01

アメリカンリーグ優勝決定シリーズ進出を決めて、歓喜に包まれていた火曜日夜のレッドソックスのクラブハウスで、デビッド・オルティスは、シャンパンボトルを手にしながら叫んでいた。

「うちのクローザーは、どこだ!!」

オルティスは部屋を走り回って、彼の獲物である上原浩治を捉え、シャンパンを浴びせかけた。

レイズがア・リーグ地区シリーズ制覇への望みをつなぐことになったホセ・ロバトンのサヨナラ本塁打を浴びた翌日の上原は、第4試合でレッドソックスが3-1で勝利してシリーズ制覇をした試合で、いつもと変わらない投球を見せた。

彼は1点リードの8回に、ランナーが1人いる場面で登板し、デビッド・デヘススを三振に獲った。

9回のダスティン・ペドロイアの犠牲フライのおかげで上原は、最後の3つのアウトを獲るにあたって、若干の余裕をもらった。

その右腕は、ウィル・マイヤーズから400フィートのフライアウトを奪い、続いてジェームス・ローニーを内野ゴロに打ち取り、そしてエバン・ロンゴリアを三振に獲って、シリーズを終わらせた。

「どの勝利も、本当に気持ちが良いけど」上原は言った。「まだ先があるから」

上原が、シーズン中にはほとんど見せなかった失敗から復活するであろうことを、ボストンのクラブハウスでは、少しも疑っていなかった。

それはおそらく上原本人が、自信を少しも失っていないという現実によるものだった。

「昨日のことは、完全に乗り越えました」上原は言った。「昨日のことは、過去のことですから。僕はまったく気にしていませんでした」

参考記事:With Uehara, never a doubt he'd pick himself up By Ian Browne / MLB.com