岩隈久志は、まだ首のハリが残っている。しかしそのオールスター右腕は、スケジュール通り金曜日のカンサスシティ戦で先発する予定だ。
 
「だいぶ良くなってきています」岩隈は木曜日、通訳のアンソニー・スズキを通して語った。「昨日、平らなところで投げましたけど、何も問題ありません。順調ですし、明日も何もないことを祈っています」

岩隈の首のハリは、前回先発した土曜日のレンジャーズ戦の試合前、トレーニングルームでの練習の最中に発生した。そしてブルペンでのウォーミングアップ中も問題が残っていた彼は、その日に登板できるのか分からなかった。しかし最終的には、8回を投げて1失点で、チームを5対1の勝利に導いた。

今週の岩隈は、先発の間に行なう通常のブルペンセッションを飛ばしたが、火曜日と水曜日に、平らなグラウンドでのキャッチボールを行った。

ロイド・マクレンドン監督は、金曜日のロイヤルズ戦には、影響しないと考えていた。カンサスシティでの3連戦の初戦で、ロイヤルズはジェームス・シールズが先発する。

「彼は、先発できると思う」マクレンドンは言った。「彼は100%ではないけど、何かよほどのことがない限り、準備してくれるだろう」

参考:MLB.com