金曜日夜、アストロズのプロスペクト、デライノ・デシールズJrは、2Aの試合の最中に90マイルのファストボールを顔面に受けるという不幸に見舞われた。彼は自分の足でグラウンドを後にした。しかしいつも話しているように、頭付近に来るファストボールは、本当に恐ろしいものである。これが、その後の彼である。

これはひどい。本物ではなく、誰かがフォトショップでいたずらしたのではないかと思えるくらいである。それほど残酷だ。もし私がこうなったら、二度と野球をプレーしないだろう。弱虫と言われようが、私は引退する。

公式な発表によれば、彼は左頬を骨折している。

21歳のデシールズは、2010年ドラフト8巡目指名で入団した。彼は昨シーズンの1Aで、.317/.405/.468、25本の二塁打、14本の三塁打、5本塁打、51盗塁を記録していた。

参考:CBSSports.com