テキサス・レンジャーズの投手ダルビッシュ有は金曜日、新しい女房役であるクリス・ジメネスとの3度目の先発に挑む。そして一緒に働く彼らの信頼関係のレベルは、成長し続けている。
 
ジメネスと働いた時のダルビッシュは、15イニングで2勝0敗、防御率1.20だ。彼は本塁打を与えておらす、18奪三振、与えた四球は5つである。デトロイトが、得点圏にランナーがいる場面で2安打、2得点をしてからのダルビッシュは、ワシントンで8イニングをシャットアウトし、得点圏にランナーがいる場面でのナショナルズの6打席でヒットを与えなかった。

「相性の問題だと思うんです」ダルビッシュは、キャッチャーとの信頼関係について、通訳を通して語った。「合う人とは合うし、彼とは最初から合っていましたから。キャッチングも上手いので、助けられている部分もたくさんあります」 

参考:SportsDayDFW