カテゴリ: レッドソックス

0905 Hideki Okajima-thumb-275x337-64122ヒデキ・オカジマは、将来について何も決めていない。

「来シーズン、どうするかなんて判らないよ」オカジマは、通訳のジェフ・カトラーを通して答えた。3Aポータケットのレギュラーシーズン最終戦の前だった。「引退するかも知れない。日本に帰るかも知れない。ここにいるかも知れない。本当に判らないんだ。シーズンオフになったらもう一度、どうするのか考えないと」

オカジマには、奇妙な年になった。少し前まで、レッドソックスでジョナサン・パペルボンの前の第一セットアッパーだった。彼のシーズンは3Aで始まったが、4月中旬にメジャーに呼ばれてから、7回の登板機会があった。その後、彼はDFAになり再度マイナー契約を結びポータケットに戻った。

レッドソックスはオカジマを省いたあと、半ダースもの左腕リリーバーを使った。そして彼らは、彼を戻そうといういかなる素振りも見せなかった。

それはオカジマにとって、驚きでは無かった。

「40人枠を外れてDFAになったあとは、ボストンには戻れないと判っていた」彼は言った。「僕は他のチームで投げたかったけど、そうはならなかった」

レッドソックスが彼のトレード先を見つけることが出来れば、そうすることは理にかなっている。 35才の左腕は、その代わりにメモリアルデー前からポータケットのために投げ、インターナショナル・リーグのプレーオフが終わるまでそうするだろう。

もしこの先、彼がメジャーリーグで投げることがなければ、彼はキャリアで246 1/3イニングを投げ、防御率は3.11、215奪三振だ。

「こんなふうになるとは、予想していなかったけど、これが現実だね」彼は言った。「僕がここにいて、今のこの時期に、こんな状況でいることには明らかに失望している。でもこれが現実で、僕にはどうすることもできない。僕は現実を受け止めて、試合に集中しようと考えなおした。だから来シーズンもどこかでやりたいよね」

オカジマは今シーズン、3Aポータケットで51イニングを投げ、防御率は2.29、三振四球比は5.33だ。日曜日のロチェスター戦では、2回を投げて無失点3奪三振だった。左打者の彼に対する打率は.190、出塁率は.222だ。右打者の彼に対する打率は.220、出塁率は.254だ。

彼は、厳しいカッターを使っていた。スプリングトレーニングの時にレパートリーに加えたかったものだ。特に右打者相手だ。彼のファストボールとカーブボール、スプリッターのコントロールは、彼が必要としている以上に、充分なものだ。

「僕のファストボールは、100%では無いね」彼は言った。「もっと投げる場所に注意して、もっとコーナーに投げられるようにすれば、それは本当に機能する。こういう投球の結果は出ているんだけど・・・」

「少なくともマイナーリーガーに対しては、通用することは解っている」

しかしオカジマは、マイナーリーガーをいくら打ちとっても、それがメジャーリーガーに通用するとは意味しないことを、
他の人々と同じくらい知っている。彼はこの冬、メジャーリーグのチームたちが、彼が今でもアウトを取れると信じているかを見ることになる。

その間に彼は、ポータケット・レッドソックスのプレーオフで、遅いイニングでの第一リリーバーの一人として楽しむことができる。

「僕の野球キャリアの中で、ここでプレーオフに出るなんて、考えもしなかった」彼は言った。「楽しいよ。全部の試合が、僕の最後の試合になる、全てのアウトが僕の最後のアウトになると思ってプレーしている。それと、できるだけ楽しむこともね」

参考記事:Hideki Okajima pondering future -- including possible retirement  12:40 PM Mon, Sep 05, 2011  
Brian MacPherson  Projo Sox Blog
http://soxblog.projo.com/2011/09/hideki-okajima.html 

金曜夜のフェンウェイ・パーク、最下位のオリオールズを相手にしたレッドソックスは、10-3であっさりとそよ風が吹くように勝つと思われた。それはボルティモアのクローザー、ケビン・グレッグがデビッド・オルティーズの内角に3球続けて厳しい球を投げるまでだった。最終的に両チームのベンチが空になる乱闘になり、4人が退場となった。

3球目の当たりそうな球を避けた指名打者のオルティーズは、その6フィート4インチ、230ポンドの体でマウンドに歩み寄り、グレッグに何かを叫んだ。そして両方のブルペンとベンチは空になり、両チームに警告が与えられたが、退場者は出なかった。

次の投球、カウントは3-0、オルティーズはセンターに浅いフライを打ち上げ、1塁に向かってゆっくり走り始めた。その時グレッグは、何かを叫んだ。グレッグはプレートアンパイア、マイク・エスタブロックにより即座に退場になったが、オルティーズはその投手に向かって突進した。グレッグからの頭に向けたパンチは避けたが、二人が簡単にスクラップになる前に、再び両方のベンチは空になった。

Benches clear at Fenway 

「俺にとっての状況は」グレッグは言った。「オルティーズが内側に立ったから、俺は内角に投げなければならなかった。最初の球はそんなにコーナーから外れていなかったのに、奴は頭に球がとんできたかのように大げさに避けた。次の球はもう少し内側だったから、奴は気に食わなかったんだろうね。俺に何か言ってきた。それでも俺はまた、そこに投げるつもりだった。俺は奴がブラッド・バーゲセンにしたように、マウンドで降参するつもりはない。真ん中にライナーを打ち返すか、壁までとどく打球を打てば良いんだ。それで、奴は満足だろ」

7点リードしている状況で、オルティーズがゆるいフライボールをセンターに打ち上げた後、ファーストへ走らなかった事にイライラしたとグレッグは語った。

「奴らは泣き言をいっているんだ。説明してくれよ。奴らは自分たちが特別だと思っているんだ」グレッグは言った。「違うのなら、なぜ文句をいうんだ。俺は、奴らと同じように内角の球を投げただけだ。誰でもイライラするさ。あれはプレーの一部だ」

オルティーズもまた、退場になった。試合後レポーターは、彼に話を聞けなかった。しかし彼のチームメイトは、グレッグの内角への投球に違う意見を持っているようだ。

「彼は何をしたかったんだろう」ダネル・マクドナルドは、グレッグについて言った。「ただ内角に投げたかったって?いや、それだけじゃないよ。長いことメジャーを見ていれば、もし誰かが内角に投げたいって言ったら、彼にぶつけたいってことだって、解るだろ。パピは明らかに、彼がぶつけにきていると思ったはずだ」

ジョシュ・ベケットは、左膝の軽い張りが理由で、予防的に5イニングでマウンドを降りた。彼が思ったのは、もし二人が3球目のあとに退場になっていれば、こんな事は起こらなかったということだ。

「ルールでは、もし何かが起こったらマウンドを去るんだ。自動的に退場になる」ベケットは言った。「起こったことはしょうがないけど、もしエスタブロックがデビッドを退場させていれば、誰かが同じことをしようとしても、 グレッグが3回も当てようとしても、それはできない」

ベケットは、レッドソックスが1回に8点を取ったことだけが理由でグレッグがオルティーズにイライラしたのではなく、先発のザック・ブリトンが0.2回しかもたなかったことも原因だと思っている。

「僕たちは打撃が良いチームだから」ベケットは言った。「それに打撃ばかりではなく、走塁でも得点していた。それはいかに戦うかだ。たぶん彼らは、違うと言うだろう。たぶん彼らには見たくない何かが見えているのだろう。しかしもし、僕たちが1回に8点を取ったという理由だけで、彼らがああいう投球をしてくるのなら・・・、先は思いやられるよね」

ボストンの外野手、ジョシュ・レディックはオルティーズがフライを打ったとき3塁にいた。しかし彼がタッチアップをしようと一旦ベースに戻ったとき、球場から即座に湧き上がった乱闘に対する騒ぎを耳にした。彼はベースラインを離れてアウトになり、このイニングを終わらせた。

「あのような状況の時は、そこでアウトにならなければならない。そうやってチームメイトを助ける」レディックは言った。「幸運にも僕たちは少しリードをしていたから、勝敗には関係なかった。アウトにならないで、状況を悪くしてはいけない。判断を誤ってはいけないんだ。そうやってチームを助ける」

”化学反応”は、クラブハウスでとても大きなものだ。 ファンは想像できないだろう。しかしロッカールームでは、たくさんの化学反応が起こっている。

レッドソックスのキャッチャー、ジャロッド・サルタマキアもまた、その騒ぎの中で退場させられた。しかし試合後も彼は、なぜそうなったのか納得できず、それについて明日また電話すると言った。ボルティモアのリリーバー、ジム・ジョンソンも積極的に関わったとして退場させられた。

オリオールズの外野手ニック・マーケイキスは、オルティーズがグレッグを挑発したのではないかと考えている。

「2アウト、カウント3-0からの投球、彼は7点差のほとんど試合が決まっている状況で3-0から振ってきたんだ」マーケイキスは言った。「僕は良くないと思うな。(オルティーズは)あれよりも、良いやり方を知っているよ。お互いの立場を考えるんだ。ちょっと子供っぽいよね。彼には自分が犯した間違いを振り返ってほしいって僕は言いたい。特に、ピッチャーに向かっていったことに。何を言われたかに関わらずね」

どちらの選手とコーチも傷つかなかった。しかしレッドソックスの1塁コーチのロン・ジョンソンは、グランドの真ん中で押しつぶされた。マクドナルドは、乱闘の最中に寝転がるのは最もしてはいけないことだと言った。しかし試合後、ジョンソンは大丈夫だと言った。

オリオールズは、ここ10試合で9敗している。今シーズン50敗目だ。

「君たちもチームが負け続けているのに、毎晩ここに来ることに疲れただろ」グレッグは言った。「俺は何とかして、俺たちの競争力を取り戻したいと思っている。俺たちが後退していないことを見せていると思う。奴らの180百万ドルの年俸なんて怖くない。俺たちには関係ない。俺たちはここで試合をするだけだ。俺たちは正々堂々試合するだけだ」

レッドソックスのテリー・フランコナ監督は試合後、オルティーズが出場停止になるかは判らないと言った。

「彼らは、自分たちがしたことの責任は取ると思うよ」彼は言った。

参考記事:Papi, Gregg involved in Fenway fisticuffs By Jason Mastrodonato / MLB.com | 07/09/11 12:37 AM ET
http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20110708&content_id=21613162&vkey=news_bos&c_id=bos

昨日、松坂大輔はフェンウェイパークに戻ってきて、いつもと同じ様に過ごしていた。

彼はグランドでストレッチをして、通訳のケンタ・ヤマダと軽めのキャッチボールをした。レッドソックスのバッティング練習が始まるとセンター付近に立ち、飛んできたボールを処理し、セカンドベース付近に軽く投げ返した。いたって普通の光景だった。

続きを読む

↑このページのトップヘ