カテゴリ: レッドソックス

ほとんどの球場で夕方は、外野手がフライボールを正しくつかむには、とても難しい時間帯である。それは火曜日の夜、レッドソックスのレフト選手ジョニー・ゴームスに起こったが、ブロック・ホルトが、それを救った。
 続きを読む

上原浩治は、いつまでレッドソックスのクローザーでいてくれるのだろうか?

そのリリーバーが、1年4.25百万ドル(と2014年のべスティング・オプション)で契約した時、それには引退が近づいている39歳が球界を去る前にレッドソックスで2年間だけ、堅実なベテランの投球を見せてくれること以上の期待はなかった。
 続きを読む

35歳から39歳のシーズンのヤンキースの右腕マリアノ・リベラは、驚愕の331試合、361回2/3を投げた。

この期間のそのクローザーは、驚異的なWHIP0.904、9イニング当たりで許したヒットが6.67、1四球当たりの奪三振が6.07、対戦した打者の25.4%から三振を奪い、防御率1.89、ERA+236を記録した。おそらく最も衝撃的なのは、これらの成績のそれぞれが、その前の5年間よりも良くなっていることである。
 続きを読む

デビッド・オルティスは、金曜夜の試合でデビッド・プライスから彼に向かって最初に投げられた94マイルのファストボールを当てられたことに憤慨していた。それは昨年10月のア・リーグ地区シリーズの第2試合で、オルティスがプライスから2本の本塁打を打って以来の対戦だったが、オルティスは、そのレイズのエースに対して、尊敬を失ったと発言した。
 続きを読む

水曜日の夜にマニー・ラミレスは、2004年のチャンピオンチームのレッドソックスの一員として、10年ぶりにフェンウェイ・パークに戻ってきた。彼は始球式で投げ、そしてカブスのマイナーリーグのコーチ兼選手という新しい仕事についての質問に答えた、彼はまた、レッドソックスにいた時に、とても悪い振る舞いをしてしまった人に謝罪した。
 続きを読む

レッドソックスのキャッチャー、A.J.ピアジンスキーが、金曜夜のダルビッシュ有のほぼノーヒッターにユニークな見方を示すことができたのは、前回ダルビッシュが、8回2/3を無安打に抑えた時にキャッチャーを務めていたのが、ピアジンスキーだったからである。
 続きを読む

相手打線を打率.238に抑えている上原浩治だが、彼自身は、それほど良い投球ができていないと考えている。

木曜日の夜、9回にタンパベイ・レイズのショート選手ユネル・エスコバーに本塁打を許し、2013年9月17日以来の初めての負けを記録した上原は、取材陣に「毎年あること。4月や5月は、昨年もあまり良い投球ができていなかった」と語った。
続きを読む

↑このページのトップヘ