キャッチャーが、ホームベースをブロックすることを禁ずるルール変更が行われた時、そこにはある程度の解釈の問題が発生することは必然だった。野球は、そのやり方で100年以上も続けられてきて、そして今は、全員が新しい方法を学ばなければならない。その適応は、簡単なことではない。
 
水曜日の夜。パイレーツのキャッチャー、ラッセル・マーチンは、ホームベースをブロックしたと判断されて、判定が覆った。しかしそれは、フォースアウトの場面だった。ビデオがある。

 

ルール7.13には、こうある。

キャッチャーは、ボールを手にしない限り 、得点を試みる走者の走路を塞ぐことはできない。もし審判が、キャッチャーがボールを手にすることなしに、走者の走路を塞いだと判断すれば、審判は走者をセーフにしなければならない。

走者が、衝突をするために走路を変更したのかを判断するために審判は、走者がホームベースにタッチをする努力をしたのか、そして、彼が肩を低くする、あるいは手や腕、そして肘などでキャッチャーを押したのかを考慮する。2014年から適用されるこのルールは、走者は常にスライディングしなくてはならない、あるいはキャッチャーは、決してホームベースをブロックできないとするものではない。走者がスライディングし、そしてキャッチャーが、走者がホームベースに到達する隙間を与えていれば、この新しいルールの違反とはならない。このルールが適用されたら、チームはすぐに、走者にスライディングをするように、そしてキャッチャーには、ホームベースにつながる走路を走者に与えることを訓練することを要求される。これはどのレベルの球団にも、適用される。 
今回の判定が覆ったのは、マーチンの足が、ボールを手にする前にホームベースにかかっていたからだと私は思う。それは、このようなぎりぎりのプレーには、おかしいように思える。

パイレーツは大差で負けたので、このプレーは、結果にほとんど影響を与えない。しかしMLBは、このことに修正が必要だ。私は、必要のないホームでの激突を撲滅することは理解している。しかし今、キャッチャーは、フォースアウトを獲るためにホームベースの上に立つことができない? どうかしている。

参考:CBSSports.com