no titleこの春、ロスター枠外の招待選手でキャンプに参加していた左腕のヒデキ・オカジマが3Aサクラメントから昇格したと、アスレチックスは金曜日に発表した。

アスレチックスは、オカジマを40人枠に入れるために、右腕のクリス・レソップをDFAにした。

オカジマは、リバーキャッツで14試合に登板して、0勝1敗、防御率2.16、被打率は.193を記録していた。彼は16回2/3を投げて、18奪三振、与えた四球は2つだった。

「彼は良い球を投げている。特に左打者にはね」アスレチックスのボブ・メルビン監督は言った。「試合のために、常に2〜3人の左腕は必要なんだ。もう一人の左腕が加わるのは、うちにとって良いことだ」

その37歳の左腕は、最近9試合の11イニングで無失点だった。そしてその間に4度ランナーがいる場面で登板したが、一人も返していなかった。

今回はオカジマの6シーズン目のメジャーリーグで、彼は2007年から11年のボストン・レッドソックスで261試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.11を記録した。

「ボストンでの1年目みたいに投げたいね」オカジマは通訳を通して言った。「僕はずっとメジャーに戻りたかったし、アスレチックスはそのチャンスをくれた」

レソップは、アスレチックスで18試合に登板して、1勝1敗、防御率6.00、被打率は.293だった。彼は今年最初の7試合で無失点だったが、最近の11回2/3の登板では、12失点で、防御率は9.26だった。

「レソップは、ここにフィットしていた」メルビンは言った。「彼はスプリング・トレーニングで素晴らしかった。彼がウェーバーを通過して、残ってくれるのかに注目している。彼のことを、悪く言うつもりはない」

参考記事: A's add lefty Okajima to bullpen in place of Resop By Rick Eymer / Special to MLB.com