松坂大輔ダイスケ・マツザカが火曜日にインディアンスから契約解除されたのは、彼が要求して受け入れられたものだった。そして彼は数日中に、メジャーリーグ復帰へ繋がる契約を結ぶ見込みだ。

「Dice-Kに、今すぐに与えるチャンスはなかった」インディアンスのクリス・アントネッティGMは、火曜日の午後に語った。「彼は3Aで好投していたし、もっと良いチャンスがあると考えたんだろう」

マツザカは、すぐにラインアップに入ることはないと分かっていたと、アントネッティは言った。状況を良く知る人物によれば、多くのチームがマツザカの代理人であるスコット・ボラスに接触している。

マツザカは、4月に契約を破棄できる契約をインディアンスと結んでいたが、トミー・ジョン手術からの復帰と続いた脇腹の故障で、復帰が遅れた。インディアンスとボラスはその後、契約破棄の時期を7月に動かすことで同意していた。しかしその時になっても、マツザカはまたメジャーリーグに昇格する準備ができておらず、両者は再度、その時期を8月にずらしていた。

マツザカは3Aコロンバスで19回先発し、103回1/3で5勝8敗、防御率3.93を記録していた。アントネッティは、彼がメジャーリーグに復帰する準備がほぼできていることを示唆したが、火曜日の夜のエンゼルス戦には新人のダニー・サラザーが先発する。そして「続けてローテーションで使っていく」とGMは語った。

2007年のレッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献したマツザカは、優勝争いのために若手投手を外すことを考えている1〜2チームか、今年は諦めたが2014年に向かっているチームのどちらとも、契約の可能性がある。 

参考記事:Matsuzaka, released by Indians, expects opportunity in majors soon SCOTT MILLER Senior Baseball Columnist CBSSports.com