土曜日のカージナルスはカブスに3対0で負けたが、ヤディエル・モリーナは、ファウルチップによる3つめのストライクを死守することで、彼のチームを盛り上げた。キャッチャーのベストな方法に反してモリーナは、ボールをミットでつかむことをしなかった。代わりに彼は、個人的には強烈な痛みに襲われながら、それを太ももで受け止めた。

どうぞ、見て欲しい。 


参考:CBSSports.com