MLBチームとタナカとの契約のデッドラインまで残り3週間となり、彼の獲得競争は更に激しさを増すだろう。しかしその争奪戦から降りるチームが、レッドソックスである。ボストン・グローブ紙によると、ボストンはその右腕を高く評価しているが、彼を積極的に追いかけることはしない。

レッドソックスは、ジョン・レスター、ジョン・ラッキー、ジェイク・ピービー、クレイ・バックホルツ、フェリックス・ドゥブロント、そしてライアン・デンプスターと、5つの先発枠に6人の先発投手がいる数少ないチームの1つである。タナカに注目が集まり、ウバルド・ヒメネス、マット・ガーザ、そしてアーヴィン・サンタナの契約交渉が進まない中で、もしかしたらレッドソックスは、内野の左側を若い選手にプレーさせるために、余っている先発投手の1人の放出を考えるかも知れない。ラッキーかピービーのいずれかが、移籍候補として名前が挙がっている。

確かにチームの投手力は、あっという間にダメになってしまうことがある。昨シーズンのレスターは、レギュラーシーズンとプレーオフを含めて248イニングを投げ、ラッキーはトミー・ジョン手術から復帰して1年後で215回1/3を投げた。デンプスターは、これまでのキャリアでブルペン経験が豊富であり、チームは5人の先発投手のうちの1人がダメになった時の予備の先発投手として、彼をチームに残しておきたいところである。

レッドソックスには、特にアレン・ウェブスターやアントニー・ラナウドと言った若手投手もいるが、若手投手はあまりあてにできない。レスター、デンプスター、ピービーとラッキーは、2014年後にフリーエージェントになるが、ラッキーとピービーには、2015年のチーム側オプションがある。もし彼らのオプションを行使してもローテーション枠は空くことになり、25歳のタナカはその内の1つにフィットするだろう。彼は将来に重要な立場になる前に、2014年はローテーションの下位でメジャーリーグに慣れることができる。

昨年のワールドシリーズ・チャンピオンのレッドソックスは、比較的静かな冬を送ってきており、フォール・クラッシックの時の彼らよりも、現在はかなり戦力が落ちていることは事実である。ジャコビー・エルズベリーとジャロッド・サルタラマッキアが去り、プロスペクトのジャッキー・ブラッドリーJrとA.J.ピアジンスキーに入れ替わった。スティーブン・ドルーと再契約してイグザンダー・ボガーツがウィル・ミドルブルックスと入れ替わらない限り、2014年のチームの戦力が向上するとは思えない。

マリナーズ、ヤンキース、カブス、そしてドジャースが、タナカを獲得する有力候補と見られている。彼との契約は、6年100百万ドルを超える方向に向かっていると言われており、加えて20百万ドルを、彼がいた楽天ゴールデンイーグルスに支払わなくてはならない。 

参考記事:Report: Red Sox not expected to pursue Masahiro Tanaka By Mike Axisa CBSSports.com