カテゴリ: レッドソックス

junichi-tazawa-e46717dc3cd543f6

レッドソックスは火曜日、右前腕部を痛めたジョエル・ハンラハンを15日間故障者リストに入れてことで、9イニングのプランAとプランBが使えなくなった。

アンドリュー・ベイリーが右の二頭筋を痛めてすでにDL入りしているなかで、ジュンイチ・タザワがクローザーを務めることになった。

「コージ(・ウエハラ)は7回、8回で素晴らしい仕事をしている」レッドソックスのジョン・ファレル監督は述べた。「クレイグ・ブレスロウをその中に加えて、クローザーをジュンイチにすることで、より多くの選択肢ができると思っている。ジュンイチのパワフルな投球を、私は気に入っている」

「それに彼は、相手が右でも左でも大丈夫だから。うちの遅いイニングに投げる選手たちは、試合をコントロールしていくなかで、とても良い仕事をしている。すべてのことを考えて、ジュンイチにした」

ハンラハンのロスター枠に、レッドソックスは3Aポータケットから、右腕のアレン・ウェブスターを呼んだ。彼は不調のフェリックス・ドゥブロンの代わりに、水曜日に先発予定だ。

昨シーズンの後半戦から、レッドソックスのセットアップマンとして素晴らしい仕事をしているタザワは、クローザーを務めることを楽しみにしている。

「僕はいつも、目の前の仕事に集中している」タザワは言った。「それが僕の、最初からの心構え。二人が故障者リストに入って、(クローザーの)チャンスがあると思っていた。だけど僕は、目の前のことに集中していく」

タザワはそう遠からずに、馴染みのセットアップの仕事に戻るかもしれない。レッドソックスが遠征での9連戦の始めにレイズと対戦する時、ベイリーは故障者リストから戻ってくることが可能になる。

4月14日から29日まで右のハムストリングを痛めて故障者リストに入っていたハンラハンは、今シーズン2度目の故障者リスト入りとなった。

彼は今回のケガが、大したものではないと確信している。

「長い目で見れば、チームにとって良いことだと思う」ハンラハンは言った。「手術するようなものではないから、前向きに考えている」

レッドソックスは木曜日に、MRIを含めたいくつかの検査をハンラハンに受けさせる。

「あと一人、別の医者に見てもらう必要がある」ハンラハンは言った。「だけどそれ以前に、僕は大丈夫だと思う」

ハンラハンのケガの時間的な見込みは立っていないが、それは計画的なものだ。

「時間的なことを決めずに、注意深くしたいんだ。そして彼が早く治るのか、長くなるのかは、その状態次第で決める」ファレルは語った。「今は、彼の右前腕部に痛みがあるということが分かっているという段階なので、休ませる期間は症状次第で決めることになる。そのうち前腕の再検査や再MRIをすることになると思う。現時点では、彼は休ませる」

参考記事: With Hanrahan on DL, Tazawa becomes the closer By Ian Brown and Jason Mastrodonato / MLB.com

29おそらくシーズンオフの間に不十分だったものが、リリーバーのコージ・ウエハラの獲得によって埋められた。

レッドソックスでの最初の2度の登板でウエハラが、対戦した6人の打者をアウトに獲るのに要したのは、たった14球だった。

金曜日夜の6回、フェリックス・ドゥブロンが先頭打者に二塁打を与えた後、ウエハラは続く二人の打者を三振に獲り、3人目はフライアウトに仕留めた。彼はマウンドを後にしながら、感情を爆発させた。

「彼は1イニング限定にするつもりだ」ジョン・ファレル監督は言った。「彼の投球数は、できる範囲でもっとも少ないものだし、その情熱や勢いが、いつでも彼を使う気にさせる。彼は競い合うことが好きなんだ。イニングを抑えて、グラウンドから戻ってきた彼からは、エネルギーが感じられる」

「幸運にもうちには、したいことができるだけのクオリティの選手層がある。私たちには、いろいろなことをするだけの能力がついてくるだろうし、コージは、それらのことをするときの重要なファクターの一人だ」

38歳のウエハラは昨シーズン、レンジャーズで防御率2.42を記録した。

「昨年も彼は何回か連投しているし、私たちもそれは考えなくてはならない。彼からその可能性を排除しない。彼はとても成功した長いキャリアを持っていてるしね」ファレルは言った。「私たちが注意しなくてはならないのは、彼の健康状態だけだ」

参考記事:Uehara dominant in early outings for Red SoxBy Ian Browne / MLB.com

マイク・ナポリとレッドソックスが1年契約に合意したと発表されたすぐ後、ナポリと代理人のブライアン・グリーパー、そしてレッドソックスのベン・チェリントンGMが出席した記者会見があった。その会見のメインテーマがナポリの股関節の故障にあったのは明らかで、3年39百万ドルの最初の契約が見直された理由が明白になった。

ナポリは、両方の股関節に虚血性壊死(AVN)を起こしている。AVNは血流障害によって骨組織が壊死してしまう疾患である。mayoclinic.comには、「骨折や脱臼によって、特定の骨部位への血流が阻害されることがある」とある。

AVNは、ボー・ジャクソンのフットボールと野球のキャリアを終わらせることになた原因の一つだが、ブレッド・ファーヴはNFLキャリアのほとんどを、その状態でプレーした。

ナポリの代理人によれば、昨春のMRI検査でAVNは見つからなかった。それはレッドソックスの身体検査で見つかった。またその問題は、彼のパフォーマンスには影響しないが、一塁へ動くことは彼のクライアントへ助けになるだろうと強調した。

「これは彼になんの影響も及ぼさない」グリーパーは言った。「マイクに症状はない。痛みもないし、動きが制限されることも何もない」

そしてすべてが分かったことで、なぜナポリの3年39百万ドルの契約が、最終的に1年5百万ドルに修正されたのかが、簡単に理解できた。

参考記事:Mike Napoli has avascular necrosis in his hips By Matt Snyder  CBSSports.com

ウインターミーティングの月曜日の朝、レッドソックスとフリーエージェント強打者マイク・ナポリが、3年39百万ドルの契約を結んだとのニュースが駆け巡った。ボストンエリアだけでなく全国のメディアのほとんどが、条件に合意したと伝えた。

そして未だにレッドソックスは、これらの報道を認めていない。

「話せることは、本当に何もないんだ」レッドソックスのベン・チェリントンGMは、水曜日に言った。「どのフリーエージェントについても、全てが終わるまでは終わりじゃない。私たちはチームを良くするために、いろいろなことを続けている。話せるようになったらすぐにでも話すけど、今はできない。最近も話し合いを持ったけど、どちらにしてもそのことを、他のことと分けて考えたくない。どうなるかは分からないけど、私たちはチームを良くしようとしているし、そうできると思っている」

大物の契約のニュースが伝わってから、チームが正式に発表するまでは通常、数日から長くても1週間だ。例えばレッドソックスは、ライアン・デンプスターとの契約を水曜日に発表した。それが最初に伝わったのは先週の木曜日(6日前)だ。ジョシュ・ハミルトンがエンゼルスと契約したと正式に発表したのは、ニュースが伝わってから2日後だった。

ナポリの契約が伝わったのは12月3日。16日も経っているのは、普通ではない。

通常行われる大きな契約では両者が契約に合意しても、選手が身体検査にパスするまでは契約は完了しない。通常記者が情報を掴むのは合意したあとで、身体検査の前である。それから身体検査があって、正式な契約が結ばれて、チームからプレスリリースが出される。

基本的に、契約に合意してから正式なものになるまでに、2週間以上を要してはいけない。従って、何かが起こっている可能性がある。そして誰もが、身体検査で何かがあったのだと考えざるえない。

今1人の記者が、契約が御破算になったと報じたからといって、ナポリの身体検査が完全に通らなかったとは言えない。ナポリの身体検査の結果の中にレッドソックスは、彼らの契約を保護するための言葉を最初の合意に加えるか、内容を変えたくなる何かを見つけた可能性がある。しかしそれは分からないし、推測するしかない。

ここにそのレポートがある。先週報じられたものだ。

“ナポリの契約は、交渉段階に戻ったらしい。チームはナポリに、1年あたりを同じ条件で年数を減らしてほしいと尋ねたようだ 。スウィッシャーがプランBだ”

例え何が起こっていても、契約が発表されるまで、メディアとファンは待つだけである。

31歳のナポリは今シーズンのレンジャーズで、.277/.343/.469、24本塁打、56打点だった。2011年のナポリは113試合の出場で、.320/.414/.631、30本塁打、75打点とキャリア最高の年だった。フェンウェイ・パークでキャリア73打席のナポリは、.306/.397/.710、7本塁打、17打点を残してる。


Ortiz gets standing ovation

レッドソックスと新たに2年契約を結んだデビッド・オルティスは、ボビー・バレンタイン前監督の最近の発言について、沈黙を破った。

オルティスは、レッドソックスがシーズン中に、エイドリアン・ゴンザレス、ジョシュ・ベケット、そしてカール・クロフォードをドジャースにトレードをしてから、彼がプレーを拒否したとバレンタインがNBCスポーツのボス・コスタスに話したことに、不快感を持っていると言った。

バレンタインの発言は、レッドソックスが優勝争いから脱落して、オルティスは7月20日以降、僅か1試合の出場の原因となっている右アキレス腱の怪我から、急いで戻ろうとしていなかったというものだった。

「気分は良くないね」オルティスは言った。「10年間ここにいて、俺が野球のことをどう思っているのか、みんな良く知っているだろ。一番大切なのは、毎日みんなの顔を見ることで、グラウンドで球団に貢献することが、俺にとって本当に重要なことなのは、みんなが知っている。そのことには、これだけ言えば十分だろ」

「あと2年、俺が球団にいることになったのは、俺たちにとって良いことだと思う。正直に言って、もし前の監督が何かを言っても、今の俺たちには関係ない」

フェンウェイパークの記者会見場の壇上にいる間、オルティスはバレンタインに対して、大人の対応を見せた。

この日の早く、ESPNデポルスのインタビューを受けたオルティスは、そうではなかった。

「テレビでその発言をしたあと、バレンタインは俺にテキストメッセージで“メディアが発言をねじ曲げた”って送ってきた」オルティスは言った。「返事を返さなかったし、自分に“彼は精神に問題があって、薬を飲むなり、何かする必要があるんだ”って言い聞かせた。俺は正気でない人間を相手にしているんだから、落ち着けって。そんなことは放っておけって自分に言った」

オルティスは、レッドソックスがペナントレースでどこにいたときも、一方的にプレーを“拒否”したことは決してないと断言した。 

「(プレーを)止めることは、医者と球団、監督と俺が決めたことだ」オルティスはESPNデポルスに語った。「アキレス腱の状態を悪化させないために、プレーを止めた方が良いとチームドクターが勧めた。選手にとって、試合に出ることは、当たり前のことなんだ」

参考記事:Ortiz takes exception to Valentine's comments By Ian Browne / MLB.com | 11/05/12 7:00 PM ET

78d45a_042911redsoxce03ダイスケ・マツザカをボストンに連れてくる時に、レッドソックスが払った103百万ドルのほとんどが無駄遣いであったことを、私たちのほとんどは認めるだろう。

そう、彼は2007年のアメリカンリーグ・チャンピオンシップ・シリーズ第7戦で勝った。

確かに彼は、ワールド・シリーズでコロラド・ロッキーズを破った。

確かに2008年の18勝3敗という成績は、投手を上手く使うテリー・フランコナの能力があったにしても、悪いものではなかった。

そしてそう、忘れてはならないのは、マツザカと話をするためだけに、レッドソックスは51.1百万ドルの“ポスティング・フィー”を支払ったことだ。

しかし曖昧な言い方はやめよう。君たち、私、そしてレッドソックスは、Dice-Kが2007年のスプリングトレーニングの時から、前評判通りでなかったことを知っている。その時が、この失敗の始まりだった。

コントロールの悪さもあったが、ダイスケ・マツザカの失敗は違うレベルだった。彼はエキサイティングでは無かった。実際のところの彼は、ひどく退屈だった。刺激も興奮も無かった。

面白くなかったのかって? イニングの間に内野を整備するグランド・クルーを見ている方が、よっぽど楽しかった。

私はダイスケが初めてスプリングトレーニングに来た07年のことを、決して忘れないだろう。バッティング練習で、最初に彼と対戦したのは、ボビー・スケールズと言う名前のマイナーリーガーだった。その時までの彼は、おそらく多くのメディアに囲まれたことなど無かっただろう。しかしその日、レッドソックスの広報ジョン・ブレイクは“ボビー・スケールズは、10分後にインタビュールームに現れる”と発表した。そしてみんなが、スケールズに質問するために、三塁側観客席の下にあった狭いインタビュールームに集まった。

ジョニー・エイヤースを覚えているだろうか?フットボールと野球の2つのスポーツで、ボストン大学のスターだった男だ。彼はイーグルスがレッドソックスと対戦した親善試合で、リードオフだった。レッドソックスはDice-Kのデビューに対して、安全な方法を選択した。エイヤースは、レッドソックスのユニフォームを着たその右腕の第1球をレフト側へ打ち返し、二塁打にした。試合が終了した時でも、エイヤースはインタビュールームでインタビューを受けていた。

ジャイロボールを覚えているだろうか?私たちは、それが何のことか知らなかったが、聞こえはとてもクールだった。そしてDice-Kはジャイロボールを投げると、私たちは噂していた。ジャイロボールに期待していたレッドソックスファンは、それが無かったことについて失望した。それはただの誇大広告だったのだ。

とてもたくさんの日本のメディアが、米国での1年目の松坂を取材するために送られてきた。そしてレッドソックスは多目的のメディアルームを追加するなどして、プレスボックスを改修した。マツザカがマウンドに上がる日、そこは満員になった。

Dice-Kの三年目が終わった時、日本のメディアは日常的にレッドソックスの試合を取材しなくなっていた。彼らは他の選手には、興味がなかったのだろう。

そしてそれは、良いことではなかった。なぜならチームの国際色が少しずつ強くなっていたレッドソックスを見ることは、とても面白かったからだ。彼らにはすでに、ドミニカ人のデビッド・オルティーズとマニー・ラミレス、そしてキューバ系の三塁手マーク・ローがいた。そしてレッドソックスには、ダイスケ・マツザカと仲間のニューカマー、ヒデキ・オカジマの、二人の日本人選手がいた。

レッドソックスは競争力を保つために、グローバル化を続けている。違う国からきた選手が、ホームの白いユニフォームを着た時のフェンウェイパークには、特別な熱狂がある。ドミニカの星ペドロ・マルティネスがマウンドに立った時のことを覚えているだろう?そしてその雰囲気は、遠い国からレッドソックスに来た彼らを後押しする。

しかしダイスケ・マツザカは、レッドソックスでは、スペシャルにならなかった。そして彼の記憶は、わずかだ。彼はだだの一人の払い過ぎた選手に過ぎず、彼は来ても、来なくても、そのどちらでも、何ももたらさなかった。

参考記事:Dice-K era crapped out By Steve Buckley Boston Herald
http://www.bostonherald.com/sports/columnists/red_sox/view.bg?articleid=1061165812&srvc=rss&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+bostonherald%2Fsports%2Fbaseball+%28Red+Sox+%26+MLB+-+BostonHerald.com%29


Matsuzaka on his start in loss 

シーズンの終わりも近づき、ダイスケ・マツザカが、来季もレッドソックスに戻ってくるに値することを証明するチャンスは、あと僅かになっている。

シーズン終了後にフリーエージェントになるレッドソックスのその右腕は、土曜日夜のブルージェイズ戦に先発したが、被安打5、5失点、試合は9-2で破れて、彼は負け投手となった。2回の先頭打者ユネル・エスコバーの先頭打者ホームランを皮切りに、彼自身を救い出すことができない程の崩壊は、全て2回に起こった。

そのチームでの未来があるのかが判らない中で、最近の彼が立て続けに見せた不充分な投球によって、レッドソックスのユニフォームを着たマツザカを見るのが今年で最後になる可能性は充分にある。

「正直に言って、来年もレッドソックスのユニフォームを着ることができるのか判らない」マツザカは通訳のジェフ・カトラーを通して言った。「前にも言った通り、僕はこのレッドソックスのユニフォームを着ることを光栄に思っているし、その事で僕が余計なプレッシャーを感じることはない」

マツザカがストレスを感じていたのは、土曜日夜の試合で2回を終わらせるためにものすごい努力が必要だったことだ。結果的には1 1/3イニング、42球で、7月2日にオークランドに6-2で負けた試合の1イニング28球に継ぐ、キャリアで2番めに短い登板だった。

慰めとなることは、マツザカは雨でずぶ濡れになるほど長い間、マウンドにいる必要がなかったことだ。雨は選手とフェンウェイパークに集まった37,107人の観客に容赦なく降り注ぎ、2度の中断で2時間3分も試合を遅らせた。

マイク・アビレスの三振で試合が午前0時9分に終わった時、2時間55分もかかったその試合の結果も容赦ないものだった。完全に終わるまで5時間近くかかったのと同時に、63勝77敗になったレッドソックスはアメリカンリーグ東地区でジェイズと並んで4位タイに転落したのだ。

「最初(のイニング)は、良かったんだけどね」レッドソックスのボビー・バレンタイン監督は、マツザカについて言った。1回のマツザカはジェイズを19球で片付けて、二つの三振を取っていた。「だけど2回の最初(の球)が、フェンスを超えてしまった。その後も彼はちゃんとした投球をしていたけど・・・、充分ではなかった」

昨年の6月にトミー・ジョン手術を受けてから1勝5敗のマツザカは、残りの7 2/3イニングを5人のリリーバーに任せて、マウンドを降りた。

「疲れるよね」バレンタインは言った。「選手は、負けた状況からプレーすると疲れるんだ。保証するよ。イニングをこなすだけのブルペンは、疲れるんだ。それは大変だよ」

アルフレッド・アセベス、アンドリュー・ミラー、そしてマーク・メランコンが3回から7回までを投げて、5 2/3イニングを無失点に抑えた。彼らは16人の打者のうち14人をアウトにして、うち最後の13人は連続でアウトにした。

そしてビセンテ・パディーラが、7回に3安打を与えて失点して、ブルペンの連続無失点を終わらせた。

その後アンドリュー・ベイリーが、9回にアンソニー・ゴスにスリーランホームランを打たれた。ゴスはメジャーリーグキャリアで始めてのホームランをライト側観客席に叩きこみ、試合を決定的なものにした。

「ここ2試合、チームの役に立てなかったことに、本当にストレスを感じている」マツザカは言った。彼は8月27日にフェンウェイパークで行われて5-1で勝利したロイヤルズ戦で、7回を投げて被安打5、与四球2、6奪三振、自責点の付かない失点が1と素晴らしい投球を見せていた。

続いた9月2日のオークランドでの彼は、不充分な投球だった。6-2で負けたその試合で、彼は3 2/3イニングを投げて被安打7の6失点だった。

「良い状態が続かないことに、不満を持っている」マツザカは言った。「日々、いろいろ難しいなと思いながら過ごしています」 

しかしマツザカの次回の先発が、おそらくレッドソックスでの最後の登板になるかもしれない。

参考記事:Could these be Matsuzaka's last days in a Sox uniform? Posted by Michael Vega, Globe Staff September 9, 2012 01:21 AM BOSTON.COM
http://www.boston.com/sports/baseball/redsox/extras/extra_bases/2012/09/could_these_be.html  

↑このページのトップヘ