25数の上では豊富だったアスレチックスの二遊間が、次々と脱落している。

火曜日のオークランドには、グラウンドの中心を担う場所を争う6人の選手がいたが、健康なのは4人となった。アダム・ロセルスがシーズンを故障者リストで迎えると発表した数時間後のアスレチックスは、遠征先でおこなわれたインディアンス戦の10回にショートのヒロユキ・ナカジマが、左のハムストリングの張りで交代するのを目にした。彼は、経過観察の状態だ。

「最悪だ」ボブ・メルビン監督は言った。「大きなケガでなく、数日でプレーできるようになって欲しいけど、ハムストリングスは分からないよね。難しいケガの場合があるから」

ナカジマは犠牲バントで1塁から2塁に走塁する際に、ケガに見舞われた。それは20打数無安打だった彼がシングルヒットを打ち、光明が見えた数分後のことだった。彼はトレーナーに対して動いて見せ、そしてわずかに足を引きずりながら、自分の足でグラウンドを後にした。そしてチームバスの乗り込む前の、メディアの質問には答えなかった。

不調にもがくその内野手の不透明なケガの状態は、彼がアスレチックスの25人枠で開幕を迎えることができない可能性を高くした。ジェド・ローリーがレギュラーのショートとして開幕を迎え、スコット・サイズモアとエリック・ソガードがセカンドを分けて受け持つことになりそうだ。まだキャンプに残っているアンディ・パリーノは、3Aサクラメントでシーズンを始めると予想される。

そこはナカジマがメジャーリーグデビューを飾る前に、より打席に立つために行くかもしれない場所である。彼のケガが軽いものではなかった場合、アスレチックスは彼を15日の故障者リストに入れて、リバーキャッツでリハビリさせるか、開幕ロスターを確定する前に、彼をオプションで下げるかもしれない。

ケガがあってもなくても、ナカジマにはすることがある。

「今日の打撃練習で、彼はいくつかのことを試していたんだ。腰を使って、下半身をもっと連動させるようにね」メルビンは言った。「今日の打撃練習は良かったし、10回のヒットでは、良いスイングをしていた。だからおそらく彼は、自分のなかでなにかを見つけて、前に進んでいるよ」

参考記事:Nakajima sustains left hamstring strain By Jane Lee / MLB.com