23

ユウ・ダルビッシュに、なにか問題があるのだろうか? レンジャーズのエースが、7試合も連続で勝てなかったのだ。なにかがあるべきだろう。

彼がその7試合の間に、いくつかのミスを犯していたのは事実である。彼は3回、リードをひっくり返された。スカウトたちは、彼がファストボールを少なくして、遅い球と変化球を多投していることが、トラブルになったと言っている。

球種の選択に言及することが、常に問題となる可能性があることを別にしても、ダルビッシュは、彼の投球に対する考え方を簡単には明かさない。

ベストの状態の彼は、6種類から7種類の球を投げ分ける。彼の獲得が可能だった時に、各チームが興味を持ったことの一つは、彼のその能力がとても高く、そのすべてが決め球となるからだった。

そしてダルビッシュの"スランプ"は、話題になった。優勝争いをしているそれぞれのチームにとっては、ちょっとしたことが、大問題になる可能性がある。

バカバカしい。ダルビッシュの問題を取り上げる時の問題は、それである。三歩下がって全体像を見れば、そこにはなんの問題も無いように見えるのだ。

まず一つ目として、勝利を手にすることができなかった7試合の彼の防御率2.93は、とても素晴らしい。そしてもう一つ、レンジャーズはその7試合で合計16点(1試合あたり2.29点)しか、挙げることができなかった。

そう、彼は4回リードを与えられた(ブルペンが逆転されたのが1回)が、ミスを犯す余地は、ほとんどなかったのだ。したがってもし彼が投球パターンを変えていれば、それは完璧、そして完璧過ぎる結果になっていたかも知れないのである。

日曜日のレンジャーズ・ボールパークに姿を現した彼は、アメリカン・リーグでトップの奪三振数で2番目に低い被打率、そして防御率と投球回数は9位だった。

7勝で45日間も留まった彼は、その間の個人成績は悪くないにも関わらず、その勝敗成績が、ア・リーグ・オールスターチームに選ばれることの障害になるかも知れない。

レンジャーズがレッズに3対2で勝利した日曜日の午後、ある2つの出来事があった。 ひとつはダルビッシュがファストボールを多く投げたことで、もう一つは攻撃が少しだけ十分だったことだ。

ダルビッシュが投げた117球のうち、72%がファストボールだった。

「ファストボールについて、いろいろ言う人たちを、黙らせたかった」彼は言った。

最初の回、彼はブランドン・フィリップスをスライダーで三振に取る前に、97マイルの速球を投げた。その後の回で、彼はキャッチャーのデビン・メソラコを95マイルのファストボールで三振に取った。

3回までに59球が必要だったように、彼は絶好調ではなかった。しかしローテーションに3人の若手がいるレンジャーズは、ダルビッシュが試合の後半まで投げてくれることを望んでいた。そして日曜日までの彼は、クリーブランドのジャスティン・マスターソンに次いで、アメリカン・リーグで2番めに多い投球数だった。

それでも彼は、すべてを見せた。彼は5回にレッズのセンター、シン・ス・チェをカーブでアウトに獲り、6回には一塁手のジョーイ・ボットーをツーシーム・ファストボールでアウトにした。

レッズは彼に対し2度しか得点圏にランナーを進めることができず、気温が33度になったその日の彼は、6回2/3を無失点に抑えて、球界トップクラスの先発投手として十分だった。

「もっと調子の良い彼を、見たことがある」レッズのダスティ・ベイカー監督は語った。「だけど良い投手の条件は、調子があまり良くない時でも勝てることだ。彼の変化球は、キレが良くなかった。彼のチェンジアップは、以前に見たほどではなかった。彼のファストボールは、高めだった。でもそれは、ストライクを投げることよりも、時には効果的なんだ。彼は、素晴らしいものを持っている」

ダルビッシュは四球を4つ与えたが、リーグトップの三振数に8つを加えた。レンジャーズは5回にレッズのミスで2点を奪い、7回にはネルソン・クルーズのセンター前タイムリーで追加点を挙げ、ダルビッシュは5月16日以来の勝利を手にした。

「ダルビッシュと私は、同じ思いだった」ロン・ワシントン監督は言った。

記者に、前回登板からの間にマイク・マダックス投手コーチから得たものについて聞かれた彼は、彼の考え方のほんの少しだけを明かした。

「去年は、みんなのいうことを聞こうとしていた」彼は言った。「今年は、良いと思うことだけを取り入れている。今回の先発では、ちょっと違うことをした」

トレード期限までに、レンジャーズが投手か攻撃陣を加える必要があるかという議論がある。シーズン全体を通して打撃陣は不振だ。そしてもしジョン・ダニエルズGMが、ローテーションのトップクラスの選手を加えたいのなら、彼は間違いなくそうするに違いない。しかし日曜日の午後、彼はすでにその一つを、手に入れたも同然だった。

参考記事:Darvish quiets doubters by earning win vs. Reds By Richard Justice MLB.com