02カブスは土曜日、クローザーのキュウジ・フジカワを15日の故障者リストに入れた。右前腕のハリによるもので、現在のところクローザーは複数で務める予定だ。

金曜日のジャイアンツ戦でセーブに失敗したものの、最終的に勝利を手にしたフジカワは、ここ数日間前腕に違和感を感じていた。

「ここ数日間、彼はそれに少し悩まされていた」カブスのデール・スベウム監督は言った。

フジカワは金曜日、それを何とかしようとした。

「彼は違和感をなくすために、腕の角度を変えたと言っていた」スベウムは言った。

今シーズンオフにカブスと契約する前、阪神で12年間クローザーを務めていたフジカワは、同じ問題はこれまでにも経験していて、いつもは10日くらいで治ると言った。そして今回の動きは、予防的なものだとも言った。

「チームの重要な役目だから、チームに迷惑をかけるのなら、決断したほうが良いと思った」フジカワは通訳のリョウ・シンカワを通して言った。

先週土曜日のアトランタで、カルロス・マーモルと入れ替わる形でクローザーとなったフジカワだが、スベウムは、今のところマーモルを自動的にもとに戻すつもりはない。ショーン・キャンプとジェームス・ラッセルが、その役目を与えられるだろう。

フジカワは、MRIを受ける予定はない。

カブスはフジカワの代わりに、3Aアイオワから右腕のラファエル・ドリスを昇格させた。25歳のドリスは、今シーズンのアイオワで3度リリーフ登板して、合計2回1/3で1失点している。 

参考記事: Fujikawa heads to DL with strained right forearm By Carrie Muskat / MLB.com