カテゴリ: マリナーズ

シアトル・マリナーズの監督ロイド・マクレンドンの携帯電話が鳴った。ふらふらしながら電話に出た彼は、馴染みの声を耳にした。

「何してるんだ?」ジム・リーランドは言った。 
 続きを読む

メジャーリーグに加わって何百万ドルも稼ぐことができる選手は、幸せに違いない。ファンの間では、これが一般的な考え方である。

しかしランディ・ウルフのケースは、この業界のもう1つの側面を浮き彫りにした。それは選手の足元を見るチームたちが時折使おうとするルールで、冷酷な一面である。
 続きを読む

月曜日のピオリアにおいて岩隈久志は、手の強さと柔軟性を鍛えるテニスボールによる練習を離れ、野球のボールを投げる段階に進んだ。彼が野球のボールを投げるのは、この8週間で初めてのことで、45フィートの距離のキャッチボールを6〜7分ほど行った。

続きを読む

オールスター右腕の岩隈久志は火曜日、ついに良いニュースを受け取った。5週間前にキャンプが始まってから初めて、捻挫した右手中指につけられていた添え木を外すことを、医師から認められたのだ。
 続きを読む

マリナーズ・ローテーションの状態は、スプリング・トレーニング半ばにして、複数の目標を見据えた状態になっている。アリゾナで発生した鍵となる2つのケガによって目論見が外れたことで、当初予定していた計画には、必ずしも固執できなくなったのだ。

続きを読む

良い球団には、良い投球哲学があるものだ。その哲学は、シーズンが短い1Aからメジャーリーグまでの随所に見ることができる。そしてもし、今春のマリナーズに注目していれば、フェリックス・ヘルナンデスを始めとしたすべての投手が、新しいことを要求されているのを見ているだろう。それは新しく投手コーチになったリック・ウェイツの考えである。彼は新しいと言っても、過去3年間は、マイナーリーグの投球コーディネーターを任されていた。彼は、彼らのほとんどと一緒に練習をしてきたことがあるので、彼らのことは良く知っている。そして、一つのことに注目している。それは内角に投げる能力が、全体的に向上するのを見たいということである。

続きを読む

↑このページのトップヘ