カテゴリ: ヤンキース

昨晩、ヤンキースのクラブハウスで私は、5人の選手に、1つのことについて質問をした。彼らのほとんどは、投手だ。それは「田中将大が優れているところはなに?」である。

記者席に戻るまで私は、それぞれの選手が違うことに注目していることに気が付かなかった。それは彼の安定性、枯渇したローテーションにおけるリーダーシップ、自信、本当にたくさんある武器とその破壊力である。以下は、その疑う余地のないヤンキースのエースが好投した後に、それぞれの選手が語ったことだ。
 続きを読む

かつては、フェルナンドマニアだったが、今は田中マニアである。

もし、最後にサイ・ヤング賞とルーキー・オブ・ザ・イヤーを同時に受賞した投手を探すのなら、それは1981年のフェルナンド・バレンズエラだ。 
 続きを読む

彼がマリナーズにいた時、エイミーという名前の熱狂的なファンは、セーフコ・フィールドのライト側観客席に「イチ・メーター」を掲げ、イチローのヒット数を追いかけ続けた。その光景は、何度も見たことがあるだろう。

続きを読む

デレク・ジーターが左肩を脱臼した2003年、彼はタンパでリハビリを行った。彼が当時20歳の若手だったロビンソン・カノに会ったのは、その時だった。 
 続きを読む

楽天ゴールデンイーグルスでチームメイトとして岩隈久志の投球を見ていた田中将大は、おそらく他のどのヤンキースのチームメイトよりも、そのマリナーズの右腕のことを知っている。したがって火曜日夜のセーフコ・フィールドで元のチームメイトが対戦するにあたって、そのヤンキースのエースは、岩隈の攻略法について打者からアドバイスを求められたのだろうか?
 続きを読む

ジェームス・シールズは、キャリアにおいてヤンキースよりも多くあたっているチームはない。彼は28回も、彼らと対戦している。

「へぇーっ、それは多いね」シールズは言った。
 続きを読む

チームメイトが田中将大について話していることを耳にすれば、彼がまだ、メジャーで12回しか先発していないとは、決して分からないだろう。

木曜日にヤンキースがアスレチックスに2対1で勝利した試合で、6回を戦い抜き、連敗を4で止めた田中についてマーク・テイシェイラは、すでにみんながその右腕について知っていることを明らかにした。

続きを読む

↑このページのトップヘ