カテゴリ: レッドソックス

昨日のボルチモア・オリオールズ戦の1イニングの中で上原浩治は、疑いと戦っていたと語った。おそらくオリオールズは、そのことを疑うだろう。

そしてもし上原が、何かに疑いを持っていたとしても、それらはすぐに取り除かれるべきだったのかもしれない。彼はフェンウェイパークでレッドソックスが4対2で勝利した試合の9回に、セットアップマンの田澤純一をリリーフして、JJ・ハーディ、ジョナサン・スクープ、そしてスティーブ・ローバンジーを三振に獲ったことで、3連戦の2試合目でシーズン4セーブ目を記録したからである。
 続きを読む

メジャーリーグ・ベースボールのリプレーシステムは、審判の判定に対する人的要素の影響を少なくするために導入された。しかし最近2試合のそれぞれで、リプレー判定に不明確な部分が出てきたことで、その人的要素がトラブルの種になるという違う面が現れたと、レッドソックスのジョン・ファレル監督は、日曜日の夜に語った。

続きを読む

レッドソックスは、日曜日のヤンキース戦の前に良いニュースを受け取った。クローザーの上原浩治は、ジョン・ファレル監督が言うところの「良いスローイング・セッション」を行なうことができた。
 続きを読む

レッドソックスのジョン・ファレル監督は、ヤンキースに7対4で負けた土曜日午後の試合の8回に、2塁でのプレーにチャレンジした。しかしその判定は、テレビ映像では覆されるべきだったにも関わらず、維持された。
 続きを読む

ボストン・レッドソックスのジョン・ファレル監督は、木曜日夜のヤンキース投手マイケル・ピネダの右手のひらに、松ヤニのようなものが付いているのに、4回までは注意を払わなかったと語った。

5回のマウンドに上ったピネダの手のひらは、ファレルによれば、きれいに拭き取られていた。従ってその監督は、審判団に注意を促すことができなかった。そして試合後のピネダは、それは泥であると説明した。
続きを読む

↑このページのトップヘ