田中将大は、日曜日にヤンキースがレッドソックスに2対1で負けた試合の9回に勝ち越しの本塁打を放ったマイク・ナポリが、彼のことをバカと発言したことを気にしていなかった。

ニューヨーク・ポストのダン・マーチンは、田中の広報担当であるヨシキ・サトーを捕まえた。
 

「"バカ"発言を聞いた田中は、それはダグアウトでの出来事なので気にしていないと、スポークスマンを通してコメントした」

FOXのマイクは、ナポリがソロ本塁打を放った後に、ダグアウトでチームメイトとハイファイブをしている中で"なんてバカななんだ!"と叫んでいるのを拾っていた。

ナポリは、試合の序盤に2度スプリッターで三振させられた後に、田中がカウント1-2からファストボールを投げてきたことに驚いたと言っていた。

田中は、その球は失投だったと言った。彼によれば、キャッチャーのブライアン・マッキャンは、彼にスプリッターかスライダーのサインを出したが、彼はその両方に首を振り、代わりに選択したファストボールをナポリに打たれていた。

昨晩遅くにナポリは、その発言を撤回していた。

参考:nj.com