ロイヤルズの二塁手オマー・インファンテについての火曜日朝のニュースは、考えられる限りて最も良いものだった。

ロイヤルズによれば、インファンテには、脳しんとうやアゴの骨折はなかった。彼は月曜夜に行われ、ロイヤルズがレイズに4対2で勝利した試合の7回に、アゴにデッドボールを受けていた。 

インファンテは、脳しんとうではない頭のケガと、アゴの左側を6針縫う裂傷を負った。彼はまた、球が当たった衝撃によって、右アゴに痛みを訴えていた。

「私が考えていたのよりも、だいぶ良かったというのが、本当のところだ」ロイヤルズのネッド・ヨースト監督は語った。

その結果は、インファンテが、カンサス州立大学メディカルセンターで診断と治療を受けた後に知らされた。

「彼は良くなると思う。彼が戻ってくる前でには、少し待たなければならないけどね。昨晩の彼は、話しをするのが難しかったんだ。アゴをあけることができなくて。そのことに私たちは、心配していたんだけど、大丈夫だね」 

スポークスマンであるマイク・スワンソンによれば、チームは、インファンテをすぐに故障者リストに入れる、あるいはマイナーリーグから内野手を昇格させる計画はない。

「私たちはまだ、選択肢を評価している段階なので、それからだ」

インファンテは、医師の基本的な診断方針として、48時間に再診断を受ける。そして彼がどれくらいの時間を休むことになるのかは、まだ分からない。

7回の先頭打者だった彼が、レイズの左腕ヒース・ベルによってデッドボールを受けた時、出血がひどかったことから、大きく心配されていた。当たった後に倒れこんだインファンテは、その後、自分の足で立ち上がり、自分の足でグラウンドを後にしていた。

試合後のロイヤルズがカウフマン・スタジアムを後にした時、インファンテに脳しんとうやアゴの骨折があるのかは、判明してなかった。

「本当に破滅的な状況になり得たんだ」デイトン・ムーアGMは語った。「本当に恐ろしかったけど、オマーは素晴らしい闘志を持つ選手で、とても強い意思を持っているから、これを戦い抜いてくれると思う」

ヨーストは、火曜日夜のレイズ戦の前に、インファンテを様子をチェックした。

「彼は、トレーニングルームにいて、話していたし、何か食べていた。だから彼は、噛むことができるんだ。それは大きなことだよ。私たちは、大惨事を逃れたんだから」

インファンテが、アゴの骨折を逃れたことは、奇跡的だと言えるかもしれない。

「トレーナーが言っていたけど、彼は当たる直前に口をあけていたのが幸運だった。もしアゴを閉じていたら、骨折する確立は段違いに高くなるって」

参考:MLB.com