回目の先発をすることは、ありうることだと彼は認める一方で、メジャーリーグに戻ることは考えていないという、これまでの主張は変わっていない。

「僕はこれまでに、メジャーリーグや他のことでも成功してきた」彼は言った。「確かに素晴らしい仕事だけど、現時点でその事は考えていない」

しかし将来のある時点で、彼がそれについて考えたとしても不思議なことではない。これから数日間、彼は街を離れる予定で、それは水曜日に終了するスキーターズの今回の本拠地でのシリーズ中に、彼がもう一度投げる可能性を否定する。

クレメンスがスキーターズの遠征に参加する可能性が全くない現状では、彼が次に投げるチャンスは9月7日の金曜日になる。

アストロズは、球団創立50周年の記念行事の一環として、かつての名選手たちを9月21日-23日に集め、レジェンド・ウィークエンドを開催する。その行事は、伝説的な投手がスポットライトを浴びながらマウンドに立つのには、ちょうど良いチャンスとなる。観客動員に苦労しているアストロズにとって、そのチャンスはあまりに魅力的かもしれない。

もしクレメンスが、これまでにメジャーリーグに戻りたいと思っていたとしても、ブルペンではなく先発を望んでいただろう。そうであれば、彼にはしなくてはならないことがある。一つは、独立リーグの打者が恐らく慎重になりすぎていて、1球目から振ることを躊躇していたことだ。メジャーリーグの打者は、全くの別物だ。

土曜日の投球は、最初のステップとしては励みになるものだったが、それ以上の物ではなかった。

「良い投球ができたことは、とても良かったし幸運だったと思う」クレメンスは言った。「どれくらいの球速が出ていたのか判らないけど、何回かベースカバーにも入ったし、良い投球を心がけたことで、僕の後ろで守ってくれたチームメイトと一緒に楽しめたよ」

今週初めに行われた最初の記者会見で、クレメンスはゲーリー・ガエッティ監督との将来の契約に対する話し合いは、約1ヶ月前に始まったと言った。しかし実際には、昨冬ガエッティが野球をしているクレメンスの長男コビーの様子を伺う電話をした時に始まっていた。ガエッティはスキーターズの監督になったばかりだった。

「私は”ロジャー、もし君が投げる気があるのなら、契約をオファーする準備がある”って言った」ガエッティは、思い返して言った。

ガエッティによれば、クレメンスの反応は、「5イニングぐらいだったら、今でも投げられる」だった。

その時はそれで終わったが、スキーターズが1-0でリードしている4回ワンアウトでガエッティがクレメンスを引っ込めるためにマウンドに行った時、その二人は今回の試みの成果に満足していた。

「基本的には”サンキュー”ってことを伝えた」ガエッティは言った。「彼がその回を終わらせることができるのは、みんなが解っていた」

クレメンスは、これから先のことを相談するために、これから数日間ガエッティと連絡を取るつもりだと言った。はっきりとしたことは言わなかったが、クレメンスはスキーターズで再度先発することを考えているようだった。

クレメンスがミニッツメイド・パークで彼の能力を発揮する可能性について、ガエッティは、それが起こらないと言う理由が判らないと言った。

「彼ならやりかねない」ガエッティは言った。「たぶんそれは、これまでに一度も終わっていないんだ。私が思うに、彼の唯一の問題っていうのは、年令じゃないかな。それでも何人かには、年令はたいした問題ではないけどね。体調を整えて、自分をコントロールできれば、適応できる」

ガエッティは勝手に、もしかしたらクレメンスがシュガーランドに一緒にいてくれるのではないかと期待している。

「みんなにとって、彼は偉大だ」ガエッティは言った。「本当に楽しかった。私は彼と野球について話すのが好きなんだ。彼は試合のすべての面を知っている。彼は頭が良い。この(再び投げた)ことは、年令とブランクを考えたら物凄いことだけど、それでも彼は試合の中でやりたいことの全てをやった。投手コーチ、監督・・・、彼はその資格とノウハウと情熱がある。彼は違うレベルにいるんだ」

参考記事:Clemens like Rocket of old in return to mound By Alyson Footer / MLB.com | 08/26/12 12:10 AM ET
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120825&content_id=37348074&vkey=news_mlb&c_id=mlb&partnerId=rss_mlb  


Network on Clemens' comeback 

ロジャー・クレメンスは、カムバックの準備ができている。しかしその7回のサイヤング賞投手は、今現在のこの計画が、メジャーリーグへの復帰を目指したものではないと強調した。

8月4日に50才を迎えたクレメンスは、アトランティックリーグのシュガーランド・スキーターズのマウンドに立つこの土曜日にプロの世界に戻ってくる。彼が良い投球を見せない限り、それはたった1回のイベントになる。もしそうならなければ、恐らく彼は、もう1試合契約するつもりだ。

それはアストロズに戻るための、準備なのだろうか?「違う」クレメンスは、強調した。

「楽しみたいだけなんだ」クレメンスは言った。「土曜日に投げるから、まぁ見ていてよ」

スキーターズのフロント陣は、月曜日にクレメンスが投げるのを見た。伝えられるところでは、アストロズのスカウティング・ディレクター、マイク・エリアスもその場にいた。

クレメンス自身は、独立リーグの打者と対戦するには充分な状態だと考えているが、彼はその事を、それ以上のこととは捉えていない。

「練習で投げるのと試合で投げるのでは、大きな違いがあるんだ」クレメンスは言った。「マウンドに上った時は、35才に戻った感じがするだろうけど、何球か投げた後に、僕は50才だって感じるだろうね。”なんて馬鹿なことしているんだ?”って」

青いボタンダウン、デニムのジーンズ、カウボーイブーツとスキーターズの帽子を身につけたクレメンスは、記者で満杯になった部屋で会見に応じた。そしてシュガーランドの公式発表では、7,500席のコンステレーション・フィールドに、火曜日は8,000人近くの観客が集まった。

しかしスキーターズは、ほとんどの試合で満員を記録していて、シーズン140試合の半分を過ぎた時点で、予想の観客数を上廻った。そしてチームに伝説の投手が加わることによる宣伝効果は、その邪魔にはならない。クレメンスの土曜日のデビューは、立ち見が出るほどの観客を集めるのは確実で、それに加えてチームが、どうやってコントロールすれば良いのかわからないほどのメディアが殺到するだろう。

2007年を最後にメジャーリーグで投げていないクレメンスは、45分間の記者会見で、彼の考えを語った。もう一度メジャーリーグで投げる自信があるのかと繰り返し尋ねられ、クレメンスはその意見を一蹴した。

「5年前とは違うんだ」クレメンスは言った。「僕は50才。僕はその事が解っている」

スキーターズとの話し合いは、約1ヶ月前に始まった。クレメンスは監督のグレィ・ガエッティからテキスト・メッセージとEメールを受け取った。そのやり取りを数回繰り返した後、”なぜ君は、ここで投げないんだ”とガエッティから尋ねられた。彼はクレメンスが2004年-06年の3年間ヒューストンに戻っていた時に、アストロズで打撃コーチをしていた。

ヒューストンのメモリアルパークまで3マイル走り、一般的な運動をして体調をキープし、ソフトボール・リーグで50試合以上プレーしていたクレメンスは、スキーターズでの試みを始めるために、ちょっとした決断が必要だった。しかしアストロズで投げるために引退を撤回するとの報道を繰り返し否定した2004年のことを考えれば、2012年のロケットの登場が1回だけであるという事に対する懐疑的な味方は続くに違いない。

疑いようがなく人を引き付けるクレメンスは、どこへ行っても素晴らしい光景を作り上げるだろう。その一部は、彼のキャリアによるもので、彼はレッドソックス、ブルージェイズ、ヤンキース、そしてアストロズで過ごした24年間で7回のサイヤング賞に輝いている。しかしそのもう一部は、彼の偽証のためでもある。彼がステロイドとHGHを使用したとのミッチェルレポートの告発を公に否定した後の2008年、議会と政府の調査委員会で証言を求められた。そして6つの偽証で訴追されていたが、6月に無罪放免となった。

2004年にアストロズと10年間の個人サービスの契約を結んでいたクレメンスは、引退した時から、それが始まる契約になっていた。そして彼は、将来的にも彼らと関係を続けるように見える。彼はオーナーのジム・クレーンと共にオールスターを観戦し、どの様な形がベストなのかを数回にわたって話し合った。 

しかしクレメンスは、投手としてアストロズに加わる話は、クレーンとしたことがないと強調した。

「彼らと働くことを楽しんでいる」クレメンスは言った。「もし彼らから、何だかの形で助けてくれないかって聞かれたら、僕は彼らを助ける。ここは僕のホームタウンだから」

「僕はメジャーリーグを行ったり来たりしたし、引退も撤回した。あまり先のことは、考えないようにしている。僕は土曜日に投げなくてはならない。それを楽しもうと思う」

クレメンスがスキーターズのクラブハウスに入った時、全くのよそ者にはならない。2000年代の半ばにアストロズでプレーしていたジェイソン・レーンとティム・レディングの二人が、今シュガーランドで投げている。

外野手としてヒューストンで2回プレーオフに出場したことがあるレーンは、ロケットとの再開を楽しみにしている。外野手から投手に転向したレーンは、クレメンスと投球について話したいと思っている。

「楽しみだ」レーンは言った。「僕は彼と一緒にいるのが好きだった。今回みんなは、彼がどれだけプロフェッショナルなのかを見ることができる。僕はチームメイトとしての彼の良さを知っている」

それは1試合だけのチームメイトになるかもしれない。それか多くて2回。それかもっと。それはクレメンスにも判らない。

「もし土曜日に上手く行けば、だぶんもう1度ってなるだろうね」クレメンスは言った。

ホームゲームだけ?

「そのとおりだ」クレメンスはニヤリと笑った。

参考記事:Clemens' comeback planned for one game By Alyson Footer / MLB.com | 08/21/12 10:45 PM ET
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120821&content_id=37089522&vkey=news_mlb&c_id=mlb

↑このページのトップヘ