レッドソックスのブルペンキャッチャー、マニ・マルティネスには、何も見えなかった。しかし彼には、すべてが聞こえていた。

マルティネスは、マスクを始めとしたすべての道具を身につけていた。それはアメリカンリーグ優勝決定シリーズが行われ、レッドソックスがタイガースを6対5で降した日曜日の試合の8回のことだった。

彼は満塁で、デビッド・オルティスの打順であることを知っていた。そして彼は、4点を追うレッドソックスが、猛攻をかけていることも分かっていた。

そして彼は「上を見ろ!」という言葉を耳にした。 

すばやく反応したマルティネスは、顔を向け、ブローブを差し出した。オルティスが放ったグランドスラムは、彼のグローブに収まった。

タイガースのライト選手トリィ・ハンターは、その打球を獲ろうとした。

「走りながら見ていて、ライトで一瞬見失って、そしてまた見えたから、最後に獲ろうと思って頑張ったんだ。そうしたら次の瞬間、壁を超えていたよ」ハンターは言った。

ハンターは、頭からレッドソックスのブルペンに突っ込んだ。マルティネスが、トレーナーに合図を送る間、ハンターはしばらく、その場に倒れていた。

「少し強く突っ込んだから」ハンターは言った。「腰がフェンスに直撃したんだ。ちょっとした打撲みたいな感じ。だけどポストシーズンだから、このことでグラウンド上で死んだって構わないんだ。こんなことでは、グラウンドを下がるわけにはいかないよ」

マルティネスはこれまでに、ブルペンでホームランボールをキャッチしたことがなかった。そして彼は、試合後すぐに、そのボールをオルティスに渡した。

そしてハンターは、メジャーリーグでも最高の外野手であるという評判を、さらに高めることになった。

「これまでに会った中で、彼は最高の外野手だよ」オルティスは言った。「トリィは、あそこまでボールを追いかけることができるんだ。彼はセンターもライトもプレーしてきたし、もし彼が今年、またゴールドグラブに選ばれても驚かないね」

「ビデオを見たら、彼が獲ることができなかった理由が分かった。ボールは、彼が右に動いていた時に、左に曲がるような感じになったんだ。それに彼は、ボールに触ったように見えた。これがトリィだよ。トリィは、恐れを知らない軍人みたいだ。彼のプレーは、見ていて楽しいね」

参考記事:Sox 'pen catcher snares Papi's homer as Torii topples By Jason Mastrodonato / MLB.com