6回裏2アウト、ブルワーズがマーリンズを1点差で追いかけている場面で、マーク・レイノルズが、シングルヒットを放った。セカンドにいたライアン・ブラウンは、楽に得点できるはずだった。しかしカルロス・ゴメスは、そのレフト前のシングルヒットで、一塁から三塁への走塁を試みて、ブラウンが得点する前にアウトになった。

それが、これである。 

チャレンジでは、判定が維持された。ブルワーズは、2対1と1点差で負けることになった。

ゴメスと三塁コーチのどちらを非難するにしても、そして私は、ゴメスの視界にボールの動きが入っていることから彼を責めたいが、これはあり得ない。長年の走塁の基本では、三塁を狙うのは2アウト以外の時で、そして、そして3つ目のアウトを三塁で獲られることは、決してしてはいけない。2アウトからそこを狙わないのは、セカンドにいれば、すでにスコアリングポジションだからである。このミスは、最終的にブルワーズが負けた理由となり、この試合について議論になっているかもしれない。

マーリンズのレフト選手クリスチャン・イエリッチの素晴らしい状況判断と送球も、もちろん褒めなくてはならない。このやっかいなマーリンズは、ホームで20勝7敗である。

参考:CBSSports.com