NS_29RANGERSWINK_33471476

彼は20勝できなかったし、期待された300奪三振にも達しなかった。そしてア・リーグサイ・ヤング賞も、獲ることはできないだろう。しかしそれであっても2013年は、ダルビッシュ有にとって歴史的なシーズンだった。

これほどの圧倒的な成績を残した投手は、これまでにほとんどいなかった。従ってそれが、それほど疑問視されることもなかった。

この議論は、ツイッターやラジオ、ネット上の掲示板で繰り広げられた。ダルビッシュの投球は十分だったのか? 彼はリードしていた試合の多くで負けたではないか? 彼の投球数は多すぎる? ファストボールが少ない?

これらのすべての疑問の答えが、イエスになる可能性はある。しかし結局は、この結論に達するだろう。それは彼が真のエースとして、メジャーリーグでトップ10に入る先発投手である自分を確立したということだ。

そしてレンジャーズは、彼がNo.1になることができると信じている。

「事実として、彼は肉体的にとても恵まれている。それはいつの時代でも、誰もが望んでいるものだ」レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは語った。「彼は限りない可能性を持っている。彼がもっと良くなるのかって? もちろん、彼はそうできると思う。それがいつなのかとう話ではないけどね。彼がいてくれて嬉しいよ」

ダルビッシュができなかったことについては、しばらく忘れておこう。考慮すべきことは、彼は200イニングを達成して、最後の6週間は腰と足に問題を抱えていながら、ダルビッシュはア・リーグ4位の防御率(2.83)とトップの被打率(.194)、そして最多奪三振を記録した。

過去50年において、投手がこれら3つの水準に達したのは、18回しかない。もし防御率でランクすなら、そのトップはボブ・ギブソンであり、もし被打率ならば、ペドロ・マルチネスになる。そして奪三振で見るならば、サンディ・コーファックスだ。5人ローテーションの時代になってから、それが達成されたのはわずかに8回で、そのうち6回はサイ・ヤング賞に選出されている。

ダルビッシュは、エースで間違いない。そうだろ?

しかしもっと良くなるには・・・

「彼はこれまでよりも、自分のファストボールを信用すべきだ。そして早いカウントで、アウトを獲らなくてはならない」あるア・リーグのスカウトは言った。彼はダルビッシュを何回も視察し、ダルビッシュが最も素晴らしい先発投手だとしている。「これらの2つのことは、5日間のローテーションの中で、彼をより効率的にする。長いシーズンで彼の力強さを保つことになる」

ダルビッシュをシーズン終盤に襲った腰の問題は、そのスカウトに言わせれば、より重大なことだ。

腰の問題は、しばしば慢性化する。そして腰にかかるストレスを軽減すれば、それを悪化させる危険は少なくなる。投球数を少なくすることは、そのストレスを減らす素早くて簡単な方法である。ファストボールを多くして打者を打ち取ることには忍耐力が必要になるが、投球数を減らすもっとも効果的な方法である。

ダルビッシュは、2013年のアメリカンリーグで7番目に多い投球数(3,451)で、1回あたりの先発の投球数(107.8球)は4位だが、投球イニング数は13位である。

投球数について質問した時、ダルビッシュはいつもはっきりと答えない。彼は、他の人間よりも丈夫だと言っていた。それはおそらく本当だろうが、より優秀な人間がいるのがメジャーリーグの世界である。ダルビッシュが強調した、自分が「変化球投手」であるということが、それに関係ある。 

現在は多くのチームが、打席で球をよく見るようになっている。それはある一点にくるファストボールを待ち、変化球や遅い球、そしてつり球を追いかけないことを意味する。2シーズンを終えたダルビッシュのスカウティング・レポートには、彼はツーストライクから変化球を投げ、それに固執していると書かれている。その結果、ツーストライクからのダルビッシュの投球の、実に72.7%が変化球だった。

「彼はメジャーで2年目だ」ロン・ワシントン監督は言った。「これは世界中のどこよりも、優れた野球なんだ。彼は自分を良くコントロールしていた。彼はリーグのことを、より学んだ。彼は"忍耐"の意味を学んだ。これらのことで、彼はもっと良くなるだろう。来年に向けて、彼はアドバンテージを得たと思うよ」

ダルビッシュはすでにエースであり、それはほぼ間違いない。そしてベストな投手は、投球数が少ないものであると、もし彼が学べば、それは限りない可能性を開花させることになるだろう。

彼はこの冬の間、そのことを考えなくてはならない。

参考記事:Grant: Ignore the criticism, Yu Darvish an ace and will only improve Evan Grant  Staff Writer Dallas Morning News