アストロズの流出した内部文書によって、3月のヤンキースは、イチロー・スズキをトレードするだけでなく、その中で彼の給与の多くを支払う準備をしていたことが分かった。

火曜日のイチローは、その報道についての話はしたくないとNJ.comに語った。
 
「いまその話をしても、誰にも良いことはないでしょう」イチローは、ヤンキースタジアムでレイズに4対3で負けた試合後に通訳のアレン・ターナーを通して語った。

流出したその文書には、2013年6月から昨年の3月までにヒューストンが関係したトレードの話についての情報が含まれていた。

アストロズは声明で、その中の話のいくつかは真実だが、事実でないものも含まれていると言った。しかし彼らは、どれが真実なのかに言及しなかった。

アストロズの内部文書によるヤンキースとイチローの部分である。

「(ヤンキースのビリー・エプラーGM補佐が、ヒューストンのデビッド・スターンズGM補佐に) 彼らは、イチローをトレードすることを望んでいると伝えた。彼らは、イチローに対する支払いを2百万ドルまで下げることを受け入れる」

未来の殿堂入り選手でありながら、現在は控え外野手のイチローの2014年の年俸は、6.5百万ドルである。もしヤンキースが、「イチローへの支払いを2百万ドルまで下げることを受け入れて」いれば、それはヤンキースが、彼の年俸のうちの4.5百万ドルを支払うという意味である。

彼は、2012年12月にヤンキースと2年13百万ドルの契約を結んだ。

今シーズンのイチローは、158打席で打率.291である。

参考:nj.com