テキサス・レンジャーズは、前半戦最後の休日を、ダルビッシュ有に1日多くの休みを与えることに使う。

その結果のスケジュールは、彼が3年連続でオールスターに登板できないことを意味する。遠征最後となる日曜日の試合に先発するダルビッシュは、その後、日曜日のミネソタ、7月3日のボルチモア、8日のヒューストン、そしてオールスター前の最後の試合となる13日のロサンゼルスで先発予定だ。
 
レンジャーズは、労使協定下で最長となる20連戦が、火曜日に始まる。ローテーションで彼らが変更するのは、右腕のニック・テペッシュの登板を2日ずらすだけである。水曜日のオークランドで登板したテペッシュは、金曜日のミネソタ戦まで登板しない予定だ。

オールスターは、7月15日にミネソタで行われるが、それはダルビッシュが、その試合までに1日の休みしかないことを意味する。MLBは、その試合の前の日曜日に投げる投手に、参加するのか、あるいは辞退するのかの選択権を与えている。2年前にMLBが変更したルールでは、その試合の前の日曜日に登板した投手は、その試合に登板できない。

「もし彼が、1イニングで20球を投げたかったのなら、私はそれをOKしただろう」ロン・ワシントン監督は言った。「それは、彼次第だ」

金曜日、オールスターへの参加について聞かれたダルビッシュは、まだロスターが発表されていないことからコメントをしなかった。それは、7月6日までに発表される。

ダルビッシュは2012年と昨年、そのチームに選ばれていたが、いずれの年も登板しなかった。昨年の彼は、疲労のために、その期間を故障者リスト入りしていた。

参考:SportsDayDFW