青木宣親は、ロイヤルズのリードオフとして2度目の午後に、本領を発揮した。レンジャーズに11対1で勝利した金曜日の試合で、彼は打席に立った4回のすべてで出塁した。

青木は、レフト前ヒット、ライトへの二塁打、エラーによる出塁、そして四球だった。彼はまた、得点も記録した。
「あれが彼だよ」ネッド・ヨースト監督は言った。「彼は本当に安定した選手だし、短い時間で彼のことについて分かったことは、彼は洞察力が本当に鋭いことだ。彼は試合で学んでいて、彼は投手を知っていて、何を投げてくるのかを知っている。そして彼は常に見ている。彼は、していることのすべてについて、本当に基礎から理解している。凄く印象的だ」

青木はまたライト守備で、アレックス・リオスのライナーへダイビングキャッチを見せた。

「彼はダグアウトでいつも笑顔だし、本当に試合を楽しんでいるんだなって思う」投手のジェームス・シールズは言った。「僕から見ると、まだ彼をそんなに見たわけではないけど、うちの素晴らしいリードオフになると思う。三振は少ないし、ボールをバットに当てるから。うちのために、やってくれると思う」

レフトのアレックス・ゴードンもまた、ブレット・ニコラスのライナーに、ダイビングキャッチを見せた。木曜日に4つのエラーで11対7で惨敗したロイヤルズは、グラウンド上で完璧だった。

ロイヤルズは、ビリー・バトラーのシングルヒット3本と ゴードンの二塁打とシングルヒットを含む16安打を記録した。

そしてマイク・ムスタカスも二塁打とシングルヒットで3打点と、特に攻撃力があることを証明した。彼は第3打席で、四球も選んだ。

「今日の僕は、カウントで有利になってから打つことができた。ライト・センター間へ打ったときなんかね。今日はそれができた」彼は言った。

参考記事:Aoki comes alive in second spring game By Dick Kaegel / MLB.com