ダルビッシュ有が、3年連続でオールスター戦に行く。今回の彼は、試合に参加するかもしれない。

ダルビッシュと三塁手のエイドリアン・ベルトレが、7月15日にターゲット・フィールドで行われる2014年のオールスター戦にレンジャーズを代表して選ばれた。2人は共に選手間投票で選ばれ、ダルビッシュは、5人の先発投手のうちの1人で、ベルトレは控えの三塁手としての選出である。

ベルトレは、5年間で4度目の参加となる。 
 
「最高だよ。・・・多分一緒に行くことになるから。日本語を教えてもらうよ」ベルトレは言った。「オールスターでアメリカンリーグの代表に選ばれるのは、いつだって光栄なことだよ。それは、決して変わらない」

ダルビッシュは2012年と2013年も選ばれたが、投球はしなかった。先週、投球スケジュールが変わったことで、今年の試合前には十分な休みが取れる彼は、アメリカンリーグの先発投手の有力候補である。

ダルビッシュとシアトルのフェリックス・ヘルナンデス、そしてニューヨークの田中将大の3人が、その役目の有力候補だが、田中は日曜日のヤンキースで投げる予定のため、そこからは外れるだろう。

ダルビッシュのオールスター前の最後の登板は水曜日で、ヘルナンデスは木曜日だ。従って2人は、レッドソックスのジョン・ファレル監督によって選ばれても大丈夫である。

「それはないんじゃないですかね。他に良い投球をしている人がたくさんいますから」ダルビッシュは言った。「だけどもし選ばれたら、誰にも気付かれないように、こっそりと投げたいと思います」

ダルビッシュは、ケニー・ロジャースに次いで、3度オールスターに選ばれた2人目のレンジャーズ投手である。ロジャースは、1995年、2004年、そして2005年に選ばれた。彼はまた、トム・シーバー、ドン・ニューカム、ドワイド・グッデンに次いで最初の3シーズンのすべてでオールスターに選ばれた4人目のメジャーリーグ投手である。

「オールスターでプレーすることは、とても光栄だし嬉しいです。驚いている部分もありますけど。素晴らしい投手がたくさんいて、僕は満足できる登板ていうのが、あまりありませんから。多分みんなは、去年のイメージをまだ持っているんじゃないですか」

2010年のレッドソックスで、初めてオールスターのメンバーになったベルトレは、2011年と2012年はレンジャーズを代表した。74試合で打率.333、11本塁打、46打点の彼は、ケガ人続きのレンジャーズで希望の星である。

「大したことじゃない」ベルトレは言った。「それを自信を持って言える。うちの現状は、望んでいたものとは明らかに違うけど、毎日の試合に対する心構えはできている。次の打者が誰だとか、誰がここにいないとかは関係ないんだ。自分の仕事をするだけ」

参考:MLB.com