レンジャーズのロン・ワシントン監督は、日曜日に行われたダルビッシュ有のブルペンセッションに「とても勇気づけられた」と語った。それは開幕戦の先発を首のハリで回避して以来、初めての投球プログラムで、復帰への第1歩だった。
 
「首を痛める前と同じくらい良かったという報告を受けた」とワシントンは語った。

ダルビッシュは、スプリング・トレーニングの終盤に首を痛めたことで、遡って日曜日に、故障者リスト入りした。彼は4月5日に復帰可能だが、チームはまだ、ダルビッシュの復帰時期を決めていない。

彼は、3月16日から打者を相手に投球をしていないため、チームは復帰前にマイナーリーグの試合かシミュレーション・ゲームで、ダルビッシュを投げさせたいと考えているが、ワシントンによれば、まだそれも決まっていない。

ジョン・ダニエルズGMによれば、ダルビッシュは、リハビリ登板をすることなく復帰する可能性もある。

フィラデルフィア・フィリーズとの開幕戦でレンジャーズは、タナー・シェッパーズが先発した。

27歳のダルビッシュは、昨シーズン32先発(209回2/3)して、13勝、防御率2.83、メジャーリーグトップの277奪三振を記録し、サイ・ヤング賞投票で2位に入っていた。 

参考:ESPN