髭の手入れをした数日後、ジョニー・ゴームスは、有名になった彼のヒゲに、正式にさようならを言った。
 
FOXニュースのテレビ番組に出演したゴームスは、エリザベス・ハッセルベックが手にした2種類の髭剃りでヒゲを剃られたことで、Norelco(米国におけるフィリップス髭剃りブランド)からトラビス・ロイ財団へ10,000ドルの寄付をもたらし、2014年シーズンを前に、心機一転のスタートを切った。ゴームスは最近、元ボストン大学のホッケー選手であるロイに協力するようになった。彼は選手として初めて出場した試合で、直後に壁に頭から激突して、麻痺が残ってしまった。しかし彼はボストン大学を卒業して以降、脊柱損傷から生き残った人と、その研究をアシストするその財団を、数百万ドルまでに大きくした。

「トラビス・ロイは、本当に信じられない物語だよ。これまでの彼と今の彼、そして彼は、悲劇を耐えぬいてきたんだ」そのレッドソックスの外野手は、ヒゲを剃る前に言った。「僕はできるだけお金を集めて、車いすとか手押し車なんかを、たくさん買いたいんだ」

参考記事:The beard is gone for Gomes Posted by David D'Onofrio BOSTON.COM